されど罪人は ガガガ文庫

されど罪人は竜と踊る パンハイマの倒し方分析 パンハイマとアミラガ家起源は別物 番人である人外に差し押さえられた「役職」。「命の保管庫」「他に移せばいいだけだ」 人外がわざと縛りプレイのように(ゲームのこだわりをもって)、弱点であるはずの核、弱い部分をコントロールして戦っているんだから。短所補強の究極形である。身代わり王にして管財人、命の保管庫に次代の担当教師。召喚獣であれば、一度は夢見る栄達である。

されど罪人は竜と踊る パンハイマとアミラガ家は別物 十三巻で、遂にガユスが謎解きを遂げる。と思ったら、結局 「答えだけは正しい」 「答え合わせの焦点も、疑問の組み立ても、個性的な動機付けも、詳細の解説もボケている」→ 能力で操作しているか。咒式…

G章別名 吸血鬼と交霊術

サモンナイト1から続く白髪のメインキャラの始め。バノッサ。 「お前が、母さんをー」という台詞からの断罪は有名。しかし、バノッサって本当にオルドレイクの子供だろうか。 エルゴの王と幼馴染みの関係は不義でないかという推測を進めてみる。オルドレイク…

ワースリャフ派世界の敵の遊技バランス されど罪人は竜と踊る

最強最悪の勢力。しかし、何故ワースリャフはああいう編成にしたのだろう。 疑問点何故、 1.十四巻から十六巻までクエロに追われ続けたのか 2.最強はダルセーノとして、多分一段劣る弱さのハイキュルパを入れているのか 3.ダルセーノが最強として、何故、ワ…

夜は応えず 整理、M&Aと焼畑商業危機 それと作品世界観理解 反乱用の備蓄武器の世代問題と連帯 

ダッドレイ、獣人などを集めつつレンスバーグを運営(フォルモア寄り) ロスローズ、亜人筋として生きつつ経営。クェンティンに顔向けできる、というダッドレイの言葉より、二人は上下関係だったのだろう。多分、クェンティンは秘書官寄り。バロメロオのグリエ…

 されど罪人は竜と踊る ガガガ文庫13巻のしあわせの後ろ姿 見過ごされたたくさんの謎の別回答

されど罪人は竜と踊る ガガガ文庫六巻尾を食らう蛇の考察。そして、ジェリン・バサ・ロットン、エリンデ・ファイス、さらにチチェリ・ヤーガにリーゼ・バリモウの四人の女性を殺害した犯人は、 いまだ逮捕されるどころか、手がかりすら発見されていない。 恐…