推理。 エリス・ウォリアーと騎士派。 ヘヴィーオブジェクト 最も賢明な思考放棄サイロシティ版。20200122

推理。 エリス・ウォリアーと騎士派。

ヘヴィーオブジェクト 最も賢明な思考放棄サイロシティ版。20200122

魔女狩り人による、魔女狩り人の利益のための、魔女狩り

魔女狩り人が仕立てた魔女による、呪いの被害者。

魔女狩り人兼呪いの被害者兼 黒幕→イギリス清教派とシェリー・クロムウェル

呪いの被害者→エリス・ウォリアー

魔女→騎士派

「ゴール

マッチポンプ。それは、実験現地=サイロシティの人心を情報同盟側に奪う布石となる。

 

→こう推論すると、エリス・ウォリアーの件は。

捨て駒シェリー・クロムウェルを生け贄にしようとした、当事者イギリス清教派の自作自演。

ローラにしては趣味でないから、別グループの独断。

パラサイトプランに嵌まった騎士派は、初めから魔女→桃太郎の鬼兼マッチポンプのマッチとして、真の黒幕である魔女狩り人→桃太郎兼ポンプ→イギリス清教派に倒されるシナリオだった。」

 

園都市の超能力者エリス→カスピラーノ兄

園都市→情報同盟 本国ニューヨーク扱い

「資本企業→正統王国騎士派現地部隊→信心組織 ジャックインザボックスの一団

情報同盟→信心組織十字教派 合同プロジェクトチーム→正統王国 ベイビーマグナム達主人公の一団」

 

イギリスの立地。

シェア一位が、正統王国。王室派及び騎士派

シェア二位が、信心組織十字教派。イギリス清教派

 

実際の実験立地。

→空白地帯と推理。

正統王国と信心組織の国境線地帯。

信心組織領域内では、情報同盟との合同プロジェクトへの、パワーバランス軋轢を排しきれない。両方の所属でない土地で実行。

 

空白地帯で、情報同盟→学園都市名義の滞在グループが作業していることとする。

 

実際は、国境線を挟む片方の肝煎り。

 

正統王国側も、大義名分が出来なければ放置する予定だった。

しかし、正統王国領内で被害を出す人身売買犯罪グループが、領内を本拠地にしているという情報あり。更に、実際に逃走する犯罪者が、そこへ逃げ込む経験あり。

治安維持活動も兼ねて、同空白地域を視察。

視察中に、正統王国騎士派部隊への攻撃に被弾、または遠距離攻撃標準を確認。

敵性集団の拠点への、緊急応戦に移る。

実際は、装備などにパラサイトプランを組み込まれていたのは、遠距離攻撃標準を確認した、正統王国騎士派部隊側。

三者による目眩ましで、見事に思惑通り、言いがかりに覚えがない別人達を不意討ちする形となった。

言いがかりを付けられた側は、パラサイトプランで錯覚したグループが首謀者の単独犯に見えて、当然。

正統王国騎士派部隊が、ジャックインザボックスポジションとなる。

園都市 合同プロジェクトチームが、ifのベイビーマグナムポジションとなる。

信心組織十字教派が、ifのナイトロジェンミラージュポジションとなる。

パラサイトプランの存在を考えれば、ックインザボックスポジションも真の黒幕の被害者なのだ。

しかしーエリスの場合は、シェリーの談では敗死する。

かくして、言いがかりで主戦派に襲撃された元和平派は、シェリーのような主戦派に改宗する。

 

 

 

あらすじの、奥の奥。

仮に、ジャックインザボックスがベイビーマグナムを降して、その空白地帯を制圧下に置いたとしよう。

元々二十機以上で睨み合っている、国境線を挟む資本企業と情報同盟両者に、勝てる見込みは零無だろう。

空白地帯に第三勢力、信心組織が置いているのはジャックインザボックス一機だけの筈だから、単純な数の差で無謀と言える。只でさえ、主流系統樹から外れたバネ式。

どれだけ隠し玉があろうが、正面から三機も来れば、良くて相討ちにしかならない。

と言うより、最低でも情報同盟側の切り札は、死角がない遠距離狙撃レーザー型の系統樹オブジェクト。

フットワークに優れたジャックインザボックスの回避力と跳躍性能は脅威だろうが、射撃命中率に特化した進化を遂げた、最新鋭情報同盟オブジェクトと相性が悪い筈。

私が情報同盟司令官ならば、他方向からタイミングと距離をずらして、二機以上で同時進軍し、片方と射撃戦に陥って直ぐに、もう片方で狙撃をする。

→ジャックインザボックスの射撃は弾道軌道だろうが、破壊力はともかく命中率では勝ちようがない。

また、ジャックインザボックスの「主砲と回避を、同時に出来ない」性質も、ガンファイトで足枷となる。

避けに徹したところで、詰め将棋にされるだけである。

つまり、私の推論では、マティーニの三姉妹を巻き込まれた情報同盟側一派の「マッチポンプ」。

ラニリエの意義同様、戦況を進めるための、陽動計略「布石」にパラサイトプランを用いた。

信心組織が先ず、パラサイトプランにより、自分達以外二勢力→希望としては正統王国の代わりに資本企業、に言いがかりをつけ、撃破。

その上で、白馬の王子様気取りでジャックインザボックスを、自慢のレーザー狙撃型数機がかりで、破壊する。

ゴール

マッチポンプ。それは、サイロシティの人心を情報同盟側に奪う布石となる。

 

→こう推論すると、エリス・ウォリアーの件は。

捨て駒シェリー・クロムウェルを生け贄にしようとした、当事者イギリス清教派の自作自演。

ローラにしては趣味でないから、別グループの独断。

パラサイトプランに嵌まった騎士派は、初めから魔女→桃太郎の鬼兼マッチポンプのマッチとして、真の黒幕である魔女狩り人→桃太郎兼ポンプ→イギリス清教派に倒されるシナリオだった。

シェリー・クロムウェルは、自分を生け贄にしようとしたイギリス清教派に、シナリオ外の事故で生き延びてからも→主戦派の布石に協力して、本当に果報者だなぁ。

意外と、シェリー・クロムウェルも学園都市で言うチャイルドエラーだったのかもしれない。