生きる道3

訂正
バンダービルド家側が、軍部。
ウィンチェル家側が、騎士団。
国を追われた姫君が、キャーリサ。

クエンサーは、キャーリサ派残党の遺児だった。


バンダービルドが裏切った、とは負け犬の泣き言である。

ようは、一人の主君の元、二集団は友軍として一致団結し、その上で外敵の諜報ハッキング力に圧倒された。

姫君は負け組になっただけで、実際は全然同情できない。

姫君のせいで、その残党は三巻の実験のように、悲惨な道へ進むことになった。
ミサカシスターズは、恐らくはキャーリサの遺族、魅車の姪にあたるのだろう。