Haiiroouke 真実20200127  証人保護任務 「バカっぽく見えるよう[作っている]少年」 ↓ インテリビレッジの座敷童一巻 菱神舞が陣内忍を称して。

Haiiroouke 真実20200127  証人保護任務
「バカっぽく見えるよう[作っている]少年」
インテリビレッジの座敷童一巻
菱神舞が陣内忍を称して。
初歩で分かる、途中経過
[サナトリウムの一件、単独犯に見える蜥蜴の尻尾、[遺産相続エージェント]は、もっと深く広い集団だった。
→仮にそうだとしても、遺産相続エージェント現地組がやられて逃げ帰って話が終わる程度、だと思われていたが、そうではなかった]
[何故か。
百鬼夜行周辺の情報収集中に、菱神舞辺りが、
陣内忍?をターゲットにした襲撃計画を察知した?からだ。
詳細は不明だが、クリティカルな情報を知られたために、口封じが必要、らしい。
菱神舞としては、本人の無事は頼まれなければどうでもいいが。
目的・
菱神舞の顧客・祝に危険な、襲撃計画犯グループを辿りたい
小目的・
「ターゲット自身が襲撃される覚え
→口封じする理由となる、機密情報」
を聞き出したかった。
→襲撃者の狙いは、直訴前に無かったことにすること。直訴を含めて、手強いやつに情報が転写されれば、釣り餌を狙うのは無駄になる。その情報も、舞ならばより上手く餌に使える。
舞が現場で判断するが、当主も、是非知る価値があるだろう。
襲撃計画犯グループが詳細不明ならば、何時動くか分からないものを待っているより。
こちらから襲うチャンスを渡して、見え見えでも、陽動と餌で釣りたい。
当座のイニシアティブ[チケットの流れ]
舞に相談された、百鬼夜行トップと豆狸
→派遣エージェント・トップの影武者付き豆狸[現場では、二人目の菱神舞に化ける]
→菱神舞
→菱神艶美
→小手蜜惑歌
→釣り餌・陣内忍
これが、風化村ホテルを、忍が訪問するまでの流れ。
風化村ホテルで、豆狸自ら忍に接触
・忍が百鬼夜行中枢の秘密を知っている、その前提でゆすりをかける。
1
百鬼夜行中枢・当主、に似た人物の撮影ビデオを、行きずりに見せて忍に見せる。
・忍が当主を知っていれば。知っていることを、明かすか隠すかの対応に分けられる。更に、口封じに値する秘密を知っている「自覚がある」のか。
→明かすならば、
百鬼夜行当主に繋ぎがあるのか、と会話を選び。
→当主に有益な直訴がしたいから、口封じを望む奴等から匿ってくれ」
→隠すならば、
百鬼夜行当主の姿を見て、顔色を変える。
今回、忍は本当に百鬼夜行当主を知らなかった。
故に判断としては、
・忍は非常に用心深く、相手が口封じ側か分からないから馬鹿なふりを通す。そして、プロにもそれに成功するレベル。
・本当に知らない[真実はこっち]
の二択となる。
折角釣り餌を呼んだ豆狸としては、前者に賭けた。
2
その上で、プロの手腕ならば目撃を回避できたのに、わざとうっかり素人が現場を発見するような形を仕組んだ。
潜り込ませた手の者→松海博マーク2と、わざと殺陣を鮮やかにやって、
釣り餌・忍の冷静さを奪った。
機密を知る当たり籤だと張っているからこそ、
「それを振りかざすな」
「ガキがポケットに拳銃突っ込んでいるより危ない」
と発言していた。自衛手段の装備、または座敷童を使った戦闘用パッケージがあると推理していた。
→全くの徒手空拳だった。次が消火器、ならばオカルトの武装は無い。
冷静さを奪うことに成功してなお、忍とのやり取りの中身は、とんちんかん。
妖怪の業界に関しては、本当に馬鹿→民間人だと、豆狸は確信できた。
豆狸は、ターゲットに期待していた、
「ターゲット自身が襲撃される覚え
→口封じする理由となる、機密情報」
を聞き出したかった。
→襲撃者の狙いは、直訴前に無かったことにすること。直訴を含めて、手強いやつに情報が転写されれば、釣り餌を狙うのは無駄になる。
→なのに、賭けは空クジだった。
多段式の罠かは知らないが、
3
豆狸は、意図した相手との電話で、
[一応は演出した、舞が銃を抜くような非常事態演出、というムチの最後通達のカードを切った]
ターゲット自身が襲撃される覚え
→口封じする理由となる、機密情報
を吐くのに、一応は期待していた。
ダメ元だったからこそ、偽・祝も
「知っていることは、それで全部ですか?」と尋ねた。
「ターゲット自身が襲撃される覚え
→口封じする理由となる、機密情報」
を追い詰められた釣り餌・ターゲットが、命乞いなり懐柔なり脅迫なり、の交渉材料にちらつかせるのを期待した。
強硬路線でも失敗、と言うか豆狸のシナリオから外れたところで。
回線ジャックによって、豆狸の敵対者・[本来の襲撃計画犯グループ手練れ]が、忍に電話越しで接触
豆狸のシナリオ通りならば、回線で繋がった先も、多重の祝側尋問者だった筈なのだ。
豆狸も知らない内に、百鬼夜行内部の不穏分子ー
[忍に、口封じする必要がある機密を知られた、と緊張感を持った連中]に成り代わられた。
振り替えると、
・豆狸達が、釣り餌を襲いやすい風化村に誘い出した、待ち伏せ
・その意図を更に上回る[回線越しの遠隔]の形で、百鬼夜行内部の不穏分子ー
[忍に、口封じする必要がある機密を知られた、と緊張感を持った連中]が、
釣り糸を食い破り、釣り餌を食い千切ろう→口封じしようとした。]
ただ、その部分については、
「それを把握していないとは。あなた、本当になにも(バックボーンを)知らなかったんですね」
と、必要ないから口封じキャンセル、と見破られた。
口封じしたかったのは、現地組から広がった、裏切り者ネットワークと不祥事、なのか?
釣り餌・忍についてはそうでも、
別会計で座敷童・縁を[忍に、口封じする必要がある機密を知られた、と緊張感を持った連中]は狙っていたので。
罠を食い破れると確信した、自分の身内の筈の病魔に、目的達成と口封じを指示した。
その意図が挫かれて、返し箭で反撃された。
 
