Haiiroouke 真実 20200127 インテリビレッジの座敷童一巻と四巻 [結論 飼い猫が逃げたような話。 雪女が、座敷童・縁のように、「渡り歩いた、そこで行われていることの一端を垣間見て、」 飼い主の悪事を話せる状態で、家から逃げ出したから。 逃げた猫が警察に告げ口する前に、無かったことにしようと。 飼い主は、増援を外から呼んで、逃げた飼い猫の口封じを依頼した。

Haiiroouke  真実 20200127 インテリビレッジの座敷童一巻と四巻
[結論
飼い猫が逃げたような話。
雪女が、座敷童・縁のように、「渡り歩いた、そこで行われていることの一端を垣間見て、」
飼い主の悪事を話せる状態で、家から逃げ出したから。
逃げた猫が警察に告げ口する前に、無かったことにしようと。
飼い主は、増援を外から呼んで、逃げた飼い猫の口封じを依頼した。
→「飼い主[施設の警備員スパイ]は、
増援[猟銃ハンター集団]を外から呼んで、
飼い猫[雪女]の口封じを依頼した。」]

「実はメジャーな、マッチポンプ
「楽して儲ける」、が遺産相続エージェント?の理念だったそうだ。
多分、サナトリウム内部で被害にあったと言うお年寄りも→猟銃ハンター達の身内。

繰り返すが、
「童話 雪女」のように、お年寄りと猟銃ハンター達は身内、つまりグル。
振り込め詐欺や訪問販売員詐欺に、ターゲットと同年代を使う、老老詐欺だったのだろう。
どういう利益モデルか。
作中の遺産相続エージェントだけでなく、サナトリウム施設つきの警備員と、職員の一部、本当に善意の第三者の金蔓お年寄り付の警備員の一部、「可能性的には、惑歌つきの警備員達」が。
→今回の雪女騒動で儲ける、敵の現地グループ。
雪女騒動や、宿泊客が必ず死ぬ部屋、によって。警備業の需要はバブルとなった。

惑歌が見抜いた、遺産相続エージェント達では全員ではなく。忍の回想では、足りない。
もし忍が、クリティカルなことを本当にしていれば、端役だと思っていた施設職員やお年寄り達の警備員に、後ろから刺される-具体的には毒殺されていた。
楽して儲ける、はともかく。
今回の犯罪の後ろにあるのは雇用問題、就職難だったのかもしれない。
ただ、それだけでは遺産相続エージェントが、騒ぎの前後に出てきた説明がつかない。自称・対オカルト専門家の賞金稼ぎ、の線もあったが。
それに、本質はマッチポンプならば、雪女に対しては本気で猟銃で追い回していた、という説明がつかない。
「本質はマッチポンプならば」という前提が崩れた。
より具体的には、何かしらの雪女側の事情で、本当に警備員達側から離反してしまった。
家の飼い猫が逃げた、程度ならば良いのだが、
その飼い猫は飼い主の悪事を知っていて、悪事に関わっているから、警察に詳細を話すことが出来た。
→飼い主の急所を握っていたのだ。
雪女が、座敷童・縁のように、「渡り歩いた、そこで行われていることの一端を垣間見て、」
飼い主の悪事を話せる状態で、家から逃げ出したから。
サナトリウム内の職員スパイ側はこのトラブルに急遽、繋がっている犯罪組織経由で、増援組のライフルハンター達「遺産相続エージェント?」を発注。
トラブルに対する特別プロジェクトチームが、遺産相続エージェント?だったわけだ。
四巻の、艶美の自作自演の白蟻駆除のような、盗聴ブレイカーズや。
外堀刑事と大きな犯罪組織・日本支部安楽会有力者の、対話パイプのように。
結論
飼い猫が逃げたような話。
雪女が、座敷童・縁のように、「渡り歩いた、そこで行われていることの一端を垣間見て、」
飼い主の悪事を話せる状態で、家から逃げ出したから。
逃げた猫が警察に告げ口する前に、無かったことにしようと。
飼い主は、増援を外から呼んで、飼い猫の口封じを依頼した。
→「飼い主[施設の警備員スパイ]は、
増援[猟銃ハンター集団]を外から呼んで、
飼い猫[雪女]の口封じを依頼した。」