追記 書き下ろし小説No.2 20200119 

八井と豊川は、それぞれの下部組織と星見の癒着を疑っていた。

最大の脅威は何か。

インサイダー取引による隠し軍資金ではない。

下部組織に、独断で妖怪パッケージをアセンブルしてやった、または協力したか。

 

協力したならば、その詳細と対策、コントローラーは何か、ということ。

素直に降参するなら、粛清は下部組織だけに留める、と脅す気だったか。