はてなブログ 炎の英雄ノルデン → ・ハルモニアに編入された、グラスランド地方出身の、ハルモニア側の偽英雄 ・出自故に出世の道は無く、悪徳領主と悪徳御用商人を後ろ楯に。横領と裏帳簿不正、保険金詐欺の援助を行う。2019.08.09


---------- Forwarded message ---------
From: 十日幸菜 <9071009@gmail.com>
Date: 2019年8月9日(金) 15:39
Subject: はてなブログ 炎の英雄ノルデン → ・ハルモニア編入された、グラスランド地方出身の、ハルモニア側の偽英雄 ・出自故に出世の道は無く、悪徳領主と悪徳御用商人を後ろ楯に。横領と裏帳簿不正、保険金詐欺の援助を行う。2019.08.09
To: はてなブログ投稿メール <@b.hatena.ne.jp>


炎の英雄ノルデン
ハルモニア編入された、グラスランド地方出身の、ハルモニア側の偽英雄
・出自故に出世の道は無く、悪徳領主と悪徳御用商人を後ろ楯に。横領と裏帳簿不正、保険金詐欺の援助を行う。
現状への諦めから、合法的な立身栄達は捨て、腐敗の一端を担う。
幻想水滸伝2外伝の偽炎の英雄は、しかし彼自身のうつし身なのだ。本来は、身を崩した治安の担い手。
・剣でも高位紋章術でもなく。紋章術と火薬術の合体である技を用いる。
発明家職に本来は近い。
使用紋章は、
・火の紋章
・雷の紋章(透明な着火手段ー電磁波式)
・風の紋章(火薬運搬、敷設時の悪天候への備え、湿り気払い用)
・何より肝心なことは、真の炎の紋章がどうかはともかく。始まりのヒューゴである彼の炎擊は対紋章術では防げない。
偽物については、沈黙の紋章や守りの天蓋が防御手段とされたが、火薬には対応していない。
グラスランドは火薬未発達だからこその誤認ではあろうが、高位紋章師の討伐隊さえ凌ぐ炎は、真の紋章所有者と間違われても仕方ないだろう。
・和平の証に首を差し出した説がある。オボロ達は悲惨な煽りかたをしていたが、ロードレイクの日干しを最も受けるべきは、彼だったのだから。少し考えさせて、とは死ぬ前の挨拶のため。

特記
結局は、彼は私掠海賊であり、彼によるグラスランドへの思いは、砂漠のロレンスのように、異国人の友としてのものに過ぎなかった。
彼は、最後までハルモニアを祖国としていたのだろう。
幻想水滸伝2のゲンカクも,その気配がある。