ピエゾ編の人名が短編に相似している。そして、それがジオルグの死に関わっている、と推測する。

じつは重要 3巻エピローグと呪い。

ウォルロット・ウォルハーツ➡伝説の人物で、復讐を為すと言われている。誰もが注目する。ナポレオンの復権を願う残党がいたような、支持者がいる。
(そして、何度でもにおけるマーコート→ウォルロットの血筋でないかと言われている。
マーコート→コーマート→コーウォートン→クォントンが
ウォルロットだと言う説に由来。)

ブローゾ→ヘドヴィグ・ギャリーがいった話が捏造、ウォルロットの霜の手における復権を願う

マボロオス・ス→十三の嫡子が、復讐したいと思っている、とも言われかねないウォルロットの因縁の相手。

ズオルーポジション➡
子デュピィ
ティルボーツ議員➡ダッドレイポジション。代理人に暗躍されていると言われながら、寧ろ代理人ペディオンの
庇護を受けた恩返しの人。
形だけの愛国論者。ジオルグの先祖。
ガイアノス混乱時に、指輪所持者として出先資産を取った嫌疑。➡
冤罪。先祖すら異なり、相続してすらいない物の持ち主と間違われ死去

指輪所持者。軍部混乱のため、国外逃亡した外交官が資産を抜き取り、私兵も吸収。➡アミラガ家。
オルグの死がそれかと思いつつ、間抜けが出て来るのを待って隠し持つ。
指名手配子の接収は、合法。駄目でも、自分の分をクォントン分と合わせて取っただけ。

クォントン。忠義を向けられし架空の人物。ひとみ、カラスの起源?故国を出て財を為した人物で、
名前からウォルロットのことでないかと目されている。
また、ウォルロットがダリオネートで、投獄した祖国への復讐に金融攻撃したのではないかともされている。


ガリアノレス。フラグは四巻エピローグ。実は、応じなかったため、応じたことにしたい
利益右翼➡利益右翼に化け資金を飲んだ、本物の狂信者右翼に切られる。