力作考察#ヴァルキリープロファイル。共産主義とエルフの血。1

力作考察#ヴァルキリープロファイル共産主義とエルフの血。1
センサスに見る、共産主義のエルフ、ハーフエルフ族伝播。人類の自種族雇用保護、親族派閥維持の反動としての、不遇カテゴリーの階級闘争、権利闘争との結び付き。
フレンスベルクが、
西ドイツ主義的なこと「魔術師による合議制国家なこと」に起因する、武芸者前衛職の不遇と、縮小分野における士気高揚のための、古参派閥団結のための、新参参入障壁形成。

人類内で排斥を受ける、人里寄生型種族、エルフ・ハーフエルフ前衛職のー後衛職召喚師ー不労所得型資本家敵視との、社会主義共産主義思想とのマッチング。→ジェイルエピソード、J・D・ ウォルスがマグニスを見限る流れは幻想。
脱資本主義思想と、魔術師資本家排斥の波の混合。
後衛職〉前衛職 の王の寵愛比重、発言力による、劣性派閥のコンプレックス形成と。社会変革ない限り、国家運営に関われない、「背水の陣」に追い込まれる状況。

背水の陣故に、「味方を後ろから撃つ」「寝首をかく」ことを戦場でしても、センサスの勝利実現のための犠牲と割りきる。
共産主義実現のためには、国家主導権を握っての、強制接収権確保で、私有財産関与権限を得る必要があるため、内部権力闘争を、軍人が肯定する。
共産主義の失敗」に予定調和で到るだけであり、資源確保のために、ネズミ講式に拡大し続けなければ、嘘つきになる。能力を超えているから実現困難なのに。


共産主義とエルフ・ハーフエルフとの結び付きは、テイルズオブヴェスペリアのシルフやウンディーネには分からない。結局は、共産主義革命に、背水の陣で到るほど追い込まれてない地域出身の異種族だから。
「自種族だけの世界を作りたい。」
シンプルなエゴ・イデオロギーで現実を傾ける夢想家種族、と見られがちになる。

冷戦終結までの、社会主義国家の歴史、が数多く示すことと、架空世界の多種族設定社会を描いた作品。されど罪人は龍と踊る、の数多くのギミックを考察させるのが、ヴァルキリープロファイルである。
センサスの地区は、根本的にはされ龍のイージェス教国、サモンナイトの旧王国に近い、と類推する。立派な軍人はいるのだけどー魔術を資源開拓、土地改良、未開地開墾に使う方向のー頭の柔軟性に欠けた連中である。
スターオーシャンのジエ・リヴォースのような環境適応種使節団派遣、は投げっぱなし過ぎだ。

労働者の団結、に拘りすぎて裏切りがどうのと、状況が流動するタイプの諜報戦に弱くなっていく。

話は変わるが
一つのシナリオに拘って、複数のシナリオを「円転滑脱」に叩き台にしてフローさせられない硬直化したタイプ。
ロイヤルダッチシェルのシナリオ想定演習を見習うべきである。
シェル「ニューレンズシナリオ」日本語版のご案内 | Shell 日本 - ...
https://www.shell.co.jp › new-lens-scenario


ロイヤルダッチシェルのシナリオ作戦構築手法は、松岡圭祐作品に出てくる
メフィストコンサルティングに共通点があると見る。