インテリビレッジの座敷童 六巻 20200526 ↓ 重要ヒント →ベルト素材 カーボンナノチューブ

インテリビレッジの座敷童 六巻 20200526
重要ヒント
→ベルト素材  カーボンナノチューブ
発ガン性物質
欠陥試作品でない限り、教授はガンを恐れず着用していたことになる。
→元々癌で、不治。


食事中に吐血し急死した、か?
店側は始め、毒殺か食中毒かと戦々恐々。
教授の側にいたスパイが、別個の目的で偽装。
冷凍倉庫などに運び、遺体の血流を阻害。更に、輸液ポンプで血を抜く。
その上で、インテリビレッジの座敷童一巻→隼のように。
防火シャッターだろう。電動アシスト付きのプレスで胴体を切断。
再び遺体を凍結させ、秘密裏に教授の遺体発見現場へ運搬。その場で血を戻し、解凍を待つ。



サイバーレインに拘った理由は不明だが、青行灯一派の行動を、任意のタイミングにさせるため、か?
実際はどうあれ、教授がメンバーの一角だと仮定して。
青行灯が戦闘行動に移るよう、仕組んだ、と言うことかな?
青行灯一派へも、偽装者たちスパイなどによる情報搾取が為されていた、と言うことかも。


いずれにせよ、殺人事件ではなく病死。
事件性があるのは、遺体偽装だが、
→そもそも捜査を急かしている側は中間層。
無関係な上層部→与党や現政権や料亭の主様、から鞍替えするために起こしたもの。

内幕が完璧に、偽装したスパイに手玉に取られた事件、としか言えない。