解明はてなブログhaiiroouke ラジアータストーリーズ [続・虐げられしハーフエルフの歴史]と併せて振り替える水竜退治とヴァルキリープロファイル。 [吐き気がするような邪悪とは、無知なるものを利用すること]2019、06、28

解明はてなブログhaiiroouke [吐き気がするような邪悪とは、無知なるものを利用すること]ラジアータストーリーズ [続・虐げられしハーフエルフの歴史]と併せて振り替える水竜退治とヴァルキリープロファイル。2019、06、28
 
 
[ゴブリン墓場の秘宝]
[幻の逸品]
[ゴンドノビッチの穴]
スターオーシャン2 炭鉱の魔物竜
・[奇跡の石]
アルガンダース病とエイミエピソード。
 
 
ようは、請負人は騙されて悪事の片棒を担がされたのだ。
ある日、[炭鉱に魔物が住み着いて、資源がとれなくなったので退治してくれ]と頼まれていくと、アルガンダース病にかかったジュゴンがいた。
戦いの途中で気絶。
後になってジュゴンと話すと、別人が[ゴブリン墓場の秘宝]を受けて自分の物を盗んだ。それを追っただけだが、盗人が逃げ込んだ廃坑で落盤に遇い閉じ込められた。と言われる。しかしもっと話を聞くと、自分がジュゴンのご近所さんに請けた[幻の逸品]で配達した荷物がそれだと分かる。
 
ジュゴンは盗難にあったのではなく、部下に横領・横流しをされていたのだ。
 
[何れにせよ、落盤が陽動を仕掛けた者の、兵糧攻め・人為的な罠だと読んだので。請負人にやられたことにして、別人に変装して死んだふりのまま逃げてきた。
寝込みを襲い聞き出す、夜襲をかけるため様子を見ていたが、お前は知らなかったようだ。]
[今話しているのは、お前の事情を聴いて、確かめるため。お前も不運な被害者だったのだな。寧ろ、私の不甲斐なさゆえに、部下を腐らせたから起きた事件だった]
スターオーシャン2の魔物竜が、アシュトンにやられたのはおかしいと思っていた。
[食糧難だったから、依り代を選定していた。]その程度だった。
請負人はペッポエピソードへ。竜からすれば、請負人は憑き物扱いだ。
 
ラジアータストーリーズプロローグの映像で、両者の息が白くなっていた。カラドックエピソードと合わせると、特殊環境で消耗したところをついたからこそ、勝てた。そんなところか。
多分、ライトエルフ氷魔術使いを集めて弱らせたのだろう。
 
ラジアータストーリーズの額面通りならば、アキレス(エルヴィス)対ミランダ、ジャックの父対エルウェン、クラトス対本気ウンディーネが見たいと思う。
 
それにしても、ヴァルキリーアナトミアのアネリアン、ペッポ、カラドック、鷹の目のベデリアを見ていると
水竜退治はラジアータストーリーズのイメージのように、決してジークフリートのファーヴァニル退治のようなヒロイックサーガではなく。
楓エピソード空狐戦のように、強敵水竜なりに知能があって、
必要に迫られた果ての作戦の一環で、ケアンに負けて見せた。そう感じる。
 
テイルズオブゼスティリアが、テイルズオブシンフォニアの対の幻覚だとすると。カムランのシナリオは大事。
 
それを踏まえても、水竜はトロイの木馬をやるための陽動で、死んだふりのまま捕まって見せたのでないか。賞金稼ぎの群れが大量に来るならば、誰かが退治したことにして後続を断ち、自分は変身して、賞金稼ぎを魅了魔術で操って相方生活を送ればいい。
鷹の目のベデリアエピソードの時は、賞金稼ぎの代わりに拾い子を使った。
 
そう考えると、ミランダ、コンラッド、アデルの親子関係も理解できる。
ただし、水竜は深手過ぎたために若返る必要が出た。魅了を使って操った請負人ケアン・ラッセルの実子の一人に化けて、戸籍を得て、安全を得た。
 
それがスターオーシャン2のギョロとウルルンの運命。