メモ 7稿目 雷の神殿(テセアラの神子の火の試練の地)→エフミドの丘 ヘラクレス主砲着弾点近郊→鎮めの森の岬(地脈)   「核攻撃にまつわる事件が、あの地脈点ー旧トリエットー火の秘力神殿の答えである。なるほど。 ゴドジンもいずれカムラン同様の運命を辿り、核攻撃で滅び、その跡地にまた神殿が立つ。 」

「核攻撃にまつわる事件が、あの地脈点ー旧トリエットー火の秘力神殿の答えである。なるほど。

ゴドジンもいずれカムラン同様の運命を辿り、核攻撃で滅び、その跡地にまた神殿が立つ。

「~カムランにとっての歴史の終点である。

ただし、主砲発射の影響はそれに留まらなかった。テイルズオブデスティニーとテイルズエターニアのように、バリアで固く守っている敵本拠地に対し、それを上回る主砲で貫くのは当然である。

だが、ダイクロフト撃沈の結果、核の冬という事態を生んだ。

要塞の街が皆殺しになっただけでは済まなかった。

即ち、主砲着弾

(正確には、着弾現場の土壌汚染と、破片の空気散乱による死の灰 毒素)

が災厄の始まりである。

「開門の日」

人々はこの緋の夜を、

「天が朱に染まりし時、世に魔が溢れる」

と言い伝えた。

または、

「かつて、この場所で地獄の蓋が開いた。今夜、救世の力が復活する」

「こうして、あたし(ベルベット・クラウ)の人生は終わった。」

「あの日から世界は変わった」「魔物に憑かれた人や獣が、人間を食い殺す地獄に」

と呼んだ。

(「今夜、救世の力が復活する」とは、ザウデ不落宮でアレクセイが目論んでいたことである。

そして、メルキオルが不完全な伝承を元にジークフリートを求めていた、その真実の力である。

「かつて、この場所で地獄の蓋が開いた。」

つまり、あのアバルはテイルズオブヴェスペリア、エフミドの丘 ヘラクレス主砲着弾点 近郊にあったのだ。

「貿易で悪どく儲けた一族」→ガラン家、デスティニーのオベロン社一味。

つまり、タリエシンとアバル一帯は、ガラン家が住んでいた、テイルズオブジアビスのホド島。

ようは、核攻撃にまつわる事件が、あの地脈点ー旧トリエットー火の秘力神殿の答えである。なるほど。

ゴドジンもいずれカムラン同様の運命を辿り、核攻撃で滅び、その跡地にまた神殿が立つ。ああ、シルヴァラントの火の試練は、本来テセアラの雷の神殿近郊だったのか。

ラタトスクの騎士 雷の神殿ー

「鎮めの森の岬の次元の裂け目」「次元境界」

 http://spwiki.net/tob/wikis/262.html
spwiki.net › tob › wikis
地脈(鎮めの森) | TOB/テイルズオブベルセリア 最速攻略wiki)

 

https://w.atwiki.jp › pages
ウェブ検索結果
設定:開門の日 - テイルズオブ用語辞典 - アットウィキ - WIKI
 https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://w.atwiki.jp/talesofdic/pages/9354.amp&ved=2ahUKEwj-1YuNk_HlAhUk-2EKHcLEAzoQFjACegQIBBAB&usg=AOvVaw1_HESn6OR0Ojl9Z00jTVbS&cf=1

即ち、テイルズオブデスティニーの、モンスターの大量発生である。アフターホロコースト

 

参照

「テイルズシリーズと原発 7稿目 2019.11.17

災厄の始まりの地 カムランで何があって、最終的にはND2020、疫病で滅亡するのか。

 

結論。

「大きな過ち→

カムランはヴァンガードのような現地過激派が、分離・独立のために戦争状態に突入させたために、敵軍から、地域単位の大規模砲撃=核攻撃を受けることになった。無差別攻撃で敵拠点の生命を皆殺しにした後も、砲弾の毒素は射手の予想を超えて、不必要に公害病を拡大させた。」

「人は、大きな過ちを犯した反省を、時間が経ち世代が変わるだけで過去の事として風化させる。その結果、相似した因果の顛末が、螺旋を描き繰り返される。」

過去に大事件が起きて、ハイランドでは地下資源を、国家で管理する法規制をしていた。

テイルズオブヴェスペリア ヨームゲンサブイベント 賢人の老人による、ゲオルギウス文明 終焉苦労話 (何で、テイルズオブハーツの臆病な大家は、逃げ出したのか。本当の理由。)

