Haiirooukeのはてなブログ ラジアータストーリーズ 実は抜き打ち試験官説の人質誘拐犯2019、06、29

はてなブログ ラジアータストーリーズ 実は抜き打ち試験官説の人質誘拐犯2019、06、29
 
八百長試験官合戦]→テイルズオブエクシリア2のアルヴィンエピソード1は大事だった。
 
ラジアータストーリーズの特徴的システム蹴りバトル。ゴンドノビッチの強さを考えると、始めのドワドノビッチが弱いと考えるのもどうかと思う。
最低でもゴブリントリオより強い、かはともかく。せめて一人に人質にされる前に逃げられるくらいは、強いはず。
 
ドワーフにとっては、ローズコションとの初任務だった。実力を計るために、審査をしていてもおかしくない。
 
警護対象を人質にされたときに、適切な対応をとれるか。それを見ていたのだろう。
 
それを軸に考えると、アルヴィンエピソード1はかなり重要。
何故抜けたゴブリンがこんな日に限って来たのかも含め作為を疑うべきだった。試験官依頼をドワドノビッチがしたから。そう見るべき。
 
 
アーノルド護衛依頼やパップ誘拐もその延長だろう。
 
そう考えると、誘拐犯とグルだった筈のパップが、本当に死んだか怪しい。まあ、魂継のせいで死ぬかもしれないが。
 
ブラッドオーク?にしても抜き打ち試験官中に、本気の相手に殺されるのは意外だろう。シャトとトールビースト着ぐるみか。
 
何れにせよ、あの時テストされていたのはミカエルとハイアンで、それはパップに不合格判定された。そうなる筈だ。
 
ノゲイラの死に繋がるかは不明だが。ダークエルフの被採点者に感情移入しているから、ナツメは「不味い。不味すぎる」と言ったのかも。
 
そりゃ抜き打ち試験中に部外者に助けを求めて、被採点者が倒れたまま試験官を倒せば、不合格判定になるわ。
ナツメが不味いと言ったのは部外者のノゲイラとリドリー参加ではなく。請け負ったブラッドオーク?を死傷?させてしまったことでもなく。
 
ダークエルフが、ライトエルフの試験に落第してしまったことだろう。そこまで悪いかは知らないが、収益に関わったのだろう。フーも、「ダークエルフはともかく、人間とゴブリンは」と言う見識だった。
 
まさか、ノゲイラは抜き打ち試験官と見抜けず。結果的には事故と誤解でブラッドオーク?を殺したけじめに、命には命で償った、訳ではないだろう。
まさか、水竜退治の一件まで、突然水竜が現れたのまで八百長、ということはないだろう。
 
 
それにしても、ラタトスクの騎士の血の粛清など被害者は、試験を抜き打ちでされて重症を負わされた、ということではないか。
いや、試験にしてもよく分からないが。それに、あの配役のロイドがそんなことをする理由が分からないから、上からの命だろう。上がどう言って騙しているかは分からないが、本音は、反乱同盟者としての能力テストだろう。
しかし、現地の同盟者の筈のヴァンガードが無視するから、ただ辻斬りを重ねただけになっている、か?
 
多分、ブラッドオークイベントはライトエルフ警護対象一人を、ダークエルフと、親交がある人間騎士団でブラッドオーク?から護衛する仕様なのだろうと推理する。しかし、試験対象であるクロスが傍観を決め込んだために、基本設計が破綻してしまい、ダークエルフ受験者だけでは無理ゲーになってしまった。そう言うことでないか。
門番のミカエルのレベルならば対ブラッドオーク?でも追い払えるだろうが、人質の対処と併せては無理だった、ということか。ミカエルがレベル27で、ハイアンがレベル16。レベル16でブラッドオーク?に勝てない?ブラッドオークは雑魚でもレベル30近くだけど。
 
やっぱり、パーティーは個々のレベルよりも、頭数や前衛後衛のバランスが大事だということか?
 
 
スターオーシャン2冒頭を真似ようとしても、普通の軍人は女の子でもない異種族を相手に、わざわざ助けない。