ドラクエ10 考察2021.03.31 古代エテーネ、影魔のドミネウス邸におけるチェックメイツ。

ドラクエ10 考察2021.03.31
古代エテーネ、影魔のドミネウス邸におけるチェックメイツ。
ポーン×5
ナイト×2
キング×1
で構成される。
 
はっきり言って、クォード抜きで四人パーティーなんだから数で負けている。
それはさておき、かなり変則的である。
 
片側のみであっても欠けた駒が多い。
ビショップ×2
ルーク×2
クイーン×1
ポーン×3
セットには未だ足りない。
 
暖炉の中に隠れていたキングだけはないと、チェスが成立しないが、しかしポーンとナイトを一つずつ探させた割りに、向こうに足りない駒があった。
 
メモ
キング→暖炉の中、明かりを消すと光る→ドラクエ7、大地の精霊の謎解き。4.1の人間、秘術のダンジョンにも似ている。
ポーン→本棚の上、梯子を探して取る。4.2のオーガ、ドワンゴ城のようである。
ナイト→何故か住人のサイズが数倍になったような、メレアーデの部屋の特大の熊のぬいぐるみが、ナイトが隠れた宝箱を守る。
4.3のドワーフ、魔神兵とビョン・ダオ王子のようである。
歩兵と騎士と王の編成。
つまり、城兵が守る本拠地である城は他にあり、守備を固めた中に女王と僧正が詰めている、と言う感じか。
 
なんと言うか、この偽物メレアーデのチェスの編成は、外地への遠征軍のようである。
この編成、王を守るためのものではない、と言うより。守備である城兵は、女王か僧正がキーマンだから、そちらを守っているようである。
 
 
何となく、エルフと敵対する勢力がいた時、ツスクル村の長ヒメアに挑む場合は、こういう構図になるのだろう。
 
戦争に関わったのは、片方の大将が人間の勇者。同盟者として従軍したのは、オーガとドワーフ、と言うことか?
女王と僧正と城兵が参加しなかった、と言うのは何かのヒントかも。
4.3で、クォードが悲惨なことになるわけだが。
 
追記
確かにあのキングの駒の隠れ方は、三つの駒で一番クレバーだ。探し物をするなら、普通は明かりをつけて、その結果光が隠れる。
しかし、いざ戦ってみるとキングの戦い方はマヒャドデスとバギムーチョ。賢者のような魔法攻撃。
ビショップの駒が、キングに入れ変わっている?
偽物メレアーデは指摘しなかったが、ビショップならばもう一駒存在する筈。
 
追記
更に言えば、メレアーデの部屋の宝箱に隠されていたのが、ナイトの駒だと言うのも不自然だ。
ひょっとして、チェックメイツに含まれない駒が更に、ぬいぐるみの中に隠れている?
 
あのナイトは、大事な駒の影武者だったのか?
クイーンは、駒のどれにでも化けられる。
 
追記
それにしても。
ポーンとナイトは、それぞれ梯子を持っている者と、宝箱の鍵を持っている者が隠さないといけない筈。隠すために使ったものを、誰かが更に隠した。
 
意外と、チェスの駒を無くしたと言うよりも、持ち主であるメレアーデ自身が隠した後で、異形獣等に襲われて記憶を無くした。または、偽物に成り代わられたと言うのが事実かもしれない。
あの異形獣は、偽物を作るために、オリジナルから素材を抜き取るためのものではないか?
それを用いて、魔法生物や幻や自動人形で、影武者を作る。
 
チェックメイツにキャスリングを持つルークを入れなかったのも、
キャスリング能力を使った際に、本物のキングが欠けていて成立しないことを、ばらさないためか?
 
追記
因みに、手持ちの駒を全て出した場合、失くす前のメレアーデの持ち駒は
ポーン×4、
ナイト×1だった筈。
 
本当に大事な駒を隠す奴なら、捕虜を見張る敵兵士の中に、味方の王や女王を隠すがー。この場合は、屋敷に捕まっていた民達のことか?