考察・ヘカーティア・ラピスラズリ 三つの体を持つ、特性。 東方紺珠伝。ツクヨミは月と海を司る神、という設定。 その上でヘカーティアを考えてみる。 回答は水の三態。 「シュレティンガーの猫」。それらの理論。 恐らくヘカーティア・ラピスラズリの空間魔術は、始めに転送対象を素粒子に分解し、転送先で元の個体へ再構築する、錬金術のようなアルゴリズムだろう。

考察・ヘカーティア・ラピスラズリ

三つの体を持つ、特性。
東方紺珠伝。ツクヨミは月と海を司る神、という設定。
その上でヘカーティアを考えてみる。
回答は水の三態。
「シュレティンガーの猫」。それらの理論。
恐らくヘカーティア・ラピスラズリの空間魔術は、始めに転送対象を素粒子に分解し、転送先で元の個体へ再構築する、錬金術のようなアルゴリズムだろう。


戦ってみると、「最初で最後の無名の弾幕」はEX ボスの中では弱いのではと見える。
つまり、本来はその前のスペルで決着をつけており、ラストスペルまで出す必要がなく無準備だったため、即興になったからではないかと見る。

三つの、というのが鍵。
また、月「」とつけたスペルは、反射鏡や天体衝突など、魔術でなく物理科学の分野。
月ー魔術の神に名をとるならば、むしろ月で地獄や魔術系の名がついたスペルを用いそうだ。
疑問。

取り敢えず、今回のヘカーティアのスペルカードの組み立ては、水の三態に影響されている。
地球ー紺珠ー水の星。
月ー死の世界ー超低温。

ならば地獄は、というと雲ー水素よりも、プラズマー水素イオンーガス圏。

結局はクラウンピースが霊烏路空に似ているように、地獄とは灼熱世界のことのようだ。


地球について。水ー(汚水)浄水や雨。
月について。氷ー鏡や流星(氷の固まり)。

つまり、温度の高い順は異界ー地球ー月。
パターン一周後に純弧が入るのは。
雷撃レーザーじみた高エネルギーを放てる純弧にやらせるこどかあるから。つまり、活動を停止した氷を再びサイクルに戻すため→高エネルギーを与える必要があるから。
氷を高熱で溶かし、さらに電気分解してイオン化させないと次のサイクルに渡せないから。

トリタニティラプソラディ、も。結局は核物理学関連の→異界「」に属するスペル。

ただし、その欠陥はー転送技術の応用であるために、転送対象である弾幕が高熱化すること。転送を繰り返す度に高熱化すると共に放射される、取りこぼしが散る。そのため転送の度に転送対象の体積が減っていくこと。

サイクルの一番最初で加熱され過ぎて、使用素材「水」がなくなってしまった。
そのためにラストスペルにするべき本来の地球「」、が使えなくなり、
「最初で最後の無名の弾幕を補填にすることとなった。
そういう事情だろう。

東方紺珠伝の最後を飾るに相応しい、水の変化ー特性に因む弾幕の使い手であるべき。しかし、誤算は高熱の熱源を用意したことに対して、十分な水資源を確保できなかったこと。

本来、月面でなく地球の地上で戦っていればヘカーティア・ラピスラズリはもっと強かった。
トリタニティラプソラディにせよ、転送の度に消費する水を。外部からさらに素材、水を補給しながらスペルを展開し、放射線シャワーのような超強力な攻撃となっていた。
練度と地位、能力を修練しただろう期間から考えれば。トリタニティラプソラディ以降はフランドール・スカーレット霊烏路空以上の練達の核融合魔術ー量子力学の時空間魔術を使用できたはず。

「シュレティンガーの猫」。それらの理論。
恐らくヘカーティア・ラピスラズリの時空間魔術は、始めに超高温環境で転送対象を素粒子に分解し、転送先の一点へ集合させて、元の個体へ再構築する、錬金術のようなアルゴリズムだろう。鋼の錬金術師タイプ?
やはりFAXみたい。シュタインズゲート趣味とも言える。

或いは、クラウンピースに重要なアイテムである松明と力を貸していたために、スペルの制御が普段以上に困難になったか。

超高温環境の用意と維持には、水素が必要か。
あるいは、ヘカーティア・ラピスラズリが専門とすべきは月でも地獄でもなく、太陽ー灼熱地獄。


ヘカーティアは、今回は舞台が月面だから真価を発揮できなかった。
そういうキャラだと思われる。


ヘカーティア・ラピスラズリとは、東方Projectに登場するキャラクターである。 ... LoLK painting; おお、ヘカーティアヘカーティア; 【深夜の真剣お絵描き60分一本勝負】その漆拾参; 【東方 



2018/09/05 · ヘカーテ+ティアと綴れば、彼女が関連している可能性も浮上する。 ... ラピスラズリは歴史上非常に高価な絵の具として利用されており、キリストにおいてはマリアの 


東方Project作品のセリフ集や、スペルカード(弾幕)の写真などを多数掲載。一次資料の確認に、二次創作の参考に、どうぞ活用ください。

Radical Discovery - 東方Project資料サイト. Radical Discoveryでは、東方Project作品のセリフ集や、一次資料を中心に掲載しております。 一次設... 続きを表示. Radical Discovery .