なお偽・祝とその台本ライターは、最低でも本物当主付きの側近か、内外政に関わる部門の百鬼夜行構成員ではない。
だったら、才子佳人に構成員全滅報告が出されているのに、百鬼夜行が才子佳人を吸収した、とは表現しない。戦利品の形の、資材と資料を回収したことか?
より納得のいく説明として。
・偽・祝は、才子佳人を全滅させた元スポンサー=対オカルト用の武器→鈴を持ち出した奴等を、百鬼夜行と間違えていた、と考えられる。 
・そうなると、元スポンサーが才子佳人を吸収した時期が何時だったのか、を大幅に見誤っていることになる。把握しているよりもずっと前。しかも、吸収しておいて、やっぱりこじれたからと自ら潰している。
感想
→偽・祝も事情通なようで、実は情弱だった。
忍はこいつ本当に百鬼夜行か、と疑っていた懸念が当たり。座敷童・縁は狙っていたのが百鬼夜行でないのに、的外れなことをしている、とシリアスがった。
話を変えると、二通目の電話の主も
「家人が自ら問題を解決しなければ、根本的な解決にならず、幸福は訪れない」と言っているため。本人の自己認識では鎖国派らしい。鎖国派のカテゴリの中でも、小グループに散っている?
さて、大筋。
真実の結論。
「実際は、餌を口封じしたい第二勢力と、その様子を知って餌を守ろうとする第一勢力の二者に、ノーマークの第三勢力がいた。
元々は第三勢力は途中まで主犯として、従犯の第二勢力と癒着していた。しかしリストラ対策のために、白色革命の形で、第二勢力の口封じをする必要が出た。
第三勢力が、第二勢力の首を狙い出した。
目立つし、腕に自信がないから、第二勢力を弱らせる必要が出た。オカルト同士の潰し合いで漁夫の利を狙えば、一石二鳥以上の得がある。
第三勢力が、第二勢力に、
「餌が第二勢力の機密情報を知って逃走中だ、至急口封じしろ」、と嘘をついた。
更に、第三勢力が第一勢力に
→わざと第二勢力の餌の狩り情報をリークした。
 

第一勢力が先に餌を確保し、待ち伏せ場所に誘導。
第三勢力はその事を傍受できた。だから、更に上手をいく第三勢力が、二者の決着後に突入しよう、と計画。
餌を挟んで、第一勢力と第二勢力がオカルト同士の潰し合いをして、最低限、不祥事の生け贄羊用途で、第二勢力の首をとれるように。」
 
忍を挟むと。
結論。
「実際は、餌を口封じしたい第二勢力と、その様子を知って餌を守ろうとする第一勢力の二者に、ノーマークの第三勢力がいた。

元々は第三勢力は途中まで主犯として、従犯の第二勢力と癒着していた。しかしリストラ対策のために、白色革命の形で、第二勢力の口封じをする必要が出た。

第三勢力が、第二勢力の首を狙い出した。

目立つし、腕に自信がないから、第二勢力を弱らせる必要が出た。オカルト同士の潰し合いで漁夫の利を狙えば、一石二鳥以上の得がある。

第三勢力が、第二勢力に、
「餌が第二勢力の機密情報を知って逃走中だ、至急口封じしろ」、と嘘をついた。
更に、第三勢力が第一勢力に
→わざと第二勢力の餌の狩り情報をリークした。
百鬼夜行周辺の情報収集中に、菱神舞辺りが、
陣内忍?をターゲットにした襲撃計画を察知した?
詳細は不明だが、クリティカルな情報を知られたために、口封じが必要、らしい。

菱神舞としては、本人の無事は頼まれなければどうでもいいが。
目的・
菱神舞の顧客・祝に危険な、襲撃計画犯グループを辿りたい
小目的・
「ターゲット自身が襲撃される覚え
→口封じする理由となる、機密情報」
を聞き出したかった。
→襲撃者の狙いは、直訴前に無かったことにすること。直訴を含めて、手強いやつに情報が転写されれば、釣り餌を狙うのは無駄になる。その情報も、舞ならばより上手く餌に使える。
舞が現場で判断するが、当主も、是非知る価値があるだろう。

襲撃計画犯グループが詳細不明ならば、何時動くか分からないものを待っているより。
こちらから襲うチャンスを渡して、見え見えでも、陽動と餌で釣りたい。』
第一勢力が先に餌を確保し、待ち伏せ場所に誘導。
第一勢力は、第二勢力を罠で狩るつもりだ。
第二勢力は、非実体の遠隔呪詛で第一勢力の罠を食い破って、餌の口封じをやりおおせる気だ。
第三勢力はその事を傍受できた。だから、更に上手をいく第三勢力が、二者の決着後に突入しよう、と計画。

餌を挟んで、第一勢力と第二勢力がオカルト同士の潰し合いをして、最低限、不祥事の生け贄羊用途で、第二勢力の首をとれるように。」