はてなブログ 脱獄トライアルの歪みみとりの疑問への答え。 電子に特化したセキュリティが敷かれていたのは、自動化による人件費カット→看守の雇用削減の流れを、 →セキュリティが破られたことで、やっぱり生身の看守が必要、だと止めるためでもあった。 収監者の人権保護のためにも適切である。 人面犬ロボの発想を見るに、所長自身は実際は分かっていただろうが、企業の経営陣は別なため、その対抗派閥の発想だろう。

はてなブログ みとりの疑問への答え。
電子に特化したセキュリティが敷かれていたのは、自動化による人件費カット→看守の雇用削減の流れを、
→セキュリティが破られたことで、やっぱり生身の看守が必要、だと止めるためでもあった。

収監者の人権保護のためにも適切である。
人面犬ロボの発想を見るに、所長自身は実際は分かっていただろうが、企業の経営陣は別なため、その対抗派閥の発想だろう。

しかし、警備主任が内部犯になる流れとは逆行しているため、彼女達一味はコミック次巻以降を読まなければ、動機が分からない。