2018-06-30から1日間の記事一覧

テイルズオブジアビス考察と本来シナリオ。ホド島宗主ガラン家 ガラン×セシル ナタリア→本来は、ガラン家血筋の先代妖獣と、六代目導師の隠し子のはずである。 人外との交信能力を考えると、六代目イオンと上手く融合させた強化クローンは、ユリアと競える同…

テイルズオブジアビス考察と本来シナリオ。ホド島宗主ガラン家 ガラン×セシル ナタリア→本来は、ガラン家血筋の先代妖獣と、六代目導師の隠し子のはずである。 人外との交信能力を考えると、六代目イオンと上手く融合させた強化クローンは、ユリアと競える同調性スペックを期待される。また、ティアと調律した上での超振動は高い期待が持てる。「是非子をなすべきだ」、と当然見なされるが、預言士に言わせたのはカーススペルと音の催眠を使った妖獣本人である。

ホド島宗主ガラン家 ガラン×セシル セシルーユージェニー・セシル以外は大国の工作員。そもそも、嫁いだのはユージェニーではなく姉妹かレプリカの可能性あり。「ゲルダ・セシル」と仮称。 死神、はセシル家からの工作員。ガラン家血縁の叔母や従姉妹達がフ…

赤頭巾とモーセ伝承、更に、アポロンとアルテミスの双子テイルズオブジアビスとテイルズオブシンフォニアのシナリオ推測。配役について先ず、本来のグランツ総長役は、ピオニー六世であるべきである。デスティニーの賢王ウッドロウ説話を元に、諜報作戦を展…

テイルズオブジアビス前稿訂正   第七音素ではなく、氷属性の力で超振動を起こそうとして、装置を冷やしたことで出力を低下させた、の方が正しいか。爆弾処理のようだ。 十分な指示重量を持たない力が弱い柱しか生成できなくなって、力が弱まる一方のままホド島は沈んでいったのだろう。 テイルズオブデスティニー2のリアラのように船を浮かす奇跡は、今回起きなかった。島民がユリアの末裔に、期待していた可能性もあるが。 担当者が祈っても役に立たなかったか。          

いや、音素不足では現地沈没までに障害が報告される。パッセージリング装置周辺の狭い範囲がそうなったと見るべき。エネルギーが弱まる→結局は電気や熱エネルギーに変換して起動させているはず。第七音素ではなく、氷属性の力で超振動を起こそうとして、装置…

テイルズオブジアビス ホド島崩落考察 エネルギー切れ ホド島については、ヴァンが問題だったのでなく、ヴァンが使った装置がエネルギーを食い過ぎたという事故だった。

テイルズオブジアビス ホド島崩落考察 エネルギー切れ超振動兵器を、防衛側の大国が用いて崩落を為した、と言った。実際には違うだろう。テイルズオブファンタジアで答えを見せてもらった。あの兵器は、現地の音素を大量に使う。恐らく、パッセージリングに…

テイルズオブジアビス考察 ヴァンの態度不自然

テイルズオブジアビス考察考えてみればヴァンは、ルークに対して随分勝手なことを言っている。アクゼリュス崩落までの態度全てが騙しだったという説はそれでいいだろう。問題はその詳細である。「お前が必要だ、と人に言われたことが初めて」とそれまでのル…

テイルズオブジアビス考察

テイルズオブジアビス考察ベルセリアのテレサ・リナレスの印象が強いのだが、ジアビスのメシュティアリカはキーパーソンらしい。あのティアのことか不明。上から目線のヴァンの態度を見ると、意外とホド島外の要人縁者の落胤の可能性がある。いずれにせよ、…