テイルズオブ メモ

マーテル=ヒューバート ダオスの国出身→ダアトのスパイ将校

NPO と偽り事業。→ブラッディアライアンス 鎮圧任務+対だおす国を担う。→欲をかいたダアトに締約締約条項破棄。

 

独断での民間人、現地への約束した援助枠が多すぎる。

作業中に毒素が溜まっていった。

現地のハーフ達より、こちらの純血王族を指導者にしたい

財布の使い方を考え直したい。

 

→毒素で弱ったマーテルは後任に敗北。

敵兵でなく自国兵に逮捕されようとする。

逃げた上で、嘘つきになったことを悔いて自殺?

テイルズオブファンタジアの地下墓所までが答え+ヴォルトの地のすずと離反者。

 

「マーテルの派遣側→テセアラ諜報部クーデター組が共に裏切るよう恫喝→一蹴したマーテルは交戦するも、大兵力を向けられ敗北。→ターゲットである軍事力、クルシスの輝石を何者かに持たせ別れ、自分は時間稼ぎし最後は自決。瀕死のところを正規の仲間パーティーに看取られ死ぬ。」