エルシフル秘話。 クロームが「人間がエルシフルを殺した」と言ったのはデュークの婉曲。 星食みになりかけたエンテレケイアは、他のエンテレケイア自らの手で自我を失う前に手にかける、それがエンテレケイア共通の悲しいルール   2019*06*09



エルシフル秘話。
ロームが「人間がエルシフルを殺した」と言ったのはデュークの婉曲。
実際は、人間でもエルシフルに尽くす奴が居て、しかし治療の甲斐空しく末期症状になったため、本人の功績を守るために、尊厳死させた。
星食みになりかけたエンテレケイアは、他のエンテレケイア自らの手で自我を失う前に手にかける、それがエンテレケイア共通の悲しいルール
デュークはクロームに。エルシフルと、エルシフルの上の娘のように。同族を敵に回して、無茶な使命で同じ運命を辿って欲しくなかったんだ。

テイルズオブゼスティリアのスレイも、一人で背負い込むようになった背景は、天族に頼りすぎる自らの非力に悩んでだろう。ツケを背負わせて衰弱死に追い込んでしまった、自責か。
分史世界ガイアスが契約者、カーラが契約天族だったのだろう。故に、ガイアスの契約天族の次の候補足るウィンガルまで、同じ運命とツケを背負わせたくなく。非力な自分の巻き添えにしないよう、国を託した。
配役は、ガイアスがスレイ、ウィンガルがミクリオ、カーラがこっちのエドナ母、か?ライラは誰だったんだろう。



結論。エルシフルに関して言えば、裏切りで無く尊厳死
ラジアータストーリーズでもそうだが、エンテレケイア主戦派とのエンテレケイアの頭数で圧倒的不利な中でエルシフル他少数で大戦をやるのは無謀。
ラジアータストーリーズのように各個撃破させてくれるーみんな一騎打ちさせてくる保障は無い。

しかも、数体を倒したところでエアル中毒末期症状→星食み化・タイムファクター化が不可逆となる。

仮に妖精各種に、人間も加えて一頭竜を持っていたとして。どこかが征服を始めれば、どうなるかは普通は自明の理。それで軍事的均衡が保たれ、種族間大戦は回避されていた。

その無理を通したのだから、大戦末期のエルシフルは星食み化目前だった。

そのことを踏まえれば。放って星食み化させるよりは、種族を隠して同族よりも国家を取って。エルシフルが生きた証である人類の国家と文明を遺し、守るために。エルシフル本人のために星食み化前に尊厳死させるのが、エルシフル本人のためのバッドエンド回避だっただろう。

無論、エルシフルから受けた恩からすれば、到底報いられたと言えない。人間は自分達の過信のツケをエルシフルに背負わせただけ。(クロノスがオリジンと人間を称した言葉が、エルシフルとザーフィアスに当て嵌まる)。

それにしても、妖精編のジャックはデューク役で。ルシオンがエルシフル役だった。
ジャック→このデュークにいたのは、エルシフルでなかったと言うことだが。
実の血縁に言うのもなんだが、同じギルド→義理の姉→家族のためだった。

ルシオンもラークス同様に、人類を守るためには国家と文明、エネルギー源を守ることが不可欠と考えていた。
故に、ヴェスペリアでデュークが「エルシフルに報いる」と言っているのは、その生き様や意思を歪めている。

結局互いの道は別々だった。


エルシフルはミントのようにたおやかなタイプで無く。為政者としてはワンマンだし角を立てるし、保守派だから新参に責任追及した印象強いし、毅然としてて講和を考えるイメージが無い、主戦派に見えたし。権力を振るう保守派故実験についても責任割合のトップに見えた。

それでも、エルシフルにツケを背負わせすぎて見えたから、謹慎の名目で療養を願ったのだろう。

追記
王族側、エルシフル訴追内容リスト。
・評議会責任者としての、国家研究所一部グループによる犯罪ギルド・武器商会への開発兵器横流し収賄(ヴェスペリアゼスティリア)
横流しした兵器を使用した、第三国や国内内戦を企画した黒幕嫌疑、その自国要人被害
・国命を受けての新規実験とは言え、莫大な予算を費やしてなお、未完成の域を出ない、実験成果。初めから詐欺だったのではと言う声。
・新規実験における被害者への、独断での治療と医療研究。及びそちらへの人員、エネルギー、予算使用。
(為政者としての国民への示し。エルシフルのみならず、グシオスと親子二代の国家協力で娘を亡くした研究者、ではあった。しかし、治療手段が余りに犠牲を払う非人道的なものであれば、治療凍結、尊厳死裁定が妥当。)
・新規実験事故の結果の、エンテレケイア主戦派達の軍事行動誘発。→第一次?人魔戦争を(枢機卿としてのベタな手のように)国内権力闘争に利用するため工作した、嫌疑。
・国内権力闘争への、新規実験成果の流用、対立派閥軍部メンバーへの使用、副作用を無視した投薬と石化殺害。
・新規実験事故関連の、近隣村落への公害汚染。

・国内外の、盗賊ギルドと戦士ギルドの内戦工作企画。
・及び、他国盗賊ギルドへの情報漏洩と、向こうからの裏切り者発生による、自国軍事情報関連の大損害。
(ラジアータストーリーズ人間編でルシオン自らが為したとされているが。
ガウェイン・ロートシルトや盗賊ギルドチーム・フラウもしたとされている。ガウェイン・ロートシルトはともかく、チーム・フラウはイエガー達扱い。内通者クーデター嫌疑のスケープゴート。)
・自らが癒着した犯罪ギルド一派に対立する勢力や、ギルド内の容疑者を。ディパンやゴーマ教団、デザイアンに輸送して、キメラ・アンデッド・ラジコン等へ改造した嫌疑。
・重税を課し、財産犯でも強制連行し、土木や炭鉱の強制労働させていた嫌疑。

・重要軍事機密漏洩の結果、火竜の奇襲による甚大な被害やギルド・騎士団間全面衝突危機が発生した。また、エレノアやエアデール、アルガンダース病隔離患者シーラ等、グリーンオークの内通者嫌疑も起き、それにまつわる事件も更に起きた。そいつらは血翅蝶スパイだったのか?