書き下ろし小説 No.7 オリジナル回答 20200121

書き下ろし小説 No.7 オリジナル回答

園都市、第三七機動整備大隊、グランズニールの! 全部載せ『ワールド』ツアー!!


https://dengekibunko.jp/author/kamachikazuma/sp/novel/index.html


https://dengekibunko.jp/author/kamachikazuma/trial/3worldtour/


https://dengekibunko.jp/author/kamachikazuma/trial/3worldtour/page04.php



書き下ろし小説 No.7


園都市、第三七機動整備大隊、グランズニールの! 全部載せ『ワールド』ツアー!!


あらすじ


ある日、倉庫の荷物整理していたバカ兵士二人組、クウェンサー&ヘイヴィア。気を失って目を覚ますとそこは異世界だった――。 クウェンサーは「学園都市」に、ヘイヴィアは「グランズニール」に。見知らぬ世界から元の世界に戻るため、異世界の住民達とともに試行錯誤するが……。


とある魔術の禁書目録」「ヘヴィーオブジェクト」「最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点」のクロスオーバー短編!


キャラクター


滝壺理后

(たきつぼ・りこう)

from「とある魔術の禁書目録

園都市に存在する暗部組織「アイテム」の構成員の大能力者(レベル4)。『能力追跡(AIMストーカー)』


絹旗最愛

(きぬはた・さいあい)

from「とある魔術の禁書目録

園都市に存在する暗部組織「アイテム」の構成員の大能力者(レベル4)。『窒素装甲(オフェンスアーマー)』


クウェンサー

from「ヘヴィーオブジェクト

第三七機動整備大隊所属の戦地派遣留学生。


ヘイヴィア

from「ヘヴィーオブジェクト

第三七機動整備大隊所属のレーダー分析官。


ぶーぶー

from「最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点」

異世界グランズニールに住む、最強の【イベリコオーク】。


ベアトリーチェ

from「最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点」

炎を自在に操る【剣聖女】。最強すぎる能力故にぼっちになって色々とこじらせた少女。


フィリニオン

from「最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点」

【白魔女】のメガネ巨乳。他人の回復や図鑑のコレクタブルで【経験値】を稼ぐタイプ。


アルメリナ

from「最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点」

地図マニアの貧乳【殴僧侶】。超重量の鎖や鉄球を呼び出す鉄の杖を操るが、中身は意外に乙女なところも。


目次


この小説を読む




https://dengekibunko.jp/author/kamachikazuma/sp/novel/index.html


https://dengekibunko.jp/author/kamachikazuma/trial/3worldtour/


https://dengekibunko.jp/author/kamachikazuma/trial/3worldtour/page04.php



    第三七機動整備大隊の整備基地ベースゾーン。


 学園都市。


 グランズニール。



 ・三つの世界の内、『灰色の豚』の大元になる細胞を採取できるのはどこ?

グランズニール。


 ・三つの世界の内、『イケメン』の大元となる細胞を採取できるのはどこ?

園都市。

(注意。

ただし、第二位ダークマターに関しては、カルティベーションマッスル技術で。

元の学生被験者に、異邦人がもたらした異世界の別生物細胞が移植されていた可能性あり。または、祝同様に、外来種→妖怪と現地人類との混血。)


 ・三つの世界の内、カルティベーションマッスルを実用化し、実戦の中で問題点の洗い出しができるくらい日常的に『戦争』を繰り返しているのはどこ?

不明。候補は二つ

→頻度の多さから、学園都市 魔術サイド。

 

    第三七機動整備大隊の整備基地ベースゾーン

(使用対象 オブジェクトエリート)。

 学園都

(使用対象 聖人達前衛組及び能力開発被験者)。

三つの世界以外。インテリビレッジの座敷童、百鬼夜行旧当主・呪のように、(マンガ トランスフォーマーシリーズのように)人体・妖怪改造に手を伸ばす領域。四○式までの座敷童シリーズや菱神の女。
未踏召喚ブラッドサインの、召喚システムも→カルティベーションマッスルの系統樹の外付け。主人公も生体改造や人造生命趣味。
ゲーム スターオーシャンが好きそう。

 ・三つの世界の内、世界と世界を渡る技術を確立しているのはどこ?

グランズニール。


 ・そもそも一番最初に他の世界にちょっかいを出したのは、三つの世界の内のどこ?

不明?

暫定 グランズニール。


 ・最後に。では全ての黒幕は三つの世界のどこにいる?

不明?

(そもそも全ての黒幕は単独犯ではなくて組織で、分隊化した思想グループなのでは?)

