2019-08-09から1日間の記事一覧

はてなブログ オーディンスフィア女王個人史 リングフォールド オーダインが敗れるまでの歴史 まとめ2019.08.09

はてなブログ オーディンスフィア リングフォールド オーダインが敗れるまでの歴史 まとめ前記事にて、グウェンドリンの分析→[かつては、女戦士→森の魔女だった。→オーダインの息子である、王子と結ばれる→駆け落ち→離別→建国→国内のドワーフの内乱に遭う→…

Haiirooukeの解明はてなブログ ザハークの目で見れば、今回のシーザー・シルババーグは→目的に対する方法論の立て方で落第である。以下に列挙する・幻想水滸伝3に関して言えば。熟練のササライが布陣してから、リーダー擁立などをやっている。どう見ても連合軍がまとまるだけの、時間と場数が足りない。

幻想水滸伝3とは何だったのか。5のレルカーに見る、ザハーク先生の模範解答。シーザー・シルババーグは反ハルモニア連合糾合のため、旗印獲得のためにグラスランドに足を運んだ。しかしー1個人をリーダー→楔にする関係上、敵方は指導者暗殺に焦点を絞ってく…

はてなブログ オーディンスフィア解明 冥府の魔石と竜操りが歪めし、オーディンスフィアの真の因果。2019、08、08

冥府の魔石が歪めし、オーディンスフィアの真の因果。竜と魔術師の、異類婚姻譚の果て。先ず、強大な女性の竜ありき。竜に似ず知性と心を持ち、更に大地のフォゾンの流れを制御する力を持っていた。人に近い姿に化ける、力も持っていた。彼女が君臨する土地…

はてなブログ 大好きな物語のまとめ。サモンナイト、アルミネスの冤罪と、クレスメント家の中心物語化2019/08/09

大好きな物語のまとめ。サモンナイト、アルミネスの冤罪と、クレスメント家の中心物語化2019/08/09かつて、シルターンの名門召喚師に、弱虫な落ちこぼれがいて、お伴は子ギツネ一匹でした。→始めは辺境の村を一つ押し付けられた。→しかし、醜い白鳥の子だっ…