ヴァルキリーアナトミア カラドックにみる世界史の一部 オリ設定

ヴァルキリーアナトミア カラドックにみる世界史の一部 オリ設定
 
「仮定 エルもキプリス出身で、自国の勝利の乙女へ」
 
エルの勝利の乙女就任以前からの部下、若い兵卒→青年期のカラドック。
指揮官であるエルと共に、激戦を駆け抜ける(弱かったから強くなろうとしただけだ)。古参のために若い兵卒にも、部下が出来るが、軍歴の過酷さから、宗教熱や使命感に浮かされたものほど早死にする(同じ目をした、かつて部下だった者達は皆死んだ「テイルズオブジアビスの黒獅子ラルゴから見たオラクル兵、か。」)
→当代の勝利の乙女エルの死去により、→軍を辞職
 
→傭兵を兼ねつつ、隠退生活を送る
 
→戦士としてよくある名前のために、同じ名前の顔見知りと間違えたセナが訪ねてくる。人違いの師弟だった。
 
→セナは、同名のカラドックからある程度剣術を見覚えていた。
しかし、同名のカラドックは剣の才に長けていた訳で無く、指導した訳でも無かったために。セナに合った剣士育成が出来ていなかった。
 
(→剣の指導者としては、今のカラドックの方が的確だった。セナが誰と間違えたかは、バルゴエピソードが伝える。
同一人物のモブならば、バルゴの相方だった若い兵士が今のカラドック。)
 
→セナ、結局は人違いしていた始まりのカラドックのように、大人数の真っ直中に一人で切り込んで戦死。
 
→経緯を知らないままに、セナとの縁で再び剣を握りだしたカラドックは、ブルネリア公国の義勇兵団に参加。
 
義勇兵団の後ろにいたのは、第三国の宗教家煽動者達。最低でもキプリスの敵国では無かったために、カラドックは間違ってはいない。
しかし、エルを仕立て上げた奴らと同じ趣味なために、解放軍解散宣言は、参加者のためには的確な指示であった。
 
(勝利の乙女の軍の近衛兵→百人隊長片腕の傭兵→酒吞み→解放軍の傭兵→死去)
という履歴書だった。
 
そして、キプリス軍とキプリス海賊ギルドの年表でもある。
 
・カラドックの青年時代。
キプリス王国。伝承を利用して聖戦指導者を担ぎ上げる→何代目かの指導者、エルは優秀だったが、敗戦。
勇敢な精鋭揃いにはなったものの、人形遣いだった王と宰相は自軍の犠牲で自重することを知らなかった。
勝ち戦であっても、自国の損害は凄まじくなる。
→結局、エル以降に他国と決着するほどの戦果を挙げるものは現れず。キプリス国軍は衰退の道を辿る。
 
更に言えば、エルエピソードのトラキシアの司令官達は、(トラキシア戦記、)若き日のタトスとシャイロのコンビ。結局、エルエピソードでは別人が死んで終わる。
 
→キプリス国軍が消極的になっていく中で、キプリス国は国防のために外注傭兵を主力にし始める
→イングリット所属の傭兵団、風の骨である。
 
風の骨は対キプリス海賊ギルドに対しても、戦果を挙げる。
 
海賊ギルドの事情
→奪い終わって、今の狩り場=大陸の南は不景気になったために、北部を抜け、大回りで西国を目指すプランを立てる。
 
その最大の障害、ロイヤルマリーン防備と海賊ギルド→ヴァイキング討伐のために雇われたイングリットが。
ローレライ・ルチアを連れた当時の最先鋒を討伐し、連中のプランを阻止する。
 
→それらの功もあり、キプリス国は風の骨を重用し出す。
 
→古参と新参の摩擦は確かであったが、それ以上にイングリットが討伐したヴァイキングの後ろ盾と癒着した、宮中の奸賊に風の骨は嵌められる。
 
→理由も分からない雇い主による討伐で、イングリットの傭兵団は壊滅
 
テイルズオブゼスティリアロマーノ商会と、テイルズオブシンフォニアの偽シルフエピソードが歴史書に遺される。
 
→偽シルフエピソードを当てはめると、こう。
「かつて、トラキシアのスパイであった魔狼は八百長でトラキシア軍の攻撃からキプリスを守る。その代わりに誘拐事件などの、法外な報酬を要求する。
王は一旦は屈そうとするも、力ある助言者達の説教を受けて改心。助言者達に出資して攻撃手段→石舞台という魔術装置兼地下監獄を用意し、勇気ある兵士達と共に魔狼に挑む。見事討ち果たし、石舞台の下に封印し続けることにした。」こう記された。
 
