テイルズシリーズと原発 7稿目 2019.11.17 災厄の始まりの地 カムランで何があって、最終的にはND2020、疫病で滅亡するのか。

 

テイルズシリーズと原発 7稿目 2019.11.17

災厄の始まりの地 カムランで何があって、最終的にはND2020、疫病で滅亡するのか。

 

結論。

「大きな過ち→

カムランはヴァンガードのような現地過激派が、分離・独立のために戦争状態に突入させたために、敵軍から、地域単位の大規模砲撃=核攻撃を受けることになった。無差別攻撃で敵拠点の生命を皆殺しにした後も、砲弾の毒素は射手の予想を超えて、不必要に公害病を拡大させた。」

「人は、大きな過ちを犯した反省を、時間が経ち世代が変わるだけで過去の事として風化させる。その結果、相似した因果の顛末が、螺旋を描き繰り返される。」

過去に大事件が起きて、ハイランドでは地下資源を、国家で管理する法規制をしていた。

テイルズオブヴェスペリア ヨームゲンサブイベント 賢人の老人による、ゲオルギウス文明 終焉苦労話 (何で、テイルズオブハーツの臆病な大家は、逃げ出したのか。本当の理由。)

blog.livedoor.jp › archives
《サブイベント:幻影にて》 : TOV台詞集+α - Livedoor
2011/02/06 · PS3テイルズオブヴェスペリアの台詞集。 ... 精霊育む源泉発生場所:古慕の郷ヨームゲン(幻影)/賢人の家連続サブイベント:幻影の街へ→幻影にて

https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=http://blog.livedoor.jp/tov_word_data/archives/51607930.html&ved=2ahUKEwjpj9K07fPlAhXaBIgKHUqZBBIQFjAEegQIBhAB&usg=AOvVaw0LuiNyM-sXV3ax8WoTBpbV&cshid=1574083391656

ハイランド領の、資源産出地域カムラン。その当時の領主は、エクシリア2準拠であれば傑物であり、民に信頼され外敵も退ける武人であった。表向きは。

武力による軍事侵攻が出来なくなった、他国の悪徳資産家達は。

カムラン内部で政権交代を仕組み、自分達の新傀儡政権が、頭の固いハイランド法を捨てて→他国に地下資源を、闇ルート密輸するよう計画した。

その前段階として、内外悪徳資産家達による、非公式兵糧攻め=物流封鎖。

ゼスティリアの塔の街ローグレス 仕組まれた物価高騰=ラタトスクの騎士 イズールド=ラジアータストーリーズ ドワーフの必需品不足。

新傀儡政権候補をスパイとして育て、計画前から密輸を続けた。

 

エクシリア2開幕前からの物だ。

カムラン領主→ユルゲンスはキタル族財政改善のために、新たに外部との貿易を始めたつもりだったが。実際は他所のスパイと癒着した部下や民が、既にやっていた。→ラカノン社関係者とか。(アルヴィンエピソード ラカノン社との一件)

テイルズオブデスティニーで、武器産業グレバムが反乱をコントロールしているように、癒着先はまともな連中ではなかった。ラジアータストーリーズでは、ダークエルフと盗賊ギルドの一部派閥がやっていた。

ヴァルキリープロファイルで、ジェイクリーナスが漏洩スケープゴートにされたような一件だ。

カムラン内部の軍や自警団が、密輸で資金を貯めていた。警備役もグルだった。だから観光客が巡回に遭遇しないケースも産まれた。(ガイアスエピソード リーゼマクシア観光)

領主が気付かない内は良かったが、途中で領主が密輸に気が付いた。気付いたときには、明らかにハイランド中枢に、言い訳が出来ないレベルの不祥事になっていた。分かっている犯人を素直に突き出せば、間違いなく処刑される。

「仲間の幸福を採るか、法秩序の厳正さを採るか。」

領主は前者を選択し、適切な裁きをせずに、仲間だから領民を庇うことにした。

ハイランド中枢に対し、自らが主犯で、単独犯だったかのように偽装。自分が全ての罪を背負い、スケープゴートとなる道を選択した。

(エリーゼエピソード ジャオ)(ゼスティリア アガサとゴドジン村人)

