更新+引用抜き 「4 革命について」 力作解明 金色のキクイムシと五郎丸橙子 → ・「琥珀→樹液(醸造酒+アンブロシア)」「コガネキクイムシ(ヤツガタケキクイムシ) 黄金木喰虫」 ・「周波数」「ショウジョウバッタ 精霊稲子」 ・「アルミニウム(熱伝導ガス化)(まやかし→虚を実に変えたがる)」「テイオウムカシヤンマ 帝王昔蜻蛉」 20200229

更新+引用抜き 「4 革命について」


力作解明 金色のキクイムシと五郎丸橙子

・「琥珀→樹液(醸造酒+アンブロシア)」「コガネキクイムシ(ヤツガタケキクイムシ) 黄金木喰虫」

・「周波数」「ショウジョウバッタ 精霊稲子」

・「アルミニウム(熱伝導ガス化)(まやかし→虚を実に変えたがる)」「テイオウムカシヤンマ 帝王昔蜻蛉」

20200229

長年、サザビィやCの、「金色」が気になっていた。

 また、bugでの変化→赤瀬川七那の酒好き化も、

七那が地元に帰った時に、キクイムシに精神寄生を受けたから、と推理している。


結論。 

テーマとなる媒体は、導電体・通信端末である、琥珀だった。当然樹脂同様に、燃える宝石。 

 

とある魔術の禁書目録レベルファイブ第二位、ダークマターの派生の一つ。

+劇場版とある魔術の禁書目録 のアンブロシアの派生。

通信媒体に、マイマイのように仕込んでいた。

+

「軋み屋敷」は、シバンムシのみならず、

キクイムシと、そのキャリアに乗る、アンブロシア菌と線虫も。

巣を張っていた。

 

きーくん、は本来、オサムシ甲虫のキクイムシにつけられる名前。

 

キクイムシは、ある意味で乗り物→乗用車になっている、と見立てられる。エタノール→アルコール→アルコール燃料が好き?

 イチクキミタカに関わる性質。

つまり、不死の由来は

アムブロシアー(古代ギリシャ語: ἀμβροσία, ambrosia)→ギリシア神話に登場する神々の食べ物である。

 

属性・虫食いの虫

15巻のラストのCが、体を丸めていたのは、8巻の棺のような理由。

→虫入り琥珀


恐らくは、

琥珀をベークライトの代用品としている、しぇらの逆バージョン。


サイバー攻撃、ワーム操作にも秀逸。


また、オウル同様の精神支配能力を持つ。

相手の体内や精神中や記憶に、分身を、

寄生虫→線虫→ワームとして送り込める。


以下、テーマを変えて、琥珀活用について。 

生体材料として琥珀を使う。故に、しぇら以上に媒体がサイボーグ向きだった、か。

 

キャラ的には、

https://dic.pixiv.net › ヘイゼル

ウェブ検索結果

ヘイゼル (へいぜる)とは【ピクシブ百科事典】 - pixiv

dic.pixiv.net からのヘイゼル

本記事では、『サモンナイト3』の登場人物であるヘイゼル について記載する。 【曖昧さ回避】 漫画及びアニメ「最遊記」に登場するキャラクター→ヘイゼル=グロース 概要 CV:

「 Imagehttps://dic.pixiv.net › パッフェル

ウェブ検索結果

パッフェル (ぱっふぇる)とは【ピクシブ百科事典】 - pixiv

dic.pixiv.net からのパッフェル

ファンからは「パッフェルさん」とさん付けで呼ばれることが多い。 ケーキ宅配のバイトから郵便配達など色々な仕事をかけ持ちしており、本人曰く「ゆとりある老後」のために

https://dic.pixiv.net › テコ

ウェブ検索結果

テコ (てこ)とは【ピクシブ百科事典】 - pixiv

テコとは、「サモンナイト3」に登場するキャラクターである。 概要 CV:夏樹リオ 幻獣界メイトルパの召喚獣である。 レベル3召喚では、手足が伸びスタイルが良くなる。

 

みたいな奴に、使って欲しい気がする。 

かなかなや、南金山嘉音、五郎丸橙子が同類だった場合、十巻のタイムスリップネタのように、弱体化していたのだろう。

七巻の、北中央支部の「~す」という語尾の奴が、同じタイプ。とある科学の超電磁砲十五巻を見て、ようやく確信できた。

→bug三巻のように、ムシウタでは策士キャラ。

面従腹背

戦国武将並みに、政変を狙っている。

 

本来は人柄が良い。

しかしbug五巻で、「冷やかし」「地揚げクレーマー」並に態度がおかしかったのは~後の作戦に関わっている。

狙いは、

火付け盗賊+空き巣+成り済まし詐欺+反逆。

感想

全く作戦を聞いてなかった部下としては、

いきなり巨大怪獣が出現した非常事態に、後手に回った敗軍の将。

→二巻や七巻で、大助や赤月は、

「最悪な状況で、支部長が現場に対して、何の応援も出来ない~」、と絶望に浸ったが。

実はダブルフェイスだった。

現場の一切をコントロールしている、わけではないし、過信や誤算あったものの。

作戦の本筋は、現場から離れた、特環本拠地で進行する。

 

また、そのクーデターチームのイメージは。

サモンナイトで言えば、「パッフェル、レシィ、アメル」の三人組が主犯格の、殲滅班チーム。

東方プロジェクトで言えば、

「吉兆八千慧(古明地さとり)、幽谷山彦、霊烏路空

 

特に、霊烏路空→サイボーグなど合成→の、インパクトが作品に影響している。

実際には、古明地こいし(眠り姫)

→心理学、精神支配や無意識、超能力関連の暗躍が凄いが。

 

なお、とある科学の超電磁砲の、ムシウタ趣味は凄いので、必見。

 

また、アストラルバディをみれば分かる通り。

ある研究が金の卵であっても。それを実用段階まで付加させるには、出資継続するパトロン→エンジェル投資家が必要。

ムシウタ九巻以降は、その事が語られる。

ムシウタbug三巻のアンネリーゼの両親も、社交界やバックボーン斡旋に強い、資産家との融資関係の繋ぎを、ミタケオウに求めていた。

ムシウタ十一巻の父のように、アンネリーゼの父では、開発部の機密研究は荷が重く。単独では座礁しそうで、追加予算が組まれるだけの成果が挙げられなかった。

研究失敗を回避するために、資材を注ぎ込んで研究してなお足りないから。日本の有力者に顔が利くミタケオウに根回しを依頼していた。

「実際は詐欺師だった偽ミタケオウは、日本有力者へのコネなんて無いから。

自らを日本有力者へのパイプ役だと信じた、他の外国人有力者→ドイツ同国人を含む、EU内他の被害者へのコネとパイプと融資を、日本からだと騙して、アンネの両親に提供していた。」

産地偽装(マネーロンダリング)なことを別にすれば。

日本以外とのパイプ役の仕事は、歓待の対価として、健全にしていたことになる。ムシウタ十巻の、カノン様論理である。」「長靴を履いた猫。千里眼の霊能力者。ミタケオウのイメージである。」

→警察が