考察 20200130 インテリビレッジの座敷童 →サキュバス 仮想敵論 ↓ 使役式が欠陥品でも、妖怪が中心となった人間のコミュニティが築かれているのはリスク。 ↓ サモンナイトシリーズの、メルギトスが旧王国を乗っ取った話。 「かちかち山の狸と、天の邪鬼と瓜子姫」 「新たなコミュニティが築かれつつある。 計画を主導していた高官を、丸ごと取り込む形でな。」

考察 20200130 インテリビレッジの座敷童
サキュバス 仮想敵論
使役式が欠陥品でも、妖怪が中心となった人間のコミュニティが築かれているのはリスク。
サモンナイトシリーズの、メルギトスが旧王国を乗っ取った話。
「かちかち山の狸と、天の邪鬼と瓜子姫」
四巻の油取り、妖怪が人間のパッケージを乗っ取った話の、亜種。使役式が欠陥品ならば、乗っ取っられたパッケージが存在したと言えるか微妙だが。
対応は、情報の、より精密な調査をしてから。
覇権主義の元、中から外へ向かうものとは限らない。
領土が接しない以上、日本には大義名分がない。
国家の有力者という意味なら、資産家、将軍、マフィアゴッドファーザー、メディア、メディア出演学会有力者、民族団体長老、宗教家、地方有力者バックボーン、労働者団体旗頭にも手がいくはずだが、その様子がない。
及びその家族に。
高官。
国籍、主張、既存の代表集団、傀儡政権バックボーン、軍事的積極性、長年の対立。別個。
既存のロビイスト団体との関係を悪化させてまで、ライバル候補や政敵と組む?サキュバスがそれ以上の対価か?
新しく外来希少動物保護か、愛人を養う。
既存の在来種や妻子に警戒される。
情報にファクターがかかっている、情報網が裏切っている、誤情報、扇動かもしれない。
・資源難、別な敵に対する防衛グループかも。
サキュバスが姿を隠してないならば、諜報か傀儡政権化賄賂狙いの、他国潜入工作員かも。
・金魚や鯉のように、別に顧客がいる、投機筋転売狙いか。
サキュバスに魅了以外に、予知夢や睡眠学習、才能啓発のオプションがある。
サキュバス→魅了→リザードマン→ラミアやスキュラや人魚、セイレーン、ハーピィ、ドライアド→
ドレイク・サーペント
サモンナイトコレットファイアーエムブレム 暁の巫女やファイアーエムブレム 覚醒やファイアーエムブレム 風花雪月のように。「レアスキル持ち聖女」=有用高位能力者として鍛えたい。
サイドジョブで歌や躍りやつのバード→アイドルスキルを入れて。
→オススメモデルはスキュラ、
「・下位安定式プラズマ→雷雲+
・下位安定式プラズマ→熱水・蒸気機関系人工降雨技術(マイクロセルと人工台風の強風・圧搾空気や真空ポンプ)+超音波加湿器方式(キャビテーション)の水素ガス爆撃、
・メーザー(殺人電子レンジ)+電磁波レーダー→ピット器官と特殊知覚ー暗視と地を這う故の超聴覚(不可能知)、
・レーザービーム→虹の女神・曲射式蜃気楼「竜宮」・プリズムのレーザー八門収束砲
・ソナー・マイクロウェーブシステム→音響各種技術
・サーモバリック対歩兵兵装(アルコール燃料とアルコール蜃気楼)→大蛇が酒好き+毒がある設定を活用
・水陸両用+潜水機動+人工霧中のステルス(霧の中の隠密行動)→槌の子方式の地中機動
+
・敵脆弱性を洗い出す、竜殺しペアとの連携のための、実体弾→レールガン。
・+熟練エリートによる、すばしっこい挙動」
ライトノベルカンピオーネのように、悪魔や妖怪は零落した神、と言う設定を逆に辿ることで。零落→没落したオリエント・ギリシャの神を再興→自在に好きな時期の同対象へ変身させるシステム、を目指す。ペルソナやデジモンみたいな発想。
北条とうじ論。
 
育て方次第で、軍事組織のエースに?
 
 
話を変えると。
ゴルゴ13「他国の危機は、自国のチャンス。そうではないか?」
のように。下手に組織単位で介入すれば、軍事的チャンスを掴もうとしていると見られ、却って対外的な団結による、内紛解決を招いてしまう。
「新たなコミュニティが築かれつつある。
計画を主導していた高官を、丸ごと取り込む形でな。」
・主導していたのが高官、とは嘘。
・高官が実際に関与(指揮任命)したのは、他政策推進のための、プロモーション戦略に、アイドルグループを起用すること→四巻
後のことは、関係した部下の独断と、讒言。
他国にとっては、封神演義→革命戦略シュミレーションもの。
幻想水滸伝5のように、国内のことは自国人の手で解決すべきで、介入すれば鎖国派左翼の矢面に立たされる。遠見の監視に留め、無視すべき。