悪事が見られて不意にバレたように装って、本質は自首。自己犠牲を率先して行える、仲間思いな素晴らしい領主様だった。

自己犠牲を選ぶ段階で、難病などを抱え、余命に自信が無かったからかもしれないが。

領主の死が仇討ちを呼ぶ

または、領主の死が更に混乱を呼び、結果的に同盟国占領軍の駐留や。占領軍を追い出すための、ハイランド中枢の侵攻に繋がってしまった。

スパイ容疑者対策で、現地に被害者が出た。

ハイランドのカムラン回収後は、ハイランドは孤立主義を強めた。

(結果、前記事のような原料が闇マーケットに流れるまでの、物流が産まれる。)

領主の後釜や、実権相続の面において様々な切り口で。自分達の都合が良いものが、輸出を仕切れるように、余所者達は陰謀戦をして来た。

→種族対立を煽り、ヴァルキリーアナトミアのように、遺産相続権無効を仕組むことも多々あった。

(エリーゼエピソード ジャオ対エリーゼ 生き残ったエリーゼの、相続権に対する異議)

代々の世襲ではなく、事態を収拾できる その時実力あるものが→現地を仕切るべき、という野心や腕力等に明かせた発想が現地で流行る。実権相続に纏わる権力闘争に、現地全体で飽き飽きしたのだろう。

テイルズオブイノセントのアシュラや、ユーリの思想の根っこはそれである。

(余談だが。そこ

「代々の世襲ではなく、事態を収拾できる その時実力あるものが→現地を仕切るべき、という。野心や腕力等に明かせた発想」の視点で不安があるから。テイルズオブジアビスでルークは、アッシュやリグレットやヴァンに見下されているのだ。

まあ連中にとっては、ザキもキュモールの同類ということか?ザキはバトルジャンキー過ぎて、権力者としては論外な気もするが。)

やがて、テイルズオブデスティニー 地上人のような、赤軍思想に染まっていく。

とにかく、サイリル義勇軍ヴァンガードのような自警団組織が産まれる。そして、独立戦争過激派「赤軍」へと変貌する。マルタの苦労だ。

(余談だが。かと言って、ヴァンやダリスの実子ー娘(一人以上)が、マルタのように思い悩むかと言えば、否である。故に、反乱指導者となった父を止める、とは養子によるファンタジーである。実子はノリノリで、全てを捧げると見る。テイルズオブエクシリアのミラやマルトラン並だろう。いや、マルトランは本人がダリス以上に(外国の名家で、家臣などの権力闘争と腐敗により)

悲惨な目に遭ったから、余計なのか。そこは、リーガルのアリシアと同じくらい散々だった。)

その理屈は、テイルズオブゼスティリアのフォートン枢機卿と同じ、

「共通の問題解決のために、地域市民を団結させる」、

というものである。テイルズオブリバースから、その発想がある。

ヴァンガード内部でも色々あって、最終的にはダオスやカーメス、リバースのミルハウストのようなものが→一番有名な指導者となる。

妖精王ザインやフォシテス政権の誕生である。

独立を主張する、旧宗主国よりも武力は上だった筈だが。テイルズオブファンタジアのように→ハーフエルフの傭兵魔術師、アーチェ(カチナ)等の暗躍により大将が討たれる。

その後も抗争は続くが、旧宗主国か外国から核攻撃を受け、首都兼軍本拠地は、死の街と化す。

死の街と化した被災地に入れるわけはないので、ND2019の、敵本拠地に突入して大将首を採った、という部分は。後世の歴史家による捏造であり創作である。つまり、テイルズオブジアビスのガイのトラウマは、幻想の筈なのだ。民間人非戦闘員にも容赦がない、卑劣な無差別攻撃、という所は変わらないが。

以上

、がカムランにとっての歴史の終点である。

ただし、主砲発射の影響はそれに留まらなかった。テイルズオブデスティニーとテイルズエターニアのように、バリアで固く守っている敵本拠地に対し、それを上回る主砲で貫くのは当然である。

だが、ダイクロフト撃沈の結果、核の冬という事態を生んだ。

要塞の街が皆殺しになっただけでは済まなかった。

即ち、主砲着弾

(正確には、着弾現場の土壌汚染と、破片の空気散乱による死の灰 毒素)

