つぶやき・ワンピース95巻 判じ絵の変更がハブからトカゲじゃなくて、ハブからイタチに見える→応援の四千二百人もそう間違えたんじゃないか、とかげ港に集まってから→「ワンピース倭の国編(単行本95巻のみ購読、ジャンプで明かされてたら、ごめんなさい。)」

ワンピース95巻
つぶやき・
私には、判じ絵の変更がハブからトカゲじゃなくて、ハブからイタチに見える
→応援の四千二百人もそう間違えたんじゃないか、とかげ港に集まってから
→九里がおでんのホームグラウンドだったし
→と言うより、応援の中の世界政府のスパイあたりが、
オロチの間者への情報漏洩を把握していて。面従腹背だからオロチを出し抜くためにルフィたちにも加勢し出した。
→大体、ルフィ達が集合場所をいたち港と読んだのも、欽衛門達の判断からだ。
 
→自分も他のスパイに怪しまれないように報告しておいて、アドリブでとかげ港からいたち港へ、最終集合場所を変更させた、か。
→そう考えると、
「九里で農園泥棒が続いた理由も、4200人の内、早く着いた潜伏組が兵糧にするためだった」、
と分析できる。
→トノヤスに、どちらともとれる絵へ変更するようアドバイスしたのも、スパイのそいつ?
ある程度トノヤスに信頼されてて、かつ。トノヤスが拷問されても、口をつぐむと確信している奴。
 
・日和あたりがダブルスパイだった、
もとい世界政府のスパイ、なんてどんでん返しがあるかもしれない。
→とかげ港は封鎖されても。いたち港から宴会場までの陸路は、橋で確保されたままだ。
 
そう仮定すると、オロチが橋を落としたのは決定打にならなかった。
 
九里→二方向→花の都→鬼ヶ島宴会場
への道が、
橋で繋がったままだ。
「ワンピース倭の国編
(単行本のみ購読、ジャンプで明かされてたら、ごめんなさい。)」