2019.09.05民間人誤爆→ニーアレプリカントとサモンナイト→広域武装集団と誤認しての民間人誤射→軍(傭兵)が、敵犯罪結社哨戒中に、情報に無い民間人を考慮せず、ターゲットと誤認して攻撃→ニーアレプリカントでは境界を傭兵に侵犯された、被害者部族国家は全滅。サモンナイトでは、ある時は被害者が伐剣者境界種だった。故に、犯人掃討後も立ち上がる彼女を強敵と判断し、爆撃。それでも生きていたが捕獲の後、自らが盗品の魔石暴発で、町中で大事故を起こした、とパッフェルの催眠によ り記憶捏造。ある時は、被害者人質を、軍人で


2019.09.05
→広域武装集団と誤認しての民間人誤射→軍(傭兵)が、敵犯罪結社哨戒中に、情報に無い民間人を考慮せず、ターゲットと誤認して攻撃
ニーアレプリカントでは、境界を傭兵に侵犯された、被害者部族国家は全滅→魔王城の猪グース。

サモンナイトでは、ある時は被害者が伐剣者境界種だった。故に、犯人掃討後も立ち上がる彼女を強敵と判断し、爆撃。
それでも被害者は生きていたが捕獲。捕獲の後、自らが盗品の魔石暴発で、町中で大事故を起こした、とパッフェルの催眠により記憶捏造。軍による民間人誤爆の責任を、被害者本人に押し着せて、→自殺未遂自己だった、と捏造した。イスラの過去。


ある時は、被害者人質を、軍人である先生が、身を挺して庇い被害を抑えた。 
→軍属だった先生は、人質を認識せず攻撃した軍が、ミスを含む事情を隠蔽し、自分を英雄と称えた甘えに悩む。

[1ローカス。
イムランの、[逃げ遅れた民間人がいたことに気づかない]、工場を焼いて破壊する作戦→暴動鎮圧。]

3と似たようなことがあった千年以上後、テコ→パッフェルは、自らの師が、何に悩んでいたのかを、身を以て知る。