が災厄の始まりである。

「開門の日」

人々はこの緋の夜を、

「天が朱に染まりし時、世に魔が溢れる」

と言い伝えた。

または、

「かつて、この場所で地獄の蓋が開いた。今夜、救世の力が復活する」

「こうして、あたし(ベルベット・クラウ)の人生は終わった。」

「あの日から世界は変わった」「魔物に憑かれた人や獣が、人間を食い殺す地獄に」

と呼んだ。

(「今夜、救世の力が復活する」とは、ザウデ不落宮でアレクセイが目論んでいたことである。

そして、メルキオルが不完全な伝承を元にジークフリートを求めていた、その真実の力である。

「かつて、この場所で地獄の蓋が開いた。」

つまり、あのアバルはテイルズオブヴェスペリア、エフミドの丘 ヘラクレス主砲着弾点 近郊にあったのだ。

「貿易で悪どく儲けた一族」→ガラン家、デスティニーのオベロン社一味。

つまり、タリエシンとアバル一帯は、ガラン家が住んでいた、テイルズオブジアビスのホド島。

ようは、核攻撃にまつわる事件が、あの地脈点ー旧トリエットー火の秘力神殿の答えである。なるほど。

ゴドジンもいずれカムラン同様の運命を辿り、核攻撃で滅び、その跡地にまた神殿が立つ。ああ、シルヴァラントの火の試練は、本来テセアラの雷の神殿近郊だったのか。

ラタトスクの騎士 雷の神殿ー

「鎮めの森の岬の次元の裂け目」「次元境界」

 http://spwiki.net/tob/wikis/262.html
spwiki.net › tob › wikis
地脈(鎮めの森) | TOB/テイルズオブベルセリア 最速攻略wiki)

 

https://w.atwiki.jp › pages
ウェブ検索結果
設定:開門の日 - テイルズオブ用語辞典 - アットウィキ - WIKI
 https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://w.atwiki.jp/talesofdic/pages/9354.amp&ved=2ahUKEwj-1YuNk_HlAhUk-2EKHcLEAzoQFjACegQIBBAB&usg=AOvVaw1_HESn6OR0Ojl9Z00jTVbS&cf=1

即ち、テイルズオブデスティニーの、モンスターの大量発生である。アフターホロコースト

災厄の始まりの説明、以上。」

 

 

 

分析

テイルズオブエクシリア2(キタル族ユルゲンス周辺)

カーメスエピソード(ラジアータストーリーズ ダークエルフ族長の死)

テイルズオブグレイセス

(領有国による、対外同盟先による占領→

占領軍追放及び、占領国手引きの反乱容疑者の検挙)

テイルズオブエクシリア 新領主ドロッセル(シェリア)の就任?ガンダラ要塞事件

テイルズオブゼスティリア(瞳石)(穢れた、マーヤ同類のエピソード)

テイルズオブデスティニー 北国の反乱

テイルズオブジアビス 前日譚 ホド島の顛末」

「根は同じ、ND2019 テイルズオブファンタジアラジアータストーリーズ

ゲームのRPGと異なり、膠着状態が破れなかったため、新型主砲を用いて、核攻撃を行う。民間人や自国の傭兵の犠牲は、戦争の早期終結のために厭わなかった。

ND2020「要塞の町はうずたかく死体が積まれ
死臭と疫病に包まれる
ここで発生する病は新たな毒を生み
人々はことごとく死に至るだろう」

結論。

「カムランはヴァンガードのような現地過激派が、分離・独立のために戦争状態に突入させたため。敵軍から、地域単位の大規模砲撃=核攻撃を受けることになり、砲弾の毒素は射手の予想を超えて、不必要に公害病を拡大させた。」

 

前記事

「テイルズシリーズと原発「プリシス→預言者ユリア・ジュエにとっての歴史分岐点」 二稿目の1」

ポイント

「重要
→資源産出国であるユニオンは、表向きは開発者精神と自己責任、自立心を尊ぶようで。裏では幹部である五大ギルドの党首及び分裂地下組織が、対立関係の帝国各勢力諸派閥と、流通・外注・金融・資源採集利権を通して癒着している。
・つまり、ラジアータストーリーズの盗賊ギルド対戦士ギルド間抗争が第三者(王国騎士団+僧侶ギルド悪徳高官派閥)に仕組まれた事件(姫誘拐事件)が、他に何件も起きている状況だった。
(テイルズオブヴェスペリアでは、帝国側のメインヒロイン エステルが優遇されているためもあるが。)
→その背景による調略対策も含め、ユニオン当主はユニオン諸勢力の再買収・求心力回復による一致団結を図る必要がある。
→ユニオン諸勢力の溝を作る原因の一位である、生計面での経済力格差問題にユニオン当主は取り組むべき。故に、ユニオン盟主=アルトスク総帥は、ギルド・ド・マルシェ党首と共に。
国庫放出による公共事業雇用創出等で、ユニオンの民の人気取りを図る必要がある。」

