2015-01-19から1日間の記事一覧

研究のつづき 第二位の肝は「インドのヤクシニーの木精面」 不死とは何か ディオレストイと流し雛。そして多々羅子傘。2014/1/14。臍帯と太歳白鶴霊芝。冬虫夏草の樹木子×ホムンクルス→処女の単為生殖、肋骨の鹿角霊芝。クモタケのミタケオウ。幹細胞用の、寒天培地の養分に冬虫夏草子曩体を。

同タイトルの前回レポートの加筆修正と続き。 西行寺の起源がインドのヤクシニー、夜叉だと言う話から。あの浮世離れした人格は、普段「自身を天女への変身、改造術」+「整形手術のリカバリーデータのように、生存時の自身のデータに合わせた状態へ健康にす…

鎌池和馬テロップ 今の浜面仕上はソロモンで言うとエリゴールでなく、アムドゥシアスでないか。一角獣の姿で現れトランペットをならす。騎士団長もイギリスの紋章に対して似たようなことを言っていた

ムシウタ研究ファイル2014/1/19神作 同化型、三匹目とアリア・ヴァレイの真の概要紹介 特徴は普段から虫を出しておけることであり、季節外れでも異形は少ない。大切なのはペアリングである。女神転生。出発点は虫憑きの消える町、佐藤洋子とロキ

基礎として。普段から虫を自然体で出しておける、ムシウタbugに出てきた連中は同化型、もしくは同化型が混じった特殊型であるケースが多い。憑き物や精霊祈祷師のパッケージのように。 また、女神転生の設定の、悪魔融合と、悪魔と人間の融合のこともさして…