考察 インテリヴィレッジの座敷童 巨人達の影 第一勢力→ 重要資源を拉致した側 ↓ 「使用人までもが追い回していたよ」 ↓ 浚われた側が、余りにも過熱しすぎた。 四大勢力の中で、二強がぶつかると漁夫の利狙いがおき、天下三分の計擬きが崩れる。 パワーバランス保守を唱える上層部はトップ判断を下した。

      
考察 インテリヴィレッジの座敷童 巨人達の影
第一勢力→
重要資源を拉致した側
「使用人までもが追い回していたよ」
浚われた側が、余りにも過熱しすぎた。
四大勢力の中で、二強がぶつかると漁夫の利狙いがおき、天下三分の計擬きが崩れる。
 
パワーバランス保守を唱える上層部はトップ判断を下した。
拉致側の引き際は設定するから、取引の範疇で、この案件は被害者側と和解しよう。示談にすることにした。
 
 
下位の主戦派は、反対した。督戦部隊などを送って。狙撃はそいつら、スパイ嫌疑で外交担当者を襲い、破談させようとした。
意図は、主戦派らしいもの?
上層部が、拉致した資源活用に失敗、盗むには技術力不足と自覚する程、賢いことを知らない?
 
 
と言うより、四大勢力のパワーバランスが「クリーンな戦争」を保つと言う観点から、
AIの捕獲はクリティカルすぎたのだ。
以下、判断内容。
王国は同盟から拉致をした。
「うちの親父が匿った。」「食料倉庫で震えてた。」
拉致が起きた。だから、
「使用人まで一家を探し始めた」
こちらの脅迫手札は、AIのコピーを自分の都合でばらまくこと。
「死ぬほど云々」
手札の効果
拡散させ過ぎれば、同盟の独自技術の値崩れが起きる。
同盟に投資する機関投資家も打撃を受ける。
「あれほど磐石に見えた屋敷が、あっという間に借金まみれ。」
しかし、戦争にもルールがある。
手札で殺しすぎると、四大勢力による、鼎の足が一本欠ける。ルールが崩れる。
 
また、AI事業市場には、王国も出馬している。
業界自体が消えては、苦しむ。
マスドライバーのように。
そこまでは、王国トップも望まない。
保守派の慎重論が主勢だ。
だから、身代金交渉で、キューバ危機回避をしたい。