回想解釈 地脈カノヌシ。 「緋の夜に穢れなき二つの魂を捧げる」 指輪交換→婚姻の神である。

回想解釈 地脈カノヌシ。
「緋の夜に穢れなき二つの魂を捧げる」

結論から言えば、回想のフィーとアルトリウスは解釈を間違えていた。
良くて、「オルトロス」前の犬の双子を生け贄にする。

しかし、そもそも回想についてはカノヌシのイメージ像を間違えていた。

カノヌシとは、回想に関しては婚姻の神である。
すなわち、金星神の女神フレイア。

「緋の夜に」→「日食」の示すのは、金環食。→金の指輪。
それが二つ→ペアリング。

結婚指輪(けっこんゆびわ)とは、身につける人が結婚していることを示す指輪である。 目次. 1 概説; 2 脚注. 2.1 注釈; 2.2 出典. 3 関連項目. 概説[編集]. 英語風に言うとウェディングリング ...
指輪・指環(ゆびわ)は、手(まれに足)の指にはめる、環状の装飾品である。 目次. 1 素材; 2 はめる指; 3 用途 ... 結婚指輪はその代表で、薬指には「聖なる誓い」の意味がある ...
結婚の際に用意される婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)。この慣習は一体いつから始まったのだろうか? 婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング 
儀式の器がそれ。
ヴァルキリーアナトミアの結婚式のシルメリアが、役割の答え。


フレイヤ(Freja, Freyja)は、北欧神話における女神の1柱。ヴァン神族出身で、ニョルズの娘、 フレイの双子の妹である。「ヴァンたちの女神」を意味するヴァナディース(Vanadís)とも ...
フレイア、フレイヤ、フレイアー、フレイヤー. フレイヤ(Freja, Freyja) - 北欧神話に登場する愛と美の女神。 フレイア (小惑星) (Freia) - 女神フレイヤから名付けられた小惑星 ...

フレイア (76 Freia) は、小惑星帯メインベルト)の外側の方の軌道にある、大きな小惑星である。 1862年10月21日にドイツの天文学者ハインリヒ・ダレストがコペンハーゲンで発見した。
軌道の種類: 小惑星帯; (キュベレー族)
道長半径 (a): 3.415 AU
軌道傾斜角 (i): 2.12 度
スリュム(古ノルド語: Þrymr)は、北欧神話に登場する霜の巨人の王である。 トールのハンマー「 ミョルニル」を盗み出し、引き換えにフレイヤを要求する。
グルヴェイグ(グッルヴェイグとも。Gullveig)は北欧神話に登場する、おそらくはヴァン神族の一員の女神である。 ... このグルヴェイグの正体は女神フレイヤであろうというのが一般的な ...
「カノヌシをもって世界に溢れた穢れを鎮める」と言うメルキオルの主張とは結び付かない。

最低でも、世界の軍事衝突を政略結婚などの和平策で鎮める。と言うことでしかない。

メルキオルはカノヌシを、ラジアータストーリーズの金竜銀竜によるリセットと間違えていたのだろう。

カノヌシ→金星神の別な面は破壊神だが、「鎮め」の「鎮静化」現象とは異なる。

婚姻の神 フレイア信仰、四聖主より優先させるものなのか?


テイルズオブイノセンスのイナンナを祭神にすると言うことか。
いずれにせよ、契約相手の裏切りでガチギレするタイプだ。ベルベットが穢れたのもそういう破約が理由でないか。

契約の誠意ある遵守。
最低限それが大事。