力作b 一つの歴史の終わり 魔王召喚は世界を滅ぼす

メスクルの呪いの構図。

子供のみならず成人にもかかる病であったとき。

時の為政者は薬を集めた。
悪い噂が立ち、反政府勢力の人気が高まっていった。真相は、領地中の薬を集めても、必要な量に満たなかったため。領内の薬草は、高価値だが希少であり、領地外の大衆薬を求める必要があったが、投機筋であり、かつ現金よりも、より価値がある商品を求める性格であったため
領内の薬草と必要量の大衆薬の交換を求めてきた。
投機筋として黒幕達が買い占めしているからだが。本来は必要量であっても、その大衆薬の市場価格は。希少な薬草要求分の数分の1であった。
しかし、患者全員分の薬が無いと分かれば通常の手段で市場に流通させた場合、オイルショック時のトイレットペーパーのように購入者が殺到し、時価は高騰。万人に分けることが出来なくなり、競売のようにより高く買えるものしか入手できなくなる。
素直に競売に全市民が同意する見込みは無い。下手をすれば、混乱に乗じた、資産や薬を持つものからの略奪が横行するかもしれないし。その事態で治安要員の騎士が奪う側に回らないと信用することは、難しかった。ハイマンのジレンマ通りに、持たざるものは犯罪を肯定せざるをえなくなるかもしれない。
その事態を元に反乱が起きた場合、復興費用や混乱収束のための経費は莫大なものとなり、領民の信頼喪失による、将来的な機会損失は。領主も競売に加わった場合の利益を遥かに超える。
元々薬草は領内の召喚師に借金の抵当として、伐採権を売却済みであるが。(後で弁償する前提で)強制接収して、黒幕達の交換費用にせざるを得なかった。
真相の、薬草の量が足りないことは治安担当者にすら秘密にせざるを得なかった。

黒幕達が薬を持ってきたときに交換するため、治安担当者に薬草を見張らせていた。

しかし、身内が病気になった反政府勢力構成員は、ハイマンのジレンマ無く治安担当者達に襲いかかってきた。
黒幕達の息は彼らにもかかっており、治安担当者達は応戦するも、ダム水門を利用した反政府勢力達に押し流されてしまう。
陽動班の囮ー別働隊に移動させられた隙に水門を抑えられ、隊を分断され、残りも倒されてしまった。

反政府勢力は薬草を手に入れたが、必要量には足りない。領主の倉庫に反政府勢力は押し寄せてきた。
その騒動で、反政府勢力頭目との経緯で治安担当者の妻も死去。

領主は追われ、その地は黒幕達の勢力、敵国の傘下に堕ちた、が秘密裏になされ、外にはそれまで通りを装った。
領主の頃から話がでていたことだが、下手に旧王国に乗っ取りを受けたことが知れると、本来のネットワークの宗主聖王国が、戦闘兵器級の召喚獣をぶつけ合いさせてでも奪還に来る。それをやられた後事態発生以前より締め付けが激しくなる。領主交替、は勿論、領土の自治権剥奪もあり得る。
それどころか聖王国側が、奪還できない場合、「むざむざ敵の手に渡すよりは、と元の宗主聖王国が、鹵獲防止の自爆指示と言うことで焦土にしかねない。」
シルターンの、カリバーン以外の技術集団の郷や、紅き手袋組織所属の忍び郷は、ワイスタァンより悲惨なことに敵への伝承漏洩防止のために、かつての主の手で死を賜った。一説には、カリバーンの郷の神々は、鹵獲防止策を採りたくない、また、自らの大火力で自らの郷を内応者ごと焼き払う事態も、主からの意思も避けるために。を


または勝ち目がなさ過ぎる相手に対し、敵が人質交渉で弱者を狙うことを危惧した。
人質として街全体を狙うことを防ぐため、自分を追う者をターゲットにしようとした?囮を用いて罠にかけていくことにした?死を偽装した?

敵のせいを装った拠点破棄を装おうとした?