追記3 革命について。20200225 狙われたのは、ナイト(魔法使い)の方。 バブルからバブル崩壊まで 「信頼できる友達や、彼女に味方する信頼できる幹部もいる。」 これが、騙された内容。

追記3 革命について。
狙われたのは、ナイト(魔法使い)の方。
バブルからバブル崩壊まで。

「信頼できる友達や、彼女に味方する信頼できる幹部もいる。」
これが、騙された内容。
ムシウタbugを見るに、魔法使いは元々傷だらけで、リタイア確実だった。だから、わざわざ暗殺計画を練るまでもなかった。
しかし、首謀者はそれでは困った。と言うか、確実に仕留めないと安心できない。
そう、主君の国家元首本人もヤミ金に関わり、数々の悪行で私腹を肥やしてきた。それは確かだ。
しかし、首謀者は主君に無届けで別個のヤミ金に関わり、犯罪で私腹を肥やしてきて、死かも脱税していた。
ナイトはナイトで国家元首も敵だが、しかし国家元首とナイトが情報共有すれば、首謀者を国家元首が粛清に来てしまう。
真の動機を隠して、とある刺客を雇った。
更に、罠の準備をした。
きらりや七那にとっての憧れのナイトだが、ミスもする。
「信頼できる友達や、彼女に味方する信頼できる幹部もいる。」
これが、騙された内容。
何故なら、八巻を見るように、キラリは無能な方。
また、0巻を見れば分かるが、秘書は冷たいし、そもそも善人の無能な秘書を首にした七那が、新たに傘下企業からヘッドハンティングした。時期が合わない。
ツカサが知る信頼できる幹部ではない。
ツカサは、ツカサ自身を誘き出すための誤情報である、七那の危機情報に騙された。
ムシウタ十三巻。
情報源は
「首謀者
→ツカサが騙された、良い幹部
→良い幹部から情報を受け取ってリレーした、ツカサの弟子である親友、きらり
→ゴール・所在不明のターゲット、ツカサ。」
と言える。


ツカサの役は、
ヤミ金の流れを嗅ぎ回り出した、暗殺の必要がある正義」
九巻の宗像や丁屋も。
「金の流れを解き明かそうとした」
→十巻→「強くて、悪い人の秘密を暴くヒーロー」
と取られて。

とある刺客のターゲットとなった。
それは、眠り姫の番人や十巻に共通している。
恐らくは、ジットがスクープ写真のプロに何かしたのと同じ。

所詮、ツカサが思い込まされた黒幕は、替え玉。身代わりが共倒れになっても、首謀者は残る。
サモンナイト4シナリオ?

その暗殺計画の、餌である七那護衛チーム→
二巻の大助一行から見たエピソードが。
二巻と言える。