haiiroouke物語 死人の花嫁20200201 ヘヴィーオブジェクト バニラ味の化学式 →「ブレイザーブーケ」 →火葬の献花。 香水を直接飲むような、香りの強いアルコール。 数種類の花から抽出したエキスをブレンドした、味より、香りのインパクトを優先した酒。 「主役が、死体であることを隠蔽するための、舞台装置。死者の人形浄瑠璃」 動機創作→感想 文学少女シリーズのように。三題話で、作家志望者を鍛えるために、使える題材。

推理 死人の花嫁20200201 ヘヴィーオブジェクト バニラ味の化学式
→「ブレイザーブーケ」
→火葬の献花。
 
香水を直接飲むような、香りの強いアルコール。
数種類の花から抽出したエキスをブレンドした、味より、香りのインパクトを優先した酒。
「主役が、死体であることを隠蔽するための、舞台装置。死者の人形浄瑠璃
→火炎瓶用の酒、死体に染み込ませたその酒は、リモコン一つで発火、完璧な焼死暗殺劇を演出する。
→インテリビレッジ四巻 生放送中焼殺事件のトリック?人体蝋燭化、人体発火現象マジックに、似ている。死亡日時の偽装。
結論。
酒ではなく、香料として使うべき物。
しかも、式典用にしっかりと慣習を踏まえた。
雀と燕の昔話由来か。実際は、
「市井で小さな幸せを掴むために、ひっそりと行われた式」
とは、結婚式ではなく、葬式。
「hukumusume.com › douwa › minwa
スズメがお米を食べる理由 千葉県南房総市の民話 <福娘童話集 きょうの日本民話>
親孝行なスズメは、とても感心だ。これからは、おいしい物を食べて暮らすように」 と、人間と同じ様にお米を食べる事を許したのです。 しかし、遅れてしまったツバメたちには、
 https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=http://hukumusume.com/douwa/pc/minwa/04/15b.html&ved=2ahUKEwixgPC4ybDnAhUPrZQKHREsC_YQFjABegQIBBAI&usg=AOvVaw257H4o3vUtf3DHxMyDlaRH
hukumusume.com からの検索結果

