2015-10-18から1日間の記事一覧

されど罪人は竜と踊る ショート 戦争とは、死の計量化という娯楽である。→これがザッハドの祝祭の本質ではないか。すなわち戦争遊戯。猟奇的な風刺寓話としての殺人。

されど罪人は竜と踊る 一巻より 一巻十章 翼持つものたちの群舞 戦争とは、死の計量化という娯楽である。 最前線の兵士には分からない。 帷幄で指揮する将軍にも分からない。 玉座に座る王様にも分からない。 娯楽と戦争の違いは、誰にも分からない。 レオニ…

されど罪人は竜と踊る 十六巻ドゥアーリ・ウォン・ウーフはアドゥーリン→アズーリンの関係者でないか

されど罪人は竜と踊る 十六巻 船内地図によると、オルジ・アーンテス号の第九十八区画は、前衛芸術家で大富豪となったドゥアーリ・ウォン・ウーフが占拠していた。 のドゥアーリ・ウォン・ウーフはアドゥーリン→アズーリンの関係者でないか

されどテロップ ペル⚫クーナス→ブリューナクからか

されどテロップ ペル⚫クーナス→ブリューナクからか ケルト神話。ルフグルの第六階位咒式

されどテロップ ペル⚫クーナス→ブリューナクからか

されどテロップ ペル⚫クーナス→ブリューナクからか ケルト神話。ルフグルの第六位咒式

されど罪人は竜と踊る十六巻 考えられる内通者のケース 加筆 パターンとしてはエミュレリーオ財団とソリダリか。

デナーリオが思い付けなかった内通者のケース。 アラヤ王女とデナーリオの婚約で活性化したとするなら、作中で明かされた以外のパターンがある。 一つはアラヤ王女の事前の婚約者。亡国と放浪の事態を看過しておいて誠意もなにもないと思うが。王族らしい国…

ぼくのかんがえたー最強のクラス。海憑士

されど罪人は竜と踊る、で禍つ式、または生体生成系上位職獣憑士に使わせたい能力→ スナギンチャク https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AF サンゴ https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E…

されど罪人は竜と踊る 十四巻と十六巻の世界の敵の推測

十四巻より 「法廷のゴゴール、雪寂のソトレリツォ、是空大僧正、逆さ笑みのアズーリン、死都のイルソミナス、幻惑のハイパルキュ、一度目の氷炎のダルセーノ・ウーディース。そして調律者こと、このワーリャスフは」 それぞれの呼び名は、 ゴゴールが庭師た…

されどテロップ ザッハドの使徒→生徒。ペネロテ三姉妹は実はガユスの生徒ソカヤ、ハリーチェ、チュラスに似せてる。誰が誰に似てるか不明だが赤毛に合わせてピンクの髪だろう。それとも六巻の黒衣の福音のラクシュか?

されどテロップ ザッハドの使徒→はさど→ぱさと→ぱすと→ペストかパズズー(アッカドの熱と嵐の魔神)。ハマヌーン白猿も関係あるか不明。使徒→生徒。

されど テロップ 夜会→よるかい→よるいかあい→よりあい→寄り合い、ミーティング