メモ 6ボスの台詞

私には見える!
霊夢a1 咲夜b2」
 
そうだ!ー秘宝だ!
魔理沙a3 咲夜a4」
 
あわてふためく強者!
霊夢b5 魔理沙b6」
 
1物言わぬ道具に力を
5体小さき者に力を与え給え、
「道具より小さい?」
 
3人間、魔理沙の心を、動かす
6哀れな弱者に力を与え給え
 
4迷える子羊を我らレジスタンスの元に導き給え
2社会的弱者に力を
 
1は道具に力を与え給え。
自分のことと指定するつもりで、自分のパワーアップを願う。ただし、どの道具、と言う指定が無ければ小槌自身が妙針丸の力で強くなったり、相手を勝たせる強化をする
34は対峙する相手を自分の側に引き込む。
しかし、自機キャラが「人間、誰々」や「迷える子羊」でなければ指定外。最低でも、勢力者の下の咲夜にはミス。
256は「社会的弱者」「身体小さき者」「哀れな弱者」、自分のことと指定するつもりで、自分のパワーアップを依頼。アイテムの方が従業員より不憫、となれば小槌自身を含む無生物を強化するか?
 
輝針城編で一番、一時的に力を得たのは楽器達。
橙やミスティア・ローレライのように。家や資産がある妙針丸よりも、社会的弱者は城外にたくさん居る。そして、そいつらは富があって孤独な妙針丸より人付き合いがある、と見る。今回の戦闘に関係ない奴を強化した?
 
また、
1は霊夢が弱者を理解し、私の味方になる未来。
2は支配関係が逆転する未来。
と幻覚を見ているような使用者だった。
 
過去の改竄、が小槌の力では無いか?
1234は、効果発動後に、相手が小槌使用者の上役になるケースもあり得る。
 
因みに、56は弱者が強者に逆転勝利する、と錯誤させる効果ともとれる。順当に消化試合になる、と。
 
 針妙丸:貴方の様な生まれつきの強者は、力を得る喜びを知らないのね。
     しかしそのお祓い棒を見れば、心に迷いを感じている事も窺える。
     私の手には夢幻の力がある。それが秘宝「打ち出の小槌(こづち)」!
 霊夢:打ち出の……小槌だって!? もしかしてその手にあるのは……。
 針妙丸:私には貴方が弱者を理解し、私の味方になる未来が見える。
     さあ、秘宝(こづち)よ! もの言わぬ道具に夢幻の力を与え給え!
b
針妙丸:あはははは、やはり強者と弱者は相容れない……か。
     だが私の手には夢幻の力がある。それが秘宝『打ち出の小槌(こづち)』!
 霊夢:打ち出の……小槌だって!? もしかしてその手にあるのは……。
 針妙丸:あわてふためくがいい。私には逃げ惑う強者の姿が見える。
     さあ、秘宝(こづち)よ! 身体小さき者に夢幻の力を与え給え!
針妙丸:面白い事を言うね。その道具に更なる力が欲しいんでしょ?
     それが出来るのが、この秘宝『打ち出の小槌(こづち)』!
 魔理沙:打ち出の……小槌だと!? あの何でも願いを叶えるという……!?
 針妙丸:そうだ! 全ての力弱き者に夢幻の力を与える秘宝だ!
     さあ、秘宝(こづち)よ! 人間、霧雨魔理沙の心を動かし給え!
b
 針妙丸:あはははは、やはり強者と弱者は相容れない……か。
     だが私の手には夢幻の力がある。それが秘宝『打ち出の小槌(こづち)』!
 魔理沙:打ち出の……小槌だと!? あの何でも願いを叶えるという……!?
 針妙丸:あわてふためくがいい。私には逃げ惑う強者の姿が見える。
     さあ、秘宝(こづち)よ! 哀れな弱者に夢幻の力を与え給え!
咲夜a
針妙丸:道具が望むままに使用者を動かす。
     そんな事が可能になるのも、この秘宝『打ち出の小槌(こづち)』の力!
 咲夜:打ち出の小槌ですか……。……えっ!? 何ですって?
 針妙丸:そうだ! 全ての力弱き者に夢幻の力を与える秘宝だ!
     さあ、秘宝(こづち)よ! 迷える子羊を我ら反逆者(レジスタンス)の下に導き給え!
b
針妙丸:あはははは、そうか支配者側……か、残念だ。
     だが私の手には夢幻の力がある。それが秘宝『打ち出の小槌(こづち)』!
 咲夜:打ち出の小槌ですか……。
    ……えっ!? 何ですって?
 針妙丸:私には見える。支配関係が逆転する未来が!
     さあ、秘宝(こづち)よ! 社会的弱者に夢幻の力を与え給え!