古文書カノヌシ数え歌 一番分析「魔を照らす」→英雄が公平に争いを裁定し、三者間のもと講和を成就した。古文書カノヌシ数え歌 一番分析「魔を照らす」。テイルズオブベルセリアでベルベットが象徴しているのは、キュベレー。弟がアッティス。 結論。一番はシビアアクシデントの次に、太陽神、が入る。メタトロン→ミトラ。水神とされるヴァルナが太陽神の、司法神としての面の表裏であったらしい。 結論。数え歌の「魔を照らす」とは司法神・「契約」のことである。それは勇者ミトスが冒険中に数々の契約を結んだことに由来し、召喚ー協力

テイルズオブベルセリア 古文書カノヌシ数え歌 一番分析「魔を照らす」。

この部分がよくわからなかった。
一番はシビアアクシデントについて述べたものは話の筈なのに、「 魔を照らす」はいまいちピンと来ない。「照らす」が太陽、 と言うにしても。

 


ラスボスのカノヌシの人格とエレノアを考えても、「ミトス」 に関連すると見るべき。


アイゼンのコインのスキットのように、「マーテルとダオス」 の表裏が重要要素の筈。


結論。一番はシビアアクシデントの次に、太陽神、が入る。
ラジアータストーリーズにおける金龍。  


その中でもミトスの由来と目される、ミトラのことだろう。
また、その教義では後に水神とされるヴァルナが太陽神の、 司法神としての面の表裏であったらしい。


ミトラ教 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.orgwikiミトラ教


ミトラ教またはミトラス教またはミスラス教(英語: Mithraism)は、古代ローマで隆盛した、 太陽神ミトラス(ミスラス)を主神とする密儀宗教(英語版) である。 ミトラス教は古代のインド ...
概要
ミトラス教史
ミトラス教の図像
信者と信者組織
ミトラス教遺跡
ミトラス教とキリスト教
 

ミトラ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.orgwiki › ミトラ

ミトラ(mitra,mitla,miter,mitre). 目次. 1 Mitra; 2 Mitre,Miter; 3 Mitla; 4 関連項目. Mitra[編集]. ミトラ、またはミスラ - インドや西アジアで信仰された神。 ミトラ (司教冠) - カトリックなど ...
ミスラ
ローナ・ミトラ
 
ミトラとは - コトバンク
https://kotobank.jp › word › ミトラ-139026

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ミトラの用語解説 - インドのミトラと対応し, のちには密儀宗教ミトラ教の主神格として, その崇拝が西ヨーロッパの各地にまで広まったペルシアの神。
ミトラ教 - 世界史の窓
https://www.y-history.net › appendix
ミトラ 教 エジプト
mithraism
ミトラスフィア クリスマス
キリスト 教 悪魔 教
ズルワーン
ユリアヌス 世界史
マズダク教

検索結果
ウェブ検索結果


メタトロン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.orgwikiメタトロン

メタトロンヘブライ語:מטטרון, 英語:Metatron)は、ユダヤ教の天使の一人である。 キリスト教イスラム教の分派の中にも彼を 

 

炎の柱、メタトロンテイルズオブベルセリア冒頭が示す、火にして太陽神。

 

話は変わるが。
テイルズオブゼスティリアで大地の神がマオテラス、と言うのは? 別人だろうか。
恐らく、そちらは地母神の息子がモデルだろう。
キュベレー - Wikipedia
https://ja.wikipedia.orgwikiキュベレー

他の人はこちらも検索
アッティス - Wikipedia
https://ja.wikipedia.orgwiki › アッティス
アッティス(Attis)は、 フリギアを起源とする死と再生の神の一つであり、その信仰は、 キュベレー信仰と共に古代ギリシア古代ローマまで広がった。 一部の像などでは有翼の男性として .
冒頭のウリボアについてのエピソードが裏付け。また、 カノヌシとの関係も、年下の美青年に失恋する、 と言うところに由来する。その報いを返す部分も。
古代キュベレー信仰とポーックビッツの伝説 | nanosecond 宙2秒
https://ameblo.jp › entry-11501843066

2012/06/05 · する と、それに嫉妬したゼウスが一頭の去勢前の豚を放った。豚 はリディアの田畑を荒らし多くのリディア人を殺した。 以来キュベレー信徒は豚を食べなくなっ ...
結論。
取り敢えず、 テイルズオブベルセリアでベルベットが象徴しているのは、 キュベレー

 


「魔を照らす」部分についての結論。
数え歌の「魔を照らす」とは司法神・契約のことである。
それは勇者ミトスが冒険中に数々の契約を結んだことに由来し、 召喚ー協力契約の重要性を示す。
結論。あるいは「講和の仲裁」→ ジアビスの導師のように和平条約管理を為したことが「 緋色の月夜」の業績だから。カーラーン大戦逸話のように。

 

「緋色の月夜」は司法神として、制裁が必要な側を、身内であっても「公平に処理」した。

私は、メタトロンはラスボス アルトリウス第二形態ではないかと考える。

 

「英雄が公平に争いを裁定し、三者間のもと講和を成就した。」

 

更に感想。

結局ベルベットの方に問題があるから、彼女は裏切られたのだろう。

テイルズオブジアビスの生き残り組のライガ目線で、七代目導師イオンがライガクイーンもろともアリエッタを殺害した場合の感情だろう。

ジュードがエリーゼを生け贄にして、ティポが報復を望む話。とも置き換えられる。

本当に絆を育んでいた、召喚師と契約精霊ストーリーで、召喚師が裏切られて親友に殺害された、話。

 

エレノアとベルベットは、ラフィを仲立ちにする前から、何かしら因縁があるのでないか?

 

「緋色の月夜」は司法神として、制裁が必要な側を、身内であっても「公平に処理」した。

私は、メタトロンはラスボス アルトリウス第二形態ではないかと考える。