最悪のシナリオ インテリビレッジの座敷童 五巻 if本土。あるルポライターのメモより20200119「ヘヴィーオブジェクト 欺瞞迷彩クウェン子ちゃん 流用」

最悪のシナリオ インテリビレッジの座敷童
五巻 if
本土。あるルポライターのメモ
百鬼夜行覆面構成員のメモ」
20200119
ヘヴィーオブジェクト 欺瞞迷彩クウェン子ちゃん 流用」
・「無かったことにされた訃報」
・「遺臣達の、主君の死の、隠蔽当主争い」
八巻のように、百鬼夜行当主継承権保持者が二人いる状況。
第一候補が呪。
第二候補が祝。
「第三世代への道
ニコラシカ王家
第一候補がディミクシ。
第二候補がステイビア。」
「星見家
第一候補が導入。
第二候補が看破。」
その設定において。同盟候補者への交渉の為、国境地帯訪問中の現百鬼夜行当主・祝。
しかし祝は、突如裏切った日本国警察特殊部隊の手で、オカルトを用いて冤罪で討伐される。
一旦拉致されて後。数時間後に秘匿回線で、処刑映像が放送される。(外なる神の会長アザトゥース)
(電波ジャック
口封じと臨場感を出すために、人質殺害用の影武者・スタントマンは、本当に妖怪も殺せる手段で殺害、または大型妖怪に丸呑みにされた可能性大)
百鬼夜行内部では内外の混乱を避けるため、拉致可能性が示唆されてから、影武者を立てていた。
取りあえず、懸命な苦し紛れで、殺害現場と確証を握る敵の現場部隊を、広域放火ーサーモバリック爆弾投下で、隠滅。目撃者も皆殺し。
死体さえ灰も残さず焼けば、「生存説捏造」が可能となる。
(第三世代への道 ホワイトベアー部隊)
(欺瞞迷彩クウェン子ちゃん)
(同時期、警視庁に入った緊急連絡では、謎のオカルト使いテロ組織が、金鉱島の警察シンポジウムを襲撃、要人を全て殺害する。
警察は、現場の生き残りの証言から、百鬼夜行の犯行と推定。)
事件から二時間も経たず。
百鬼夜行内部では緊急のネット会議により、No.2以下の総意の元、対日本国への報復戦争が決定。
百鬼夜行トップ会議では、内外の混乱を避けるため、影武者を立て続けることを決定。
百鬼夜行としても捏造した別件
(病魔の使役者・自作自演のオカルト事件→ゾンビパニック報告を、敵に押し付ける)による、日本国への攻撃も含めた、
事件解決を下部構成員にまで通達。
百鬼夜行当主第一候補の呪を、第二候補祝の遺臣達は、保身の意味も兼ねて緊急で討伐。
第二候補の側近である自分達が、第二候補本人の訃報が確定した時、粛清対象として破滅するのは、目に見えていた。なんとか誤魔化したまま乗り切ることにした。
ヘヴィーオブジェクト 第三世代への道ステイビア+ヘヴィーオブジェクト 亡霊達の警察 ストークキラー リサ・ドービル
+ヘヴィーオブジェクト バニラ味の化学式 エッグノッグ王家第一王子」
日本国への直接戦争では勝ち目がないため、また先方のオカルトに関与すると目されるため。
金融テロと、燃料自給率事情にターゲットした、兵糧攻めに決定。
予めXデー前に燃料を買い付け、密輸。自前の秘密ストレージへ格納。
その上で、国債と燃料関連の主要日本企業株の先物取引を準備。
Xデーに主要石油コンビナート及びタンカーを、百鬼夜行構成員の作戦チームが襲撃。
金融攻撃による百鬼夜行の黒字と、金融破綻して必死に隠滅する日本国への、降伏要求が成立。
つまりテロ組織・百鬼夜行は、日本国治安部隊に勝利する。
徹底したメディア操作により、汚染ーゾンビパニックで日本国土は人間が住めない土地になった、と催眠。
汚染問題を理由に、国民の、日本からの避難プロジェクトが遂行される。つまり騙されて追い払われる。
こうして、催眠がかからない百鬼夜行構成員が、秘密裏に日本国を占領する。
百鬼夜行トップ会議では、内外の混乱を避けるため、複数の影武者を立て続けることになる。
議員たちは密かに、
「祝様の弔い合戦は済みました」、と墓前に報を挙げる。
・実態の政体→仮想のトップとして、実は既に死亡している「祝様」を掲げる。影武者への台本指示も含め、実質は有力者議会とメディア室による、合議制を採択。
善性の、
のオチ。
イスラム教カリフ、シーア派スンニ派のような。
百鬼夜行内部でのグループ分裂を経つつ。
与党が設定した新当主が、旧日本国土実効支配を裏社会で宣言。統治者となる。
(海底火山の人為的噴火による、人工島製造案も、存在したと聞く。)
 
