#5に抜けた真実 「中間者」が「年齢」を操る可能性

ガンドグラムは老化咒式を使った。対して、使徒の一人は若返りを用いて老剣客を全盛期にした。「あんな小僧があんな力もっているなんておもわないだろうが。」作中の台詞を、肉体年齢若返りを用いた相手にいってたなら喜劇だ。

恐らくは、学生運動執行部内部の工作員傘下はそうした。

自称ガーノゥと部下達、は。今代ではなく、その前世代の老人の姿を変えた。替え玉の可能性が高い。良き時代を知る老兵が、子の世代の身代わりとなった、か。

 

どうも自称ガーノゥ。ギギナガユスの敵バージョンのような発言内容だ。

四峰。裏社会の達人と、アザルリの別バージョンのような力を使う。