「そうでなければ、ゼスティリアのフォートンのように、異常事態―戦時下の国家統制が代替案」

参照

「最後の皇帝の玉座を血で染めて」→
敗戦国滅亡を指すものと見なされるが、あくまで国家元首の死を指すものではなく。
「宗教勢力が支持基盤を強化することを示す」ものと推測される。
「最後の皇帝の玉座」→王家や国家要人の墓所であり神殿。
「血で染めて」→赤い、葡萄酒による大々的な催事。
テイルズオブゼスティリアでフォートン枢機卿がしていたように、国家の非常事態→大規模災害下において。現世救済を求める民衆が、宗教の下で一致団結する。
その事を示唆するものと見られる。
神頼みしか手段が無さそうな事態を解決したからこそ、テイルズオブデスティニーのアタモニ教団や、テイルズオブシンフォニアのマーテル教会は根強い支持基盤を獲得したのだろう。 
ある意味、スターオーシャン4のタミエル、アスモデウス信仰に近い。カルト教団かは知らないが。


恐らくは、非常事態に際して。被災地の当代皇帝や国家有力者達自らが、直々に祈祷を要請したと見られる。
実際には信心深くは無い権力者もいただろうが、宗教勢力が信者に対する公共福利を掲げ、社会福祉インフラ機能を有していたのも事実。孤児院の運営や教会学校、医療品や生活必需品の配布も担っただろう。
例え宗教勢力が非常事態解決を主導しようと。プロジェクトの筆頭出資者として国庫を開けることは、災厄による経済難に悩む民衆に対する、公共事業雇用創出に直結したものと見られる。
→災厄終息後は、教会の酒や栄養剤など医薬品物流業。
及び教会領の農地運営や、
街道整備、
大陸地図やガイドブック出版(シンフォニアの再生の書やスピリチュア書、天遺見聞録)による印刷業や旅業を、教会の副収入兼運営資金としたものと見られる。

 

重要
→資源産出国であるユニオンは、表向きは開発者精神と自己責任、自立心を尊ぶようで。裏では幹部である五大ギルドの党首及び分裂地下組織が、対立関係の帝国各勢力諸派閥と、流通・外注・金融・資源採集利権を通して癒着している。
・つまり、ラジアータストーリーズの盗賊ギルド対戦士ギルド間抗争が第三者(王国騎士団+僧侶ギルド悪徳高官派閥)に仕組まれた事件(姫誘拐事件)が、他に何件も起きている状況だった。
(テイルズオブヴェスペリアでは、帝国側のメインヒロイン エステルが優遇されているためもあるが。)
→その背景による調略対策も含め、ユニオン当主はユニオン諸勢力の再買収・求心力回復による一致団結を図る必要がある。
→ユニオン諸勢力の溝を作る原因の一位である、生計面での経済力格差問題にユニオン当主は取り組むべき。故に、ユニオン盟主=アルトスク総帥は、ギルド・ド・マルシェ党首と共に。
国庫放出による公共事業雇用創出等で、ユニオンの民の人気取りを図る必要がある。
→そう言う背景もあり、ギルド・ド・マルシェに下部組織・宗教勢力を傀儡公社として運営させ。アルトスクが共同事業者として協力することで、両者がユニオンの票を集められる。
→ユニオンの党首達も、テイルズオブゼスティリアの、導師に群がる為政者達と同じ発想をすればいい。それでユニオンの一致団結、と言う実益が図れる。
「人身掌握・民衆煽動」の意図で、導師に群がった連中は、マーテル教会創設時から同類がいたのだろう。

 


ここら辺は、シャイロやメルクリウスの宰相、スレイやダレイオス三世が災厄対策に意欲的に取り組んだことと同じである。シャイロやスレイ並に信心深いものは少ない筈だが。


「一人の男の手によってキムラスカに持ち込まれるだろう」

チーグルのミュウが、見るからに女性なのに「男です」と言っている辺り。「男」ではなく「人間」「成人」のことを指す単語。

他のメンバーが未成年やハーフエルフや女性のパーティーで。一人だけ人間の成人男性だった、もしくは代表者がそうで、他の仲間の罪を被る必要があった。
そうも読み取れる。