・それが歴史であるが、ふとこう考えてみた。
「事件以前から、
百鬼夜行内部の一グループが、
「日本国乗っ取り計画」
→オカルト使いと妖怪以外の「人間種族」を、日本から追い出す主張。
 
それを唱えていた筈。
・疑問
この状況は、初めから彼らがこうするつもりで、組み上げたのではないか?」
 
「・4鵺
・1天狗
・2ろくろ首
・3槌の子」
「5巻では、
4天邪鬼と臼挽童
1産女
2けち火
3おぼう力
と仮定」

第三陣営が武器商人を下部組織として操縦。キョンシーパッケージ、も六巻のように、作業員をコントロールするために使用。


1ギャングスターの重力検知→

偽装ハエ型ロボ→スパイUVA群による秘密通信。

2オーバーキャビテーションのポンプ支配能力、

3シールドマシン002の地中潜伏能力→ジャックインザボックス。

更に、4情報同盟系のAIハッカー、回線乗っとりも使用している、と考える。

全ては、地下資源盗掘のためのツール。


インテリビレッジの座敷童変換。

1天狗の羽団扇=天の邪鬼=堕天使の透視者。

ギャングスター  

五里霧(遮断)中の感知能力者。

(他所には見えなくて、自分だけはくっきり見える)


2油赤子=姥ヶ火=ガスの提灯お化け=ろくろ首(ふいご)。

オーバーキャビテーションの換気ポンプ支配能力。

空気取りの転送能力者。


3槌の子=一本だたら。

シールドマシン002の地中潜伏能力→ジャックインザボックス。

地中潜行・地盤掘削担当者。

 

4鵺=雷獣。

情報同盟系のAIハッカー、回線乗っとりも使用している、と考える。

雷雲、通信回線ジャック担当の催眠能力者。

先ず、下部組織を使って、

4で現地の通信封鎖環境構築。

1を使って、鉱床を探査。

3の尻尾→蛇かミミズを使って、石油パイプラインのように、坑道を掘削する。

下部組織から労働者を募集して、秘密裏の坑夫として従事させる。

完全な無人化は、実現できない。

地下空間作業用の空気保全用に、

2のようなポンプ管理システムを用いて、地下作業員の呼吸インフラを確保。

(ヒナの両親、「上とか下とか順番を決めちゃダメ」と抗議に行って、口封じに遭う。

「上とか下とか」とは人権の平等、ではなく。

労働者待遇が、働く場所の地表からの深さによる違い、について。)

更に、1を現地で常駐させ、採掘した土砂類を、中空のUVAに加工、及び収納。

採掘分、排出土砂の搬出運搬と、鉱床落盤防止工事の素材搬入を実行。

外部からは、3による地中物資の入れ換えで、何も移動していないように偽装する。

 

 

地中作業場の、2のエアポンプはAI制御を導入していた。しかし、真夏日には霊安室が不完全になる。結果、熱暴走による機能不全に陥り、暴走。地上作業員の安全無視で、地上から地下へ空気をフルパワーで送り込んだ。」

インテリビレッジの座敷童五巻は、

インテリビレッジの座敷童一巻の前日譚。

↓ 

電波ジャックによる要人訃報捏造と、ぬらりひょんのような火事場泥棒による、「エアフォースワンのような」非常時緊急命令系統の強盗立て籠り事件。

→結果として、要人の所属組織である、百鬼夜行の非常時指揮命令権を奪い取る。そのキーとして、百鬼夜行要人の替え玉-整形偽物・役者を用意。

借り物の上長だと気付かない、現地組に国境線上で、

1に現地の休暇中現職警察官・内幕隼刑事。

2に、1の危機をこちらから信じこませた、現地に集まった警察特殊部隊攻撃を命令。

先制攻撃後の百鬼夜行直轄部隊対警察特殊部隊の交戦で、百鬼夜行直轄部隊が勝利。

結論。

百鬼夜行と日本国現政権の間に、和解不能なレベルの溝を作る。更に、全面戦争の大義名分を、日本国に与える。

その後は、マッチポンプを仕込んだ者が、漁夫の利で国を仕切る。