ハイランド領の、資源産出地域カムラン。その当時の領主は、エクシリア2準拠であれば傑物であり、民に信頼され外敵も退ける武人であった。表向きは。

武力による軍事侵攻が出来なくなった、他国の悪徳資産家達は。

カムラン内部で政権交代を仕組み、自分達の新傀儡政権が、頭の固いハイランド法を捨てて→他国に地下資源を、闇ルート密輸するよう計画した。

その前段階として、内外悪徳資産家達による、非公式兵糧攻め=物流封鎖。

ゼスティリアの塔の街ローグレス 仕組まれた物価高騰=ラタトスクの騎士 イズールド=ラジアータストーリーズ ドワーフの必需品不足。

新傀儡政権候補をスパイとして育て、計画前から密輸を続けた。

 

エクシリア2開幕前からの物だ。

カムラン領主→ユルゲンスはキタル族財政改善のために、新たに外部との貿易を始めたつもりだったが。実際は他所のスパイと癒着した部下や民が、既にやっていた。→ラカノン社関係者とか。(アルヴィンエピソード ラカノン社との一件)

テイルズオブデスティニーで、武器産業グレバムが反乱をコントロールしているように、癒着先はまともな連中ではなかった。ラジアータストーリーズでは、ダークエルフと盗賊ギルドの一部派閥がやっていた。

ヴァルキリープロファイルで、ジェイクリーナスが漏洩スケープゴートにされたような一件だ。

カムラン内部の軍や自警団が、密輸で資金を貯めていた。警備役もグルだった。だから観光客が巡回に遭遇しないケースも産まれた。(ガイアスエピソード リーゼマクシア観光)

領主が気付かない内は良かったが、途中で領主が密輸に気が付いた。気付いたときには、明らかにハイランド中枢に、言い訳が出来ないレベルの不祥事になっていた。分かっている犯人を素直に突き出せば、間違いなく処刑される。

「仲間の幸福を採るか、法秩序の厳正さを採るか。」

領主は前者を選択し、適切な裁きをせずに、仲間だから領民を庇うことにした。

ハイランド中枢に対し、自らが主犯で、単独犯だったかのように偽装。自分が全ての罪を背負い、スケープゴートとなる道を選択した。

(エリーゼエピソード ジャオ)(ゼスティリア アガサとゴドジン村人)

悪事が見られて不意にバレたように装って、本質は自首。自己犠牲を率先して行える、仲間思いな素晴らしい領主様だった。

自己犠牲を選ぶ段階で、難病などを抱え、余命に自信が無かったからかもしれないが。

領主の死が仇討ちを呼ぶ

または、領主の死が更に混乱を呼び、結果的に同盟国占領軍の駐留や。占領軍を追い出すための、ハイランド中枢の侵攻に繋がってしまった。

スパイ容疑者対策で、現地に被害者が出た。

ハイランドのカムラン回収後は、ハイランドは孤立主義を強めた。

(結果、前記事のような原料が闇マーケットに流れるまでの、物流が産まれる。)

領主の後釜や、実権相続の面において様々な切り口で。自分達の都合が良いものが、輸出を仕切れるように、余所者達は陰謀戦をして来た。

→種族対立を煽り、ヴァルキリーアナトミアのように、遺産相続権無効を仕組むことも多々あった。

(エリーゼエピソード ジャオ対エリーゼ 生き残ったエリーゼの、相続権に対する異議)

代々の世襲ではなく、事態を収拾できる その時実力あるものが→現地を仕切るべき、という野心や腕力等に明かせた発想が現地で流行る。実権相続に纏わる権力闘争に、現地全体で飽き飽きしたのだろう。

テイルズオブイノセントのアシュラや、ユーリの思想の根っこはそれである。

(余談だが。そこ

「代々の世襲ではなく、事態を収拾できる その時実力あるものが→現地を仕切るべき、という。野心や腕力等に明かせた発想」の視点で不安があるから。テイルズオブジアビスでルークは、アッシュやリグレットやヴァンに見下されているのだ。

まあ連中にとっては、ザキもキュモールの同類ということか?ザキはバトルジャンキー過ぎて、権力者としては論外な気もするが。)