 

前記事
テイルズシリーズと原発 四稿目 ヴァルキリーアナトミアと密輸闇マーケットギルド 2019.11.14 実は生前から、社会の闇を通じて縁があるエインフェリア達。」
「整理。
[赤精鉱→異形の宝珠→代金][原材料原産地→最終加工品工場→試験場→輸送ルート→寄港地・密輸先マーケット(消費地?) ]
赤精鉱
原材料原産地・第一次産業[ハイランド管理下旧カムラン]
=ユニオン カルボグラム+テムザ山
=×トイズバレー鉱山?→ハイマかイセリア
=キタル族居住地
「カーメス
原住民 ヴィクトリエ
(アルベール)
グレイセス設定より、アネリアン、アルトフェイル
ブルネリア マルヴァイナの王家
(グラディス グレイセス アンマルチア族→霊山が立ち入り禁止な理由、地下資源ナショナリズム→定めたのは、カーメスの王と同じ理由。
ヴェスペリアのドンやバルボスのように、戦争意思を疑われるため→外交事情)

+
不動産・地下資源利権に関与するために起きる、遺産相続争い(グレイセスやレザレノカンパニー)
「アンドヴァリ
ベデリアとマーヤ(スターオーシャンテイルズオブグレイセス)
グレイセス設定より、アネリアン、アルトフェイル
ブルネリア マルヴァイナの王家
 
イリサ(その初めの友である王と、王の子孫である二人目の友。彼らが嵌められた原因が資源利権)
クルト(作中でガセ情報で危険な目に遭ってばかりいるのは、実際は別な親族がバイキング組織へ依頼をしたから。本人が知らない遺産取り分事情で、バイキング内の事故死で処理しろ、と依頼が来ているから。実際はハーフブリードで、ノルンの友であるゼフィロスの血筋、その筈。因みに、母親の関わった事件により、本来は楓のように憑き物を宿している筈だった。母が憑き物を持ったまま死去。)
サイラ
アルベール(叔父に狙われる理由)
リウ(形見の首飾りは、実際はクアドラッドキー相当。ティア、エステル→セナやルチアが務めるべきシナリオ。つまり、リウが渡された相手も正規相続人ではなかった。
ただし、本人もレニーとサイラ関連の、資産家関係者である)
ペッポ(別な世界のラウリィの遺児。実際の父親の死因は、海外出征中の熱病→従軍中の病死による殉職。敵軍の有名人はエルフ族だったが。強欲者が遺産問題で相続権を剥奪するために、アネリアン達同様、父殺しの汚名を着せられた。出自・種族差別の被害者でもある)
クロエ(の妹)(イングリッド)(別な物語での地方王アルトフェイルの王妃であるため)
冥華のセナ(ダリネのシュヴァリエ家→アメリアの息子の嫁)(殉職した国家英雄、その息子の嫁。探検事業利権や遺産利権を継いだ、英雄二世と恋人関係、一児以上を出産)
縛鎖のエーリス(セレスとティア)(本来は高名な国家要人の血筋で、資産家の遺産相続人だが、不遇に甘んじる。
理由→地方の王子→御曹司である父に隠れて、身内や家臣団が別な犯罪ギルドと癒着しており、公害や不祥事を邪魔物のせいにしたから。その邪魔物がエーリスの母。
社会的弱者―シンデレラである母が入国・成り上がる以前から、別な犯罪ギルドと癒着しており。遺産取り分や外交路線問題で母娘仲良く罠に嵌め、社会的に抹殺。
母は国政腐敗の餌食となり、娘であるエーリスは父親が不明となる。
以後養女に出され、実の両親が手放した理由に悩み→自分の価値に不安を抱え、他者からの評価に依存し続ける。実際は犯罪被害者孤児だった。)


