ドラクエ考察13 2021.03.23 基軸 初代フォステイルとは、どんな人物像だったのか。 大国【メギストリスの都】 外伝クエスト【栄光に隠された闇】→ルーフィン

ドラクエ考察13
2021.03.23
 
 
基軸 初代フォステイルとは、どんな人物像だったのか。
 
【なげきの妖剣士】

ホーローとの出会い後のおはなし 

 
【闇を抱く月光の楽園】
フォステイル
 
パルカラス王
状況
 
 
【妖剣士オーレン】
フォステイル
ラグアス王子が尊敬する偉人であり、当時を慮んばかれば、王でなければ疫病対策に貢献した聖者、として崇められるべき。国家と種族の功労者である。
 
ただし、本人を知る人物の評価は、魔王を倒す凛々しい勇者とは、異なるイメージである。
チェルス
ルーフィン
この事を踏まえると、ドゥラ院長のような孤高の才人ではなく、
→本物のヤスラムのような、主君に尽くす忠犬→忠臣として見られていたらしい。
仮説
メギストリス妃に尽くす様は、ヤスラムのように。
民の不満に向き合う様は、グリエ王子のようだったのだろう。
 
wikiwiki.jp › 【ヤスラム】
ウェブ検索結果
【ヤスラム】 - DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki* - WIKIWIKI.jp
 
wikiwiki.jp › 【グリエ王子】
【グリエ王子】 - DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki* - WIKIWIKI.jp
メギストリス妃の人物像も、フォステイル伝から伺える、ミーティア姫のような、たおやかなイメージとは異なっていたらしい。
 
wikiwiki.jp › 【ユリシス】
ウェブ検索結果
【ユリシス】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki* - WIKIWIKI.jp
 
wikiwiki.jp › 【デボラ】
ウェブ検索結果
【デボラ】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki* - WIKIWIKI.jp
wikiwiki.jp › 【リゼロッタ】
ウェブ検索結果
【リゼロッタ】 - DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki* - WIKIWIKI.jp
はっきり言って、メギストリス妃は光の教団のような扱いをフォステイルに受けていない。
 
話は逸れるが。
逆に、フォステイルがバルカラス王国に流れ着く前に、カルト教団に悲惨な目に遭わされても、フォステイルの両親は何も出来なかった。特に片方は殺害され、死後に悪霊・実験台として利用された。
息子の無念を晴らしたい想いはあったが、直接の加害者に利用された挙げ句、無関係な大衆に迷惑をかけたようだ。
→ベルムド王、ゴリウス、大地の竜バウギア、そしてゾンガロン。
バルカラス王の事件に大変似ており、カルト教団は、時代を越えて、世界中で悪行を重ねていることが伺える。
 
重要
『フォステイルの天下など、三日と持たぬわ』と言う台詞は勘違いも良いところで、それを否定したラグアス王すらも、真実は見えていない。
→実際は流れの天才魔術師であるフォステイルを使って、娘のメギストリス姫が、実質女王として振る舞っていた。
多分、氷鳥の羽根の一件すら、発端は『日照りが続いて暑いから、冷たいジュースや果物を味わいたい』と言う、メギストリスのわがままを叶えるために、調べだしたのだろう。
→効果的には、賢者ホーローの研究成果や、ドゥラ院長の魔法の布に近い。
大国【ドルワーム王国】メインストーリー
感想
ただ、わがままだけだったとも言えず、仮にキーアイテムが無ければ、自らの手で作るように諭した、自助努力の人だったのかもしれない。『三闘のオノ』
小国【岳都ガタラ】
外伝クエスト【動き出した時間】
いざ調べると、
物資難の時代に『薬剤の品質を落とさず、長距離長時間の運輸を成立させる』『氷の器』、冷凍車に近い効果が発見されて、
→国内外の民を救う功績に繋がった。
と言うのが真相だと、想像する。
オーレンやヒメアに例えて言うなら、『聖杯や水差しの代用品を、大量にある素材で実現した』と言うことであり、その発明の価値は計り知れない。
グレン国にフォステイルがいれば、そこで救われた生命はもっと多かっただろう。
フォステイルは確かに、相談役の一人ながら女王を射止めて、権力を得たが。
類似の相談役立場で女王を操って、我欲を満たそうとする佞臣が多く。そいつらに目を光らせ、台頭を阻んだことは、公私混同があろうと功績である。
→そう、賢者マリーン、魔軍師イットや従魔ムッチーノ、偽ヤスラム ジャミラスのような連中からだ。
 
追記
寧ろ、ハワードのチェルスいびりが、ハワードの娘に引き継がれた状態でなお、民からの陳情にも真面目に向き合い。
疫病や物資難で生まれる民からの不安をなだめ。大変な時代でもわがままを言うメギストリス妃に対する、持たざる者の悪感情を出来るだけフォローしたらしい。
民の妻子を奴隷にしたと言う記述は婉曲されたものである。
→寧ろ殉職した兵達の功労を悼み、その遺族→妻子が路頭に迷わないよう、政府内で働き口を用意していた。
わがままな妃が使用人をクビにしようとしても、出来るだけ庇い、両者にフォローを入れていた。
 
フォステイル伝を信じた、亡霊兵士達は不孝なことこの上ない。恐らく、フォステイルが治療した中には、兵士達の家族も大勢含まれていただろうから。
それに、バルカラス王は確かに傲慢だったが、信賞必罰がしっかりしていて金離れが良い、要人としての品格の持ち主だった。
利になれば、使えるものは新参の旅人や外国人でも使う。世間から見て役に立たないがらくたでも、コレクターとして価値を見出だせば、関係者に金を積む。ハワードのような人物であり、またウラード国王のダメなバージョンとも言える。
 
【ウラード国王】
フォステイル伝が悪意に満ちていたのは、バルカラス王の怨念によるものではない。
恐らく、同様の疫病の時代に、『適切な対策に失敗した他国政府が、国外に的を作り内部の不満を外に逸らそう』と言い訳を試みた際に。
『世界的に見て、物資があるのに国内で独占して、他所に分けない』『羽振りが良い』国を、悪者にしたからだろう。
賢者エイドスやグレン国のような連中だったと思う。
実際には、メギストリス国は節約して、他国への支援物資を捻出していたにも関わらず。
なお、『賢者エイドスが言う、オーレンに聖杯を貸さなかった大富豪のモデル』や、『ジャニャシナリオで天使の涙を運んでいた、ガートランドの金持ちバンガルのモデル』は。
バルカラス王である。確かに、ハワードはイメージがきついが。サブクエストを見る限り、本人も疫病の時代の早い段階で倒れ、記憶障害を起こしたらしい。
賢者エイドスの怨みは、的はずれも甚だしい。
と言うか、エイドスはどうも、『オーレン役の追撃を、バルカラス王役とその兵達が、試みる』と言う展開を予想していたらしい。
グレン国シナリオで悩まされる、『ガートランドからの追っ手か』と言う台詞の裏には。
ガートランド側で、パリンのみならず、『他の女子供を案じる兵達の想い』があったらしい。どうやら、消えたのはパリンだけじゃなかったらしい。
また、バンガルを見ると、グレン国東の辺境で起きたらしい。
と、言うよりもこれはバルカラス王一派から見たフォステイルの立場に、オーレンがいると言うことだろう。
『メギストリス=パリン』ポジション。
どうやら、オーガの大陸とプクリポの大陸では、『メギストリス=パリン』が助からないか、助かるかで分岐があるらしい。
助からない→オーガの大陸
助かる→プクリポの大陸
【バブドル集落】
のような、犯罪請負人集落が、『メギストリス=パリン』の妨害を図ってくるらしい。
パラディンエストで金を渡していたことを考えると、貧乏なグレン国側が、オーレン以外の別口を使って、『メギストリス=パリン』誘拐を目論んだのは事実らしい。ガートランドの隊商襲撃も事実。
グレン国は、被害妄想が酷そうだ。
フォステイルとバルカラス王では、フォステイルが正義だが。
→オーレンシナリオを見て、当時のバルカラス・メギストリス王国の状況を考えると。誘拐被害者家族であるバルカラス王国の兵達は、寧ろ大義名分を掲げる側である。例え、第三者の開戦工作に操られようと。
 
wikiwiki.jp › 【ハワード】
ウェブ検索結果
【ハワード】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki* - WIKIWIKI.jp
【ブルジオ】