https://blog.goo.ne.jp › toshi08126
スズメの民話(千葉県・アイヌ秋田県青森県和歌山県奈良県福娘童話集・長崎県・千葉 ...
2018/05/13 · しかし、遅れてしまったツバメたちには、 「親の一大事に遅れるとはけしからん」 と、 スズメの様にお米を食べる事は許さず、稲が実る頃になると遠い国
↓ 
死人の花嫁、とは。
→花嫁が本物の王族の姫本人でなく。そのクローンや偽物の平民、人違いの巻き込まれた死者、でも成立する。(作中では、バンダービルトの令嬢のラベルがついた死体が、イミテーション・ウィンチェルだったケース。)
動機の考察で、いくつもルート分岐させられる。
「Extra
実はこのエピソードは、革命以前の物。
花嫁のモデルとなったオリジナルは、小国の王室のみならず。その国の有力組織、または名家の、既に当主であった。
→有力組織を、革命に利用したいと画策する弱い勢力はあったが、国家そのもの+バンダービルト家側が引き金を引いたように偽装しようにも、
→暗殺に対する報復戦争の素材とすべき、オリジナルの姫のガードは固かった。
→故に、「姫の偽物」影武者の死体映像→姫の訃報を元に、緊急時の姫の次席となる下位相続人、
「姫の子の偽物」隠し子を用意し、その名前で
→有力組織に一気に国家へ、革命勢力中核として、クーデターをするよう命令した
→途中でおかしいと感付く内外の有識者は居ても、
組織内の人間が異を唱えても→「非業の死を遂げた当主を見捨てて、勝ち馬の国家に寝返ろうとしている」、と見られるし。
組織外の者が調べたり諌めようとしても、仇の言葉に聞く耳持たれないし、スパイと思われて機密保持のために排除された。
→こうして、クーデターは成った。
オブジェクト時代、国連の崩壊よりも更に昔の話故、無数の勢力に都合良く捏造されている。
実際にその小さな教会で火葬されたのは、革命勢力側の旗手の、影武者の一人か本物であった。」
+
1・インテリビレッジの座敷童技術者部門やマスドライバー財団のように。
姫だけでなく、花嫁の家臣団も革命から逃亡、亡命、匿って貰いたかった。しかし、花嫁の本物が死亡。ばれないよう影武者を立てて、安全圏まで護送して貰おうとした。
2・花嫁の家臣団も革命から逃亡、亡命、匿って貰いたかった。しかし、バンバービルト家ら司法が追っていた容疑の真犯人は、家臣の方。
亡き主に自分の分の不祥事まで身代わりにしていた手前、不慮の死で死なれると、花嫁主犯説が破綻してしまう。
→影武者を家臣団が立てた上で、スケープゴートにしていた。それでもスケープゴートごと逮捕されそうな、バックボーンの失権が起きたから。
全滅前に、スケープゴートを自作自演で証拠隠滅した。
(一番忠義が無いのは、側近の落ち延びた家臣団だった、のケース。)
3・花嫁が死んでいたのは同じ。花嫁の家臣団は、花嫁の政略結婚に際し、癒着金を複数から貰っていた。誰かと結婚すれば、他に対して不履行、不渡りとなる。
かぐや姫のような、多重売約の結末。
故に、輿入れ前に死なせる必要があった。
・裏切って売り飛ばす姫の、転売価値をバブルで捏造して、買い手を煽った(勝者の呪いムシウタ10巻)。
4・花嫁は、婿とできちゃった婚だった。非嫡出子では王族の優遇や相続分が受けられない。
是非、花嫁の死亡は婚姻届提出後にして、遺児は、嫡出子→婿の子だと認知させる必要があった。
5・花嫁は、婿とできちゃった婚だった。王族の優遇や相続分に関わるが、存在がそのまま明るみになれば、母の敵対者に暗殺されかねない。
→暗殺を避けるため→母ではなく、母の婿を摂政-代理人にする必要がある。故に、母に死後挙式してもらった。
6・(摂政が、隠し子の父ではなく、家臣の重役。)
花嫁は、婿とできちゃった婚だった。王族の優遇や相続分に関わるが、存在がそのまま明るみになれば、母の敵対者に暗殺されかねない。
→暗殺を避けるため→母ではなく、母の家臣か父の家臣を摂政-代理人にする必要がある。故に、母に死後挙式してもらった。
7・花嫁は本家筋で。分家筋が、実は革命ではなくお家騒動で、姫と家族の命を奪った。兎に角、革命勢力が下位の遺産相続権者を押さえている。
→革命勢力に軍資金となる遺産を渡さない戦略のために、
→姫の弔い合戦を望む役者や花婿達が。姫や王族の仇である、革命勢力に遺産を渡さないため。
花嫁の死後の結婚式は、姫の遺産相続権を、姫の夫と隠し子に渡す作戦だった。
8・家同士で引き裂かれた相手との結婚式が、花嫁の夢だった。花嫁を守れなかった家族や家臣団は、せめて死後にその夢を叶えてやりたくて。花嫁との結婚が夢だった花婿も共犯者に巻き込んで、花嫁の死後の結婚式を叶えた。
9・革命勢力が正統王国全体の敵だったから、相続分を渡さないための芝居を、やった。国際的な遺産相続の司法も、芝居の役者達とグル。
10・本物の花嫁が革命勢力側についたから。その財力を奪うため、訃報のフェイクニュースで→インスタントな偽花婿への相続で、銀行預金差し押さえを実現する必要があった。
→資本企業、相続分=軍資金が最大の軍事資源、と言う発想。
11・革命勢力内一部過激派の、寄り合い所帯全体を後戻りさせられなくする開戦工作。(本物のガードがきつすぎるから?)
国体全体の再構築まで、行くのか、と。
インテリビレッジの座敷童 百鬼夜行現当主訃報のフェイクニュース
マティーニの七位」
→革命時には、バンダービルト達司法派・騎士団志士と、革命勢力多数の裏社会派・盗賊ギルドの関係は一時共闘に過ぎない、希薄なもの。
革命後に、他所から新たな王を迎える→王政を続ける名誉革命にしたいバンダービルト家派と、王政そのものを廃したフランス革命で、犯罪国家にしたい(正統王国陣営から離脱したい)裏社会派は。分裂していたと見る。
12・花嫁候補は一人でない。国家機密軍事資源となるエースは複数人いて、結婚式→オークション→裏切りで売り飛ばす劇場型で、注目を集めて。本物か、他の複数人の影武者である「本命」、包囲円陣の外から奇襲をかける。または、本命の国家機密軍事資源を逃げ切らせる。
13・革命勢力とバンダービルト家の、関係は希薄。
革命勢力が違法な形で本物の花嫁を死なせてしまい、自分の責任問題
→過失か裏切りか口封じと判断されて、バンダービルト家に粛清されないため。
死体の花嫁の、傀儡師だったのは革命勢力。責任を自分から、バンダービルトに移すためにやった。バンダービルト自身が冤罪を主張している時に、革命勢力側の保護責任者過失追求は出来ない。「一巻座礁島」
14・ヒーローショー。死体の花嫁の、傀儡師だったのは革命勢力かバンダービルト家のどちらか。オセアニックドライバーがデストラクションフェスの首を狙ったように。自作自演の鬼退治→勧善懲悪だった。
賞金稼ぎが、売名のために賞金首を仕立てて、マッチポンプで手柄にしようとした。「死化粧、一巻雪女」
15・狙われていたのは、陽動にかかる追っ手の方だった。本拠地を手薄にさせる、または要塞への籠城から引っ張り出す。
仲の悪い追っ手を、待ち伏せ場所一ヵ所に集めて乱戦にするため。「ムシウタ四巻・九巻」「一巻風化村」
16・テイルズシリーズ物。バンダービルト家の、対ウィンチェル対策室が、情報操作する、真犯人の悪徳警官説。
バンバービルト家ら、司法が追っていた容疑の真犯人は、革命勢力の方。
亡き敵対当主に、自分達の軍資金集め分の不祥事まで、スケープゴートにしていた手前、不慮の死で死なれると、花嫁主犯説が破綻してしまう。
→影武者を革命勢力が立てた上で、スケープゴートにしていた。それでもスケープゴートごと逮捕されそうな、バックボーンの失権が起きたから。
全滅前に、スケープゴートを自作自演で証拠隠滅した。
(バンダービルト家は、身内の癒着者スパイと、同盟者の革命勢力に調子良く裏切られていた、闇は深かった、ケース。)
感想
文学少女シリーズのように。三題話で、作家志望者を鍛えるために、使える題材。
 
