考察 ソードアートオンラインプログレッシブ 2021.06.24

考察 ソードアートオンラインプログレッシブ 2021.06.24

→一層ボス攻略中、アスナの不審点。
アスナは、ベーターでない筈。当然、刀スキルも初見の筈。

しかし、旋車について「囲まなければ、範囲攻撃は来ない!」と、まるでブラック・ロータスのように凛々しく、指揮を立て直していた。
刀スキル自体はキリトも知っていても、コボルトロードの使用パターンまでは初見だった筈。
→つまりーベータ以降の本番で、誰かが刀スキル使用までの偵察戦を終えていて、なおかつ→ボスがまだ生きているということは、途中撤退していたと言うことになる。そして、このアスナはそのコミュニティにコネクションがある。

→始めての鍛冶職、が登場遅い。
仮説。強化詐欺について、武器の破壊条件をアルゴから聞けた。
しかし、アルゴは唯一の筈のプレイヤー鍛冶屋と面識がない筈。
NPC鍛冶屋相手に、エンド品検証を終えたのは分かる。しかし、プレイヤー鍛冶屋限定の現象といわれるかもしれない。
そうならないようにきちんと検証したのだろう。
→どうやって?ネズハ以外にプレイヤー鍛冶屋がいる。そうじゃなきゃ、情報屋にシステムがばれていると知っていて、ネズハは犯行していることになる。
→つまり、黒ポンチョの男とアルゴ共通か、別々のプレイヤー鍛冶屋がいて、そいつと検証して、調べたと言うことになる。

相当数で統計を取るための、検証を成立させるための素材や資産は、かなりの出費だったのだろう。
さらに仮説を挙げると、噂にならない、ローカルなコミュニティでは既に鍛冶アビリティを持ったプレイヤー鍛冶屋が複数誕生していて。ネズハは、そのコミュニティに属さずに鍛冶屋を始めた口なのだろう。
→念のために言っておくと、スキルスロットが限られて、かつ攻略情報収集に時間をかけてなお、まだ集め尽くせなかった二層のアルゴに。鍛冶屋の破壊条件検証何てする余裕があったと思えない。必ず、AGI極振りのアルゴに、協力者がいる。
それも、アルゴが破壊条件をバラすまで、自分からバラさないような口の固いやつが。
もしくは、攻略情報収集が終わっていた一層の内に、アルゴの身内が既に鍛冶屋になっていて、フロアボスが倒されるまでの間ずっと検証してた、とか。
何で、生産職のベーターの存在を考慮にいれて、スタートダッシュで速攻プレイヤー鍛冶屋が誕生していたと考えないかな?
「僕みたいなノロマが」とネズハが思い詰めていたように、
→転向組のネズハより早く鍛冶屋になったものが、始めの一万人の中にいなかった方が怪しい。
いや、生産職のベーター達も、自分が生き延びるためにスタートダッシュして、その事で睨まれそうだからキバオウから隠れているのか。

鍛冶屋を志すものが、始めに強化詐欺を吹き込まれたのが動機、何て。プレイヤーが八千人も残っていて、実際に始めの一人になった者の動機としては、珍しすぎる。
黒ポンチョの男に吹き込まれても、実際に鍛冶屋になるまではいかなかったものも、複数人いる筈。そいつらが黙っている、と黒ポンチョが確信しているのも不思議だ。