力作 設定

私のアインクラッドフロアボス分析 総合編

私のアインクラッドフロアボス分析 総合 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 紅玉宮→火行、黄道十二宮白羊宮。黄道座標0度にして光明神アポロンのヒュペルボレイオス を 一層 黒鉄宮→水行の胎内 から目指す話…

クオーターポイントボス分析ー至点か  二十五層の双頭の巨人と、五十層の金属製の仏像めいた多腕型ボス

二十五層の方は 双頭の、オルトロスやアンフィスバエナでなければ オルトロス - Wikipedia アンフィスバエナ - Wikipedia ウロボロス - Wikipedia →ティーターノマキアー - Wikipedia 年神 - Wikipedia 、ヤーヌス - Wikipediaだろうか。 事八日 - Wikipedia…

されど罪人は竜と踊る パンハイマの倒し方分析 パンハイマとアミラガ家起源は別物 番人である人外に差し押さえられた「役職」。「命の保管庫」「他に移せばいいだけだ」 人外がわざと縛りプレイのように(ゲームのこだわりをもって)、弱点であるはずの核、弱い部分をコントロールして戦っているんだから。短所補強の究極形である。身代わり王にして管財人、命の保管庫に次代の担当教師。召喚獣であれば、一度は夢見る栄達である。

されど罪人は竜と踊る パンハイマとアミラガ家は別物 十三巻で、遂にガユスが謎解きを遂げる。と思ったら、結局 「答えだけは正しい」 「答え合わせの焦点も、疑問の組み立ても、個性的な動機付けも、詳細の解説もボケている」→ 能力で操作しているか。咒式…

ムシウタ 虫とは一体なんなのか アルファの起源と、現地の盛大な勘違いと殉教→アメリカンコミック エリィの言っている「愛する鳩」→「愛→ラブ→ハートマーク❤→心臓→胸」「鳩→ピジョン→パッション→情熱→高ぶり」 パッション 「あたしの燃え盛る情熱は、誰にも止められない」by 田央萌々

8.そして、「生まれてはいけない虫憑き」エリィが救われる後日談。十三巻の天才児設定を踏まえた上で、八巻のボーイミーツガール、ラストダンスをエリィ役の「純」と「圓藤庵ー五巻の大助」で。 エリィの言っている「愛する鳩」→「愛→ラブ→ハートマーク❤→心…

ムシウタ 合冊版レビュー 愛する鳩→ 「この胸の高ぶりは誰にも止められない」by 田中萌々と、ナナイロタマムシ堀内愛理衣

ムシウタの「虫って一体何なんだ」という答えを知りたい人は。一番始めに十五巻から読まれることをお勧めします。 次に十一巻のあと四巻で、始まりの三びきディオレストイ編。 一巻、五巻を読んで八巻の大助編で大食いの蘇生者ふゆほたる編と十五巻ラスト。 …

サモンナイト5色彩なき遺産メモ エルゴの王を量るために必要な物語 「身内の恥みたいなもんだからな」流浪人剣心の人斬り抜刀斎を認めない明治政府と一緒 自力で解決できなかったのを、正史から削除しているような不都合な真実 つまり癒着した異端者を追跡する、警察騎士有力者の歴史の暗部なのだ「騎士も召喚師も信用できない」→はぐれ召喚獣の色 何故王以外のリィンバウムの民が非力なのか

サモンナイト5は株式会社バンダイナムコの商品です。 ジョジョの奇妙な冒険 - Wikipedia 戦闘潮流 - Wikipedia ストレイツォ (すとれいつぉ)とは【ピクシブ百科事典】 ジンゼルア総帥はエルストを、ジョジョの奇妙な冒険のストレイツォのように、羨望から自…

「リンカーに対して。アヤお姉ちゃん、魔王なの」となったら。サモンナイト5。13章よりメモ フローテとスピネルとフォルスの三角関係→リプレとアルドーキールとアヤ。

スピネルルートについて。アヤお姉ちゃん、魔王なの 「危険物だから、きちんと保管しようという扱い」 →「剣、かー本人逹が納得するならそういう生き方もありかもしれませんね」→「戦う場所も理由も、他人に任せてしまうーそいつを納得できたらの話ですけど…

G章別名 吸血鬼と交霊術

サモンナイト1から続く白髪のメインキャラの始め。バノッサ。 「お前が、母さんをー」という台詞からの断罪は有名。しかし、バノッサって本当にオルドレイクの子供だろうか。 エルゴの王と幼馴染みの関係は不義でないかという推測を進めてみる。オルドレイク…

E章、D、役職倒錯のワールドエンド リプレイルート秘されし、時間を巻き戻された一巡目の世界 もう二次創作並みの妄想? 召喚師と召喚獣を守るために、大天使の力を逃がさずその身へ還元し続ける、自分を見失って他人の前世を引き継いだ大悪魔

彼女は、強い護衛獣である以上に、圧倒的に優秀な召喚師だった。リィンバウムの人間以外が召喚師になってよい、その可能性の最先端にいた。 → 悪魔でありながら幼く弱かったことから界の狭間や結界を抜け。 一時はぐれむすめだったものの。かつて英雄と行動…

レビュー 狂界戦争、エルゴの王と四界のエルゴの心情推理→市民権闘争。 冥土→細胞株の若さの移植と逆流。

haiiroouke.hatenablog.com ルチルすら知らない事実として。 「エルゴの王は名も無き世界から赤子の頃に連れてこられた」 「羊飼いをしていた頃からの、幼馴染みがいた」 「エルゴ達は、一度人間達が混乱からの復興と異界からの防衛をなしつつ、エルゴの王に…

マジ、サモンナイトの裏設定は神作 合ってるか分からないけど、読み合わせいきます レルム村のアメルの変遷と伝承の補完 ー擬装と多重召喚、交霊術

サモンナイトシリーズで一番人気とされる作品、サモンナイト2。謎の集団に追われる特殊な力をもつヒロインを助け、一緒に逃げているうちに、国のみならずリィンバウム世界を狙う危機を知ることになる。そして、派閥で冷遇されていた主人公は、仲間と黒幕との…

サーヴァントについて 聖杯戦争 運用理論 fate、クラスごとの役割分析

聖杯戦争におけるサーヴァント。三大騎士王と弓兵以外は勝ちにくそう。しかし、それらの方が使い魔魔術運用の概念に近い。 必要なのはセグメンテーション。単純に強いカード、宝具を一枚ひねり出せば勝てるワンサイドゲームをいとうために必要である。 まず…