イングリットからすれば、青天の霹靂のような、人間の最たる裏切りである。
 
史書にこう記すように指示した助言者達の方がトラキシアとの内通者で、誘拐事件などの真犯人であり。
スケープゴート風の骨に濡れ衣を着せて、私欲のための研究に公費から資金援助までして貰えた、という後味の悪いシナリオであった。その後、競合相手が消えた助言者達は王の信頼の元、キプリスそのものを隠れ蓑に国費を研究に費やした。
ヴァルキリープロファイル2のディパンもそんな感じだった。
 
とにかく、ブルネリア公国亡国までに、バルゴとイングリットは共に死亡。
 
→本来のシナリオでは、アンジェロとアルトフェイルの因縁は、マルヴァイナとイングリットの因縁になっていた。
 
つまり、イングリットが姉、マルヴァイナが妹の、姪御同士だったが。マルヴァイナの方が結局長生きして、最期は戦死か刑死した。
 
「戦死か刑死」→
つまりは、タトス帝、マルヴァイナ女王双方が影武者を用いて、両者の戦死後も生存を偽装し敵国にチャンスを作らないようにしていた、と言う仮説が立つ。
 
・本物のマルヴァイナ女王は、メルクリウスエピソードで、敵国有力者との一騎討ちで戦死したのだろう。(テイルズオブエクシリア ジロンドとの決戦。テイルズオブジアビスのルーク・リグレット以来の因果。)
・マルヴァイナエピソードで投降したのは影武者、別な世界のフレン・シーフォ→マルヴァイナエピソードのカラドックか。
女王本人が戦死しても、部下は止まるわけにはいかなかった。
 
更に言えば、セナ「トラキシアの小さな漁村の網元だった父」が刑死した影武者だったと見る。
死に場所を探したトラキシア出身者が、自国の帝を騙し抜いて処刑された、と言う悲劇か。トラキシア出身者だったからこそ、死に場所を探すような悲劇の際に、民へ力を貸さなかった自国の指導者、シャイロに死に際の説教を試みた。
 
マルヴァイナエピソードでマルヴァイナが登場するのは、サイコメトリーされたのが刑死した影武者だったため、戦死した本物のイメージが心象世界にあったため。
 
セナの父死去→セナの仇討ちへ。
 
ブルネリア公国滅亡後、間もなくブルネリア解放軍が活動。
それに参加し、カラドックは死亡。
 
キプリス・ブルネリアを通してトラキシアと戦い抜いた、カラドックの人生だった。本人は、国家の勝利よりも自軍の民の命の方が大事だったが。
 
 
作中の家系図
 
シャイロ(マクシミリアン)、ゼフィロスー?テイルズオブジアビスのユリア・ジュレ=アーチェ・プリシス・ユメル(つまり、カチナの母もまた神で無くハーフブリードだった)(配役的には、フローラ・シンク・エイミの)(つまりエルの生き別れの姉妹)
カチナ、レニー×オリジナル ランヴァルド(レザード)
カボ、サイラ、那智、シグルズ、楓、ランヴァルド(ライル)
リウ
 
ヴィクトリエ?
クロエと妹
マルヴァイナ、イングリット
 
ベデリア
マーヤ
冥華のセナ、マージ、ペッポ、失敗作のアリス×アルベール
ルチア、ダリネ、セナ、アンジェロのアリス
 
三国の王族ハーフブリード
トラキシア→シャイロのカチナ
キプリス→恐らくは、ルチア。(マーヤとマージはキプリス側の可能性大。父方がトラキシアか。)
ブルネリア→イングリット
 
カチナが何者か。ようはペッポや楓と同じ。ヴァルキリープロファイル2の失踪前のアリーシャのような、悪魔憑き嫌疑者。人格が複数あるのか、霊体の別人が憑いているのか。
 
いずれにせよ、ハーフブリードなだけで無く、殺人請負の人格と、本体の人格の同居。カチナの請負人時の人格はカボの同類。
 
 
マクシミリアンエピソードが示すように、シャイロにとっての一番の重大事は、実子である隠し子が能力者ハーフブリードであること。
病弱系ハーフブリードであるためアネリアン同様の理由で公に出来ない。また、父本人が国政に食い込んでいるために、引退できない。タトス帝父子に任せきりにするのも不安が残る。
 
マクシミリアンと違いシャイロは結局国を取ったが、本人は是非娘を優先させたかったし、だからこそ公私混同でパラケルススを登用した。
ランヴァルドの特性からすれば、カチナにもクローンがいる可能性大。
 
公私混同とは言え、ヴァルキリープロファイル2のディパンのダレスのように、是非カチナを完全な人間にしたかった。
 
ある程度は、シャイロはこの世界におけるディパンの顛末を知っている。だからこそ、時間に追われた生き方をしている。