話を変えると。
インテリビレッジの座敷童、遺産相続エージェントエピソードの亜種。
式の前に、花嫁かは知らないが重要な主役が死亡していた。
→「喪服のような蒼いドレス」
「自殺行為」
恐らく、オーケストラシステムにより、周りの黒子が複数人共同作業で、一体の人形を動かしていただろう、浄瑠璃
ディストラクションフェスは、本来有人機であるべきではなく、搭乗した場合、エリートでも死亡、良くて失神する未完作。
→多分、オーケストラシステムとは別個に、遠隔操作用の潜水型界線用オブジェクトを用意しておいて。本物の首魁は、潜水艦からオブジェクトに、海中で乗り移ったのだろう。
→情報同盟への外注指示を、
同内容で取引先の資本企業にもしていたと仮定すれば、
アズライフィア?本物の首魁は、オブジェクトを二基以上持っていても不思議ではなくて、不死のからくりとも言える。
アズライフィアとの会話で、
「自分で登らなければ意味がない。自分は、年二回登頂する」
と言う部分があったから、気圧が低い場所など特殊環境訓練をしているから、付き合えるのかと、錯覚させられた。
作中最後のアズライフィアの描写が、それまでとは微妙に違っていた。
ウィンチェル家では、兄弟でも頻繁には顔を会わせない。年に数回か。
→作品の初登場時から、影武者だった可能性あり。
 
「分類としては
→カテゴリ・匿って欲しい遺臣団の手土産
→カテゴリ・隠し子の摂政
→カテゴリ・相続分を軍資金として渡さない
→カテゴリ・革命勢力内一部の、寄り合い所帯全体への開戦工作(本物のガードがきつすぎるから?)
→カテゴリ・死んだのは影武者の一人で、他の影武者のための目眩まし
→カテゴリ・革命勢力側の、過失の押し付け
→カテゴリ・革命勢力側の、手柄目当てのヒーローショー。
→カテゴリ・仲の悪い追っ手を、待ち伏せ場所一ヵ所に集めて乱戦にするため。
→カテゴリ・追っ手側の一部が、情報操作する、真犯人の悪徳警官説。