始まりの物語。革新技術狂想曲 知られざる世界の真実。サモンナイト3のイスラの真実蒼の派閥は

クラフトマン
王国の宗主、王の友人で請負契約。
政変が起こり、政変を起こした騎士➡犯罪者に追われる。
理由
人民を搾取したものの従犯

確保したクラフトマンに秘伝を開示させ、顧問親方として雇い自勢力強化。竜を倒し新国家を。
名目
冤罪の嫌疑で、未遂中に証拠を押収し、着服

騎士に追われ、クラフトマン逃亡
4 3
逃亡
追った連中から
召喚師に匿われた➡世界を召喚師の手にしようとする過激派、王の仇討ちに売国しようとする鬼畜、と冤罪かけられる。

過激派が魔剣を作ったので無く、魔剣を作れるから他の下位魔剣職人に海賊版で指名手配され過激派に合流。
本当は先進する軍事技術を増殖中の連中に渡して、焦土にしたくない。

ネスティ×ビーニャ、ひっくり返す。
エルスト×イェンファ+フォルスひっくり返す。


知られざる世界の真実。サモンナイト3のイスラの真実。
蒼の派閥は
自分達以外の技術で優位が揺らぐことを許さない。自分達で独占し、秘匿できる以外の革新は、機密抹消する。
その前提ならば、契約自体を無かったことにする傭兵も使う。悪魔の悪名高さの理由の一つは、クライアントがいたから。
ガラス技術機密保持のような話だ。