採取人 海賊ギルドヴァイキング(

採取人 海賊ギルドヴァイキング(ヴェスペリアのギルド社会の側面)
「アンドヴァリ
派遣としてのヴァルヴァロ
派遣としてのマーヤ
クルト
組織の別部署 鷹の目のベデリア(ベルポップ)
カチナ(暗殺以外の任務)(テイルズオブジアビスのユリア・ジュエ?ネビリムの血筋、別な世界のユメル)
ネリャ(暗殺以外の任務)(テイルズオブエクシリア2 エル 別な世界のメルディナ=晦冥のメルディナの母)
下請けとしてのヴィクトリエ
アルフィオ
(盗賊ギルド版 アリューゼ→若き日のメーヴィン、ドン・ホワイトホース) 
(ラジアータストーリーズ準拠 戦士ギルド所属のカラドック)


異形の宝珠を
最終加工品工場 第三次産業[ローグレス ラストンベル]
=帝国 アスピオ
=サイバック
=トリグラフ 総合開発棟研究室
「マーヤ
貞光
ランヴァルド
ダリネ
マージ
レニー
フロスティー
アルフィオ


製品自体
「カチナ
アリス
ネリャ
クラウシュ
ダリネ
ランヴァルド
レーヴァンティンのレザード・ヴァレス


試験場 ラストンベル
=ハルル
=オゼット?
=サマンガン樹海
=レイアエピソード 綺麗なアグリア、現場
=会談場襲撃
レベッカ
ペッポ
イングリッド
ルチア
(ルチア本人+バイキングの拡声器(使用者の命と引き換えの兵器→マーヤ))」

漏出兵器ユーザー(医療目的も)
=ルナール
「バルゴ
エル
アメリア?
イリサ?


輸送ルート [ラストンベル→ヴァーグラン森林→グレイブガント盆地→フォルクエン丘陵→マーリンド]フォルクエン丘陵にて、元敗残兵狩り達襲撃=[イズチ?]
=ケーブモック大森林 [×カプワ・ノールか×ノードポリカ]
=イズールド(フラノールと対)
=サマンガン樹海
「セナ(復讐を仕向けられた理由)
ルチア
バルゴ(闇医者にしている錬金術師の弱味
アルトフェイル(エピソード中の、薬屋が帳簿を見せられない理由))
ベデリア(息子を代理人に仕立てて行っていた、闇稼業)」

寄港地・密輸先マーケット(消費地?) マーリンド または塔の街ローグリン?
=カプワ・トリム
=パルマコスタ
=マクスバード、クラックの事件
「アルフィオ(産業廃棄物処理場無断立ち入り)
ランヴァルド(大量の血液が必要で、村一つ使い潰した)
金色の聖装レニー(回想 畑に撒かれていた肥料が、落雷により化学反応、火薬と化しての暴発。それを、発見者が誤認した冤罪事件)
セナ(回想 網元だった父が死んだ、麻薬原液漏洩事件)(血の粛清真相)
楓(大陸から渡ってきた大妖、空弧も公害被害でああなっていた→ガットゥーゾ→グシオスとクロームドラゴン)
クロエ(被害者はクロエの妹 討伐して鱗を採取したドラゴンが、生物実験による生体兵器だったせいで、キメラ化していった)
ネリャ(逃亡したネリャが外国で出した被害)
アリス(錬金術師が無断窃盗したせいで出た、殉職した兵士と国民被害)」
「後天的生体兵器
イングリッド(本人は忘れているが、何かしらの生物実験を被験)
縛鎖のエーリス(セレスとティア)(本来は高名な国家要人の血筋で、資産家の遺産相続人だが、不遇に甘んじる。
理由→身内や家臣団が、御曹司である父とのロマンス以前=
社会的弱者―シンデレラである母が入国・成り上がる以前から、別な犯罪ギルドと癒着しており。遺産取り分や外交路線問題で母娘仲良く罠に嵌め、社会的に抹殺。
母は国政腐敗の餌食となり、娘であるエーリスは養女に出され、自分の価値に不安を抱え他者からの評価に依存し続ける。)
ウィルフレドと女神の羽
冥華のセナ
冥魔のアルフィオ


広義には公害が原因である、悪天候と食料危機について
「マクシミリアン
メルクリウス
クロエ
那智

 」

ND2020

「要塞の町はうずたかく死体が積まれ
死臭と疫病に包まれる
ここで発生する病は新たな毒を生み
人々はことごとく死に至るだろう
これこそがマルクトの最後なり
以後数十年に渡り
栄光に包まれるキムラスカであるが
マルクトの病は勢いを増し


やがて、一人の男によって
国内に持ち込まれるであろう