やがて、テイルズオブデスティニー 地上人のような、赤軍思想に染まっていく。

とにかく、サイリル義勇軍ヴァンガードのような自警団組織が産まれる。そして、独立戦争過激派「赤軍」へと変貌する。マルタの苦労だ。

(余談だが。かと言って、ヴァンやダリスの実子ー娘(一人以上)が、マルタのように思い悩むかと言えば、否である。故に、反乱指導者となった父を止める、とは養子によるファンタジーである。実子はノリノリで、全てを捧げると見る。テイルズオブエクシリアのミラやマルトラン並だろう。いや、マルトランは本人がダリス以上に(外国の名家で、家臣などの権力闘争と腐敗により)

悲惨な目に遭ったから、余計なのか。そこは、リーガルのアリシアと同じくらい散々だった。)

その理屈は、テイルズオブゼスティリアのフォートン枢機卿と同じ、

「共通の問題解決のために、地域市民を団結させる」、

というものである。テイルズオブリバースから、その発想がある。

ヴァンガード内部でも色々あって、最終的にはダオスやカーメス、リバースのミルハウストのようなものが→一番有名な指導者となる。

妖精王ザインやフォシテス政権の誕生である。

独立を主張する、旧宗主国よりも武力は上だった筈だが。テイルズオブファンタジアのように→ハーフエルフの傭兵魔術師、アーチェ(カチナ)等の暗躍により大将が討たれる。

その後も抗争は続くが、旧宗主国か外国から核攻撃を受け、首都兼軍本拠地は、死の街と化す。

死の街と化した被災地に入れるわけはないので、ND2019の、敵本拠地に突入して大将首を採った、という部分は。後世の歴史家による捏造であり創作である。つまり、テイルズオブジアビスのガイのトラウマは、幻想の筈なのだ。民間人非戦闘員にも容赦がない、卑劣な無差別攻撃、という所は変わらないが。

以上

、がカムランにとっての歴史の終点である。

ただし、主砲発射の影響はそれに留まらなかった。テイルズオブデスティニーとテイルズエターニアのように、バリアで固く守っている敵本拠地に対し、それを上回る主砲で貫くのは当然である。

だが、ダイクロフト撃沈の結果、核の冬という事態を生んだ。

要塞の街が皆殺しになっただけでは済まなかった。

即ち、主砲着弾

(正確には、着弾現場の土壌汚染と、破片の空気散乱による死の灰 毒素)

が災厄の始まりである。

「開門の日」

人々はこの緋の夜を、

「天が朱に染まりし時、世に魔が溢れる」

と言い伝えた。

または、

「かつて、この場所で地獄の蓋が開いた。今夜、救世の力が復活する」

「こうして、あたし(ベルベット・クラウ)の人生は終わった。」

「あの日から世界は変わった」「魔物に憑かれた人や獣が、人間を食い殺す地獄に」

と呼んだ。

(「今夜、救世の力が復活する」とは、ザウデ不落宮でアレクセイが目論んでいたことである。

そして、メルキオルが不完全な伝承を元にジークフリートを求めていた、その真実の力である。

「かつて、この場所で地獄の蓋が開いた。」

つまり、あのアバルはテイルズオブヴェスペリア、エフミドの丘 ヘラクレス主砲着弾点 近郊にあったのだ。

「貿易で悪どく儲けた一族」→ガラン家、デスティニーのオベロン社一味。

つまり、タリエシンとアバル一帯は、ガラン家が住んでいた、テイルズオブジアビスのホド島。

ようは、核攻撃にまつわる事件が、あの地脈点ー旧トリエットー火の秘力神殿の答えである。なるほど。

ゴドジンもいずれカムラン同様の運命を辿り、核攻撃で滅び、その跡地にまた神殿が立つ。ああ、シルヴァラントの火の試練は、本来テセアラの雷の神殿近郊だったのか。

ラタトスクの騎士 雷の神殿ー

「鎮めの森の岬の次元の裂け目」「次元境界」

 http://spwiki.net/tob/wikis/262.html
spwiki.net › tob › wikis
地脈(鎮めの森) | TOB/テイルズオブベルセリア 最速攻略wiki)

 

https://w.atwiki.jp › pages
ウェブ検索結果
設定:開門の日 - テイルズオブ用語辞典 - アットウィキ - WIKI
 https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://w.atwiki.jp/talesofdic/pages/9354.amp&ved=2ahUKEwj-1YuNk_HlAhUk-2EKHcLEAzoQFjACegQIBBAB&usg=AOvVaw1_HESn6OR0Ojl9Z00jTVbS&cf=1

即ち、テイルズオブデスティニーの、モンスターの大量発生である。アフターホロコースト

災厄の始まりの説明、以上。」