→グランズニールは除外。オーディンならば、目障りになった時、根絶やしに出来そう。

リスク回避的に、グランズニールに本拠地は無い。

→結論。
ヘヴィーオブジェクトの世界。

本隊・第三七機動整備大隊の整備基地ベースゾーン。

分隊・学園都市。

 
全ての黒幕、という括りでは不明。
推論
初めの元凶となったやつが、勝ち組で異世界召喚無双しているならば、それぞれの世界で今の状況にはなっていない。
 
仮定
・初めの元凶となったやつが、勝ち組で異世界召喚無双しているならば、
→小説 六門世界シリーズやソードワールドやの、古代文明のように。またはサモンナイトのリィンバウム社会のように。
→召喚師が異生物の人権・尊厳を踏みにじる階級社会となっている。
 
インテリビレッジシリーズ世界ですら、妖怪を持て余してデリケートになっていた。だから、この仮説は違う。
元々はヘヴィーオブジェクトの世界の負け組が、原動力となった動き。
ヘヴィーオブジェクトの世界の住民が、ぶーぶーの世界からの異邦人に接触したことから始まった、か?
ぶーぶーの世界の住民が、ヘヴィーオブジェクトの世界からの異邦人に接触したことから始まった、か?
テイルズシリーズからすれば、後者だと思うがー
いずれにせよ、
前者ならば異邦人と初めは友好的なふりをして、異世界を渡る技術をコピーした。そして、ヘヴィーオブジェクトの世界からぶーぶーの世界へ渡り、戦場に赴いた。
後者ならばそのまま、ぶーぶーの世界へ渡り、戦場に赴いた。

いずれにせよ、
ヘヴィーオブジェクトの世界からの異邦人達は。
本人達の過大な自己評価とは異なり、
「現実には歯が立たなくて」、
ぶーぶーの世界の土地のどこも占領できないまま、逃げ帰った。

ならば第三の世界に、自分達が教祖となって、入植しようと考えた。
インデックスの世界に、
科学サイドには、自前のヘヴィーオブジェクトの世界のコピー技術を。
魔術サイドには、人からの受け売りのぶーぶーの世界のコピー技術を。
 
 
元々はヘヴィーオブジェクトの世界の負け組「スクリプトキディ」なのに。
自分達が開発したわけでもないコピー技術を、上から目線の詐欺で、インデックスの世界へパイオニア気取りでもたらした。
そこにヘヴィーオブジェクトの世界の負け組「スクリプトキディ」はアジトを置こうとしたのだが。
そこでも勝ち組のままではいられなかった、か?インデックスの世界の原住民達は、入植者から吸収したコピー技術を入植者達以上に学び、
守破離を為し、現地版のオリジナルスクリプト技術を編み出して、返り討ちにして追い出した。
目に映る範囲では闇に消えたが、宇宙から→衛星軌道上のスパイ衛星網などは手付かず。巻き返しのチャンスを、虎視眈々と狙っている。フィアンマ編や学園都市の兵器運用部隊も、その気がある。
完全に追い出せたわけではなく、魔術サイド・科学サイドそれぞれの闇研究機関にパイプを繋ぎ続けた。
そして新技術開発の最先端にいる、知財スパイノウハウを確立。
スクリプトキディ」達は、更に自分達のヘヴィーオブジェクト世界に逃げ帰って。
自分達の世界で勝ち組になるために、インデックスの世界の別荘・出張組からの最先端コピー技術を、オブジェクト開発に転用している。
ゆくゆくは、先ずぶーぶーの世界を力押しで征服できる武力を身に付け。
次にインデックスの世界で、付け焼き刃の技術で今はシェアを取り返した原住民達を、再び征服し、チャンスを与えないために。
そして、その植民地での世界ぐるみの資源採取・兵器開発分を元の世界、ヘヴィーオブジェクトの世界に持ち帰り、
その負け組グループによる、現政権の勝ち組達へのクーデター革命を成功させ、全ての世界の征服者足る覇者となるために。
 
 
 
 

ウェブ検索結果

守破離(しゅはり)は、日本の茶道や武道などの芸道・芸術における師弟関係のあり方の一つであり、 ... 本を忘るな」 とあるとおり、教えを破り離れたとしても根源の精神を見失ってはならないということが重要であり、基本の型を ...
 
 
 
Imagewww.shu-wa.jp › staffblog
『守・破・離』(しゅ・は・り)の考え方ついて | シューワ
2016/03/07 · 守破離』とは、茶道や武道の言葉です。皆さんも一度は、お聞きになったことがあるのではないでしょうか?稲盛会長の言葉を教えて頂きましたので、 今週 ...