途中 ヴァルキリーアナトミア エルエピソード、ペッポエピソードの舞台裏。

ヴァルキリーアナトミア エルエピソード、ペッポエピソードの舞台裏。

ペッポエピソードはヴァルキリープロファイル2の、「悪魔憑き」設定を元にした話。

ただし、ペッポに憑いているのが何か、というところで歪みが出ている。

アネリアンエピソードのままならば、女性だったはず。
しかし、あの台詞はルシオの別バージョン。
大体、ペッポの幼馴染みは二人いたはず。
→ランヴァルドエピソード。

多分、ペッポが認識している幼馴染み「ヌル」とは。シンフォニアジーニアスではなく、ロイドのほう。

ペッポが忘れたい記憶というのは。
ペッポの事情に巻き込まれて幼馴染みが死んだこと、もあるはず。
アネリアンエピソードを見る限り、母親も、だろうが。

エルエピソードで死んだのは、エルではなく、前からの付き合いだった部下二人の方か。

因みに、ダリネエピソードの、始めの依頼者がペッポの立場か。ペッポエピソードの始めの名乗りは、カラドックだろう。冥華のセナで、「カラドックは死んだ」と噂された本人。


アネリアンエピソードで、冤罪で判決を受けたのが、本来のペッポか。