究明 シェリア→エルシフルの波乱の失敗劇。テイルズオブグレイセス・ゼスティリア・エクシリア2 2019*06*09


離間計の物語、時の大精霊目線。

ヴォイド→ザーフィアス アレクセイ派

ブラッドオーク→バルボス派
魔導砲とクヴァル、ロディル。
アルガンダース王の石碑の対極にして、ソディアが厭うもの。

キュモールがしていたことは的を射ていた。
酒場娘を考えるに、ルシオンは妖精側オーク出身。
すごーく操正しかった。両方から口説かれたため、その情報を元にエルシフルプレイを展開。
両盗賊ギルドが漁夫の利を狙い、しかも軍部が全軍の正面衝突を選んだ。エクシリア+ヴェスペリアとなり、火事場泥棒にラントをカムランにされる。

妖精編のルシオンとジャックは対極。
そしてミカエル台頭。
ジーニアスが言うように歪んだ世界であるのは、宝くじ屋のおばさんのアルガンダース病が示す。そう思う。本当はテイルズオブグレイセスやコリアンドル村並に貧しいのに。ゴブリン同様現実を見てないのでないか。

いずれにせよ、ラジアータストーリーズラタトスクの騎士同様に、ミトスが主人公のはずの物語。
カーラーン大戦のif、と言うことでは。
しかし、ジャックが和平調停を試みず。結局第三勢力が延びる機会になっただけ。
と言うよりも、配役的に、このシナリオのデザイアンの長はジャックになるのでは。




別記事
シェリアの波乱の失敗劇。

実力で成り上がり出仕。
エネルギー資源紛争解決のため、基礎研究ちゃくしゅ
幼馴染みアスベルと失恋。クーデターグループ三人の一人、ブルートと、
エネルギー資源合同プロジェクトを対立派軍部にボールを取られる。
現場を、軍部主導時に事故られる。
責任を母娘で押しつけられる。
前々から、軍部内若手将校達不穏なグループ抗争あり。
軍部内で横流し、無断で兵器使用
エンテレケイア主戦派が飢餓で人魔戦争 グラヴィス、クリスティ、マージ
単体でルシオン並みに獅子奮迅に活躍。停戦に持ち込み、被害を数分の一かに押さえる
軍事功績を、評議会派に対立していた新興軍部に取られ、赤字隠しなどを押しつけられる。
大戦中に大怪我、昏睡
エネルギー事情の悪さから、マーテルとユアンと大いなる実り、のように。見殺しを為政者達が決定
私費で医療を続けるも回復せず
幼馴染みもまた不法な手段までしたが、何も為せず、種族と国を秤にかけて、国を取ってまてま尽くした国に恩を仇で返された、報われぬ臨死。
マーテルにされた、独占した悪女、とは親子二代のもの。クロアセラフ達の「大罪人」「償わせる」とは世論。
ゼスティリアの核であるスレイ目線で、貴族の名を使って横領した腐れ詐欺師フォートン→モルディオ。
3代目エステルまでプレイ。
人妻であっても、幼馴染みは親友であり、戦友だった。共に戦場をかけたかは不明だが、最終的には「種族が違う」「星食み化と言う、不治の難病にかかった」と認識し、テイルズオブリバースのクレアやテイルズオブシンフォニアコレットのように、治療クエストがとられた。
その材料リストにあれば、ヴェスペリアの皇帝の証すら幼馴染みは盗みだし、混乱を看過した。(結局は治らなかった後に、更に騒動がありデュークのもとに)(あるいは、デュークもまた別な大切な人を、星食み化で失っていたか。
アリシアのような人。ifならばコレットを失ったロイドなど)
本当は救いはなかった。テイルズオブゼスティリアのフォートン枢機卿がひょう魔化したのは、独善よりも、生存本能から。
事故と大戦中の怪我は重症で、サイボーグ化で騙し騙しやって来たが、最後はザキのように過剰エアルが回りきる。
そして、臨死状態で生き延びるために、緩慢に星食み化が起きたために回復し生きてきた。
それを治せば、命を喪い、エアルの流れに帰った
それでも。エルシフルはマーヤであり楓の空狐。誇り高く意思が強く、公正に成長した彼女は、「人で死なせて」と。命より誇りと自分、何より尽くしてきた世界の未来を大事にしていた。
事故で臨死状態となった娘に星食みーアンデッド化の兆候があったので、拘束した培養槽の中で安楽死させた、筈。
エルシフル自身のトラウマとなる。「小さな鬼。鬼だって生きたかった、産まれてきてありがとうっていって欲しかったはずだから」
為政者としては決然とした判断だが、実際は果断だった決断者の一生の重荷となる「親が子の生命維持装置のスイッチを切り、手にかけるとは合理的な理由があっても」
しかも、国情的に、事故を起こした研究は国内治安安定、軍事利用封印のための管理一本化のため凍結。最前線で犠牲となった娘は、糧にもならなかった。「報われない死」
エルシフル自身が皇帝の証のことすら教えて、死の準備を幼馴染みにさせたのかもしれない。
エルシフルは、本当は報われぬ死でなく、報う人もいて子孫も守れた死だった。エルシフルの核は、皇帝の証で浄化され消えたのだろう。
つまり末期に、星食みやドラゴンになる前にと。副長アイゼンの判断でー幼馴染みに慮られて、とどめを刺される。

その後、幼馴染みは廃人に近くなる。白昼夢を見たままサイボーグとして利用される。ルドガーのことだ。
本当は、ローエン同様に、とっくに愛した人は人妻になっていた。
更に言えば、変わってしまった幼馴染みが人格変わって、マルシア首相と同じと認識したくない。

死後。
→その幼馴染みも。彼女の死後にはい人になったあと。ルシオエピソードのように混乱→ブラックホープ号のテロ→ペリューン号事件に巻き込まれる。
エルシフルから受けたエアルの毒は皇帝の証で治せていたが、ブラックホープ号事件ではダメだった。乗客を救おうとしても殆ど救えず。
死者を赤い花の悲願の洞窟に葬り墓碑を立てた。
そこで、致死量を越えるエアルが緩慢に回っていき死去。
終わった筈の幼馴染みのコアをアレクセイが回収。レイヴンの代替医療人工心臓素材→器の依り代の核にされ、ソーディアン扱いで。二人の死者を一人に、蘇らせられこき使われる。
幼馴染みにとって、素材のまま生き永らえる悲惨な状況は。エアルの流れに帰さなければ→幼馴染みに訪れた地獄の肩代わりだった。