密告洞察 テイルズシリーズ

ヒアデスの密告エピソードを振り返って。
ユダの裏切りを彷彿させるようで酷い話だ。

しかし、理由は不明だが、ヒアデスが、ビリアルを冤罪でなく本当に狙うものの情報を知っている、と仮定すれば違う。

つまり、偽情報だったからこそヒアデスは渡すことにしたのでないか。
テイルズベルセリアでミスリード用に情報を流す場面があって、漸く気付けた。

が、追跡者には逮捕する気がなかったため、人違いで無実の相手がいきなり襲われた。
「私にはお前が消えればどっちでもいいんだがな」

確かに密告と言うのは、犯人が追われる理由に基づいて正確な情報を渡した場合に、定義に該当する。
ガセネタを渡した場合は、讒言に過ぎない。被害者は理不尽千万だろうが。

モアナがダイルの強さを見誤っている様子と同じだろう。

讒言襲撃イベント、と言うこと。