考察「魔弾 神子と女神の殺し方」テイルズオブシンフォニア+テイルズオブベルセリア 抜粋 「特殊能力付加装置ジークフリートに関する研究」 「サブシナリオ ザビーダとテオドラ」20201123

考察「魔弾 神子と女神の殺し方」テイルズオブシンフォニア+テイルズオブベルセリア  「サブシナリオ ザビーダとテオドラ」20201123

 

テイルズオブシンフォニアでは、クラトスに魔法の力を与えたと言う粉薬「アイオニクス」。

テイルズオブベルセリアでは、テイルズオブヴェスペリア設定の「聖核」が鍵となる。

そして、テイルズオブベルセリア作品を通して描かれる、メルキオルによるカノヌシ制御法追求とジークフリートの縁を示す。

「食らわば

→敵の身体に食らわせる

→相手に被弾させて、力を中から撃ち込めば」

抜粋

「特殊能力付加装置ジークフリートに関する研究」

「アヴァロスト時代の異物と思われるジークフリートは、内蔵された術式によって霊力の操作を可能とする。

一般的には、撃ち抜いた相手の霊力を操作し、『増幅』する装置として認識されているが、

これは正規の機能を起動・制御するための基本能力に過ぎない。

そもそもジークフリートの正体は、対ドラゴン戦用の特殊兵器と推測される

『力の結び付きを断つ弾丸』

『一時的に穢れの影響を遮断する弾丸』が認識されている。」

 

別資料

「古代アヴァロスト語の古文書」

→「ドラゴンと聖隷に関する研究書」

ポイント

「潰さずに取り出す→くりぬく」「クル、スニク」

内容

『白き大角いただくドラゴンの、

心くりぬき血と共に

食らわば消えん

聖隷の加護』

「そもそもジークフリートの正体は、対ドラゴン戦用の特殊兵器と推測される」

推測内容『銃ジークフリートで聖隷や五大神の加護を受けた敵を倒すためには、

他の聖隷やドラゴンの心臓→聖核を、血→マナを保持したまま素材として、弾丸を制作する。』

→『力の結び付きを断つ弾丸』

『一時的に穢れの影響を遮断する弾丸』

を制作することが出来る。

目的

『聖隷や五大神の加護(呪詛)を受けた敵→災禍の顕主、

ヘルダルフやベルベットを倒すため』

手段

ジークフリートの砲身に対し、他の高位聖隷一体丸ごと、またはその核を、生け贄の弾丸として消費する。つまり、敵に向けて撃ち出す。

弾丸を貫通させずに、敵の体内に残留させる。

そして体内から相手の力に干渉させることで、敵が持つ外部からの加護や呪詛を無効化(干渉)する。』

参考イメージ

『 ja.m.wikipedia.org › wiki › ブレス_...
ウェブ検索結果
ブレス オブ ファイアIV うつろわざるもの - Wikipedia
小国が多数存在しており、ルディア王国を盟主とした連合を結成している。大戦中はセネスタやチャンバなどの町が帝国の呪砲によって呪いで汚染された。 大陸の ...
概要
世界観
あらすじ
登場人物
 
含まれない: 呪詛 | 含めて検索: 呪詛
 
ooragi.hatenablog.com › 2019/04/02
ブレス オブ ファイアⅣ うつろわざるもの(PS・2000) - ゲームの想い出ノート
2019/04/01 — 呪砲は、生贄(ニエ)となる人間を呪いの砲弾として目標に撃ち出す兵器であり、ニエの感じる苦痛が強ければ強いほど呪いの威力が増します。』

感想

『叔父アルトリウスに弟ライフィセットを生け贄にされて、ガチギレしているベルベットからすれば。

大義のために身内を犠牲にする方法論は、ジークフリートも緋の夜も同じ、禁忌である。』 

 

感想

この手段ならば、勇者ミトスや聖女マーテル達クルシスの天使を、人の手で倒すことも出来る。

しかし、何故当時穏健派だったあの連中を、射撃したかは不明である。主戦派のフェローやラタトスクとかにしろよ。