考察・ テイルズオブエクシリア ア・ジュール。無影のアグリア。元々は、「聖なる炎の光」、火属性精霊につけるべき名前。 テイルズオブエターニアのヒアデスポジション。 正体は、東ヨーロッパを跨ぐソ連世界と対する西側世界第三国からの外務員 陸軍情報将校。 有名所でアラビアのロレンス。ヴァルキリープロファイル咎ーのダリウス。 対ナハティガル王の侵略路線拡大阻止を、主な課題として派遣される。

考察・
ア・ジュール。無影のアグリア。元々は、「聖なる炎の光」、火属性精霊につけるべき名前。
テイルズオブエターニアのヒアデスポジション。
正体は、東ヨーロッパを跨ぐソ連世界と対する西側世界第三国からの外務員 陸軍情報将校。
対ナハティガル王の侵略路線拡大阻止を、主な課題として派遣される。

西側諜報機関による、東側混乱の波及等を内紛などで防ぐ目的の、政情操作要員。
が、想定を越える大異変、結界への封印が原因で関係が切れる。
現状は、課題だけを持っている残留兵で元外国軍人。
その素性を隠し、テイルズオブイノセンスのスパーダと同じ、腕がたつ不良貴族として、知己であるガイアスを信頼し助力する。ガイアスも裏を知ってか知らずか、実力から重用。

本来は、ミュゼよりもガイアスを裏切らず最後まで心中するタイプなのだがー如何せん組織内の派閥争い勝者はウィンガル所属の革命将校派で決まっており。
エクシリアから見たガイアス離脱後のア・ジュール派閥内ゲバの結果、テイルズオブベルセリアの顛末となる。アグリアのウィンガル派後達討伐が真相。

ナハティガル王討伐がミラ一行と内部の暗殺によるものだったとは言え、侵略は結果的に阻止される。今回のアグリアは当初の任務達成である。

が、部署は違えどレイア・ロランドも本来西側のシルメリア転生前のため、アグリアとレイア・ロランドのやり取りは先輩後輩のやり取りのはずである。

ベルセリアを見るに、レイア・ロランドの代わりのエレノア・ヒュームもウィンガル派に潜入して寝返る。
結局、西側にはア・ジュール正当権力者よりも、ウィンガル革命派の方が危険であった。
アラビアのロレンスがチャーリー・ネスビット・ウィルソンポジション。時を経て、イラン・イラク戦争で自ら育てたゲリラを潰すようなものである。
チャーリー
アフガン支援

テイルズオブヴェスペリアのイエガーがジュディス一行にやっていることと同じ。やられる側には種族の溝に見えるそうだ。
ただの傭兵としてアラビアのロレンスを認識していれば、イラン・イラク戦争はエルシフルへの裏切りのような、カディンの森事件同様の信じ合えない悲劇だろう。が、結局は西側の手の長さを知らない情報弱者の認識である。

残念なことに、龍魔神レイア・ロランドはミラの寝首を掻かなかった。レイア・ロランドの代わりにエレノア・ヒュームがミラに同行していれば。