追記テイオウムカシヤンマ→ haiiroouke物語 死人の花嫁20200202 ヘヴィーオブジェクト バニラ味の化学式 →「ブレイザーブーケ」 →火葬の献花。

追記 テイオウムカシヤンマ→
推理 
「わざと時間稼ぎ用の、劇場型イベントを開き、イベント会場を包囲させる。
敵を出来るだけ会場周辺に集め、敵司令官が、陣形主力を外から内に向け。突入したタイミングで地上一階毎、
地下に封入したガス(下位安定式プラズマ用の、ガスタンク、地下支柱付近の複数基)を起爆させる手筋。
→重量がある硬い
敵の地上機甲部隊を、包囲する円陣毎 地盤崩落に巻き込む。
崩落が収まった後、地上から空に逃げられる、(ノーマークな地下通路の先に)
隠し持った二基目の機動型オブジェクトで。
落とし穴に填まった、重い追っ手に主砲で止めを刺していき、完封。」
言い換えると(バニラ味の化学式準拠)
「戦場はサイロシティやウッドストック本拠地と同じ条件の、二大勢力が領有圈主張の争点とする、
グランドキャニオン二百キロ圈。
密輸用の地下トンネルが、白蟻の巣のように張り巡らされた、地下空洞地帯が広がる。」
「影武者(ガスタンク→スペクトルQ&A=レーザークラッカー001)を囮にする。
鼠取りの回りに、電気信管式落とし穴を用意しといて。起爆。
ノーマークな場所(氷山や岩山内)へ隠しておいた、
二基目の準航空戦力(ディストラクションフェス=プラズマ177)で、
足場を無くした相手を、空対地攻撃で止めを刺して回った。」
「準航空戦力は、軽合金製のホバークラフト方式特化のオブジェクトと言う、特殊環境向け第二世代。
ジッドは、あの白く輝く粉→冷熱の熱伝導を
→自分の船進路前方上空に展開し続け。
海路上の船が、上昇気流で航空機になったような、ホバークラフト化を用意していた、と見る。
ジッドが司っていたのは、ガスガンのグリーンガスシステム式ではなく。航空型の軽合金 ジェラルミンでは。」
「前日譚。
秘密裏に資材を集める際に、地下組織や密輸組織と家臣団は取引した。」
この成功体験があったから、オセアニア軍事国やウッドストックは、ガスタンクの影武者や劇場型の作戦を捨てられなかった。
半端に手伝い、情報が断片的に過ぎないから、成功を再現できない。
 
訂正「リモコン一つ
→リモコンで遠隔発破される、電気信管一つ」
 
葬式自体が、狙われていたのは追っ手の方、と言う鼠取り。
「建物に仕掛け」
葬儀場ならば、納骨堂なり地下施設があり、地下トンネルがある可能性あり。
特環施設。
+ムシウタ四巻。
 
 
恐らく、ウィンチェル家側役者達が仕込んだのは。一つには鼠取りへの誘導。
+その周辺を戦場にして、地下にトンネルが張り巡らされた、サイロシティのような地盤で、地表の土台を崩落させること。
アントライオンの戦略よりも派手。
戦場のオブジェクト全体に、落とし穴を狙った。
それは地雷によるものではない。オウルのように、地下空間に気化燃料を充満させての、サーモバリック。
ヘヴィーオブジェクト 欺瞞迷彩のウッドストックの布陣は、それ狙い。
ただし、ウッドストック側の民間人が避難しきって無かったため、欺瞞迷彩の時は本番でなかった?
そんなことをすると言うことは。町中の小さな教会、と言う設定は嘘。
 
野外のカタコンベか、エジプトの王家の谷かどこかか?
建物のトラップで追っ手を混乱させた隙に。逃亡する家臣団は、薄くなった警備網の隙を突いた?
多分、足場が崩落してから逃げるために、エアバック式の跳躍形の機体を用意していた。ディストラクションフェスのように。あの音響兵器 五門は、崩落する足場が悪い戦場で、空中歩行に近い機動力を確保するため。
↓ 
かなかなは、媒体の衝撃音と、空中に浮かぶ波紋を支配していた。
 
個人的には、ジッドの虫は恐竜絶滅を生き延びたトンボ目
→「

ウェブ検索結果

ムカシトンボ - Wikipedia
ムカシトンボ(昔蜻蛉・学名Epiophlebia superstes)は、 トンボ目・ムカシトンボ科に分類されるトンボ。日本の固有種で、いわゆる生きた化石といわれる動物の一つでもある。
 
属: ムカシトンボ属 Epiophlebia; Calvert1903
 
亜目: 均翅不均翅亜目(ムカシトンボ亜目) Anisozygoptera
 
科: ムカシトンボ科 Epiophlebiidae; Tillyard1917
テイオウムカシヤンマ - Wikipedia
テイオウムカシヤンマ(帝王昔蜻蜒,Petalura ingentissima)は、ムカシヤンマ科のトンボの一種。現生するトンボの中では最大の大きさになる。
 
亜目: トンボ亜目(不均翅亜目) Anisoptera
 
目: トンボ目(蜻蛉目) Odonata
 
科: ムカシヤンマ科 Petaluridae
 
 
 
ムカシヤンマ - Wikipedia
ja.m.wikipedia.org からのテイオウムカシヤンマ
ムカシヤンマ(昔蜻蜒、学名:Tanypteryx pryeri)は、 トンボ目・トンボ亜目・ムカシヤンマ科に属する ... 世界に10 種ほどが知られ、最大種のオーストラリア産のテイオウ ムカシヤンマ(Petalura ingentissima)は、体長150 ...
 
 
 
テイオウムカシヤンマ : 衝撃!大きすぎる! 世界の巨大昆虫画像・動画集 - NAVER まとめ
matome.naver.jp からのテイオウムカシヤンマ
2017/02/06 · 分類:トンボ目ムカシヤンマ科生息域: オーストラリア最大クラスの全長:150mm 世界最大の
テイオウムカシヤンマ
」であって欲しいな。
 
「尚、バンダービルト本家の令嬢が、麻薬戦争についてメディアからですら何も聞いていなかったのは。
バンダービルトのウィンチェル対策室が、本家の令嬢に渡るメディアを徹底的に操作、改編したから。
多分、ブレイザーブーケの姫も、事態が大事になるまでは同じ、裸の王様だった。
全員かは不明だが、バンダービルトのウィンチェル対策室はバンダービルト分家筋に買収されている。 
推理
従犯・バンダービルトのウィンチェル対策室、
首謀者・バンダービルト分家筋が麻薬戦争に関与していて、不祥事のスケープゴートとして、
第一位・ウィンチェル家。
第二位・主君であるバンダービルト本家の令嬢
に設定している、と見る。憶測だが。
アズライフィアとバンダービルトの令嬢は、同じモデルのif同士、だろう。
まるで、ブレイザーブーケの姫の死後と、生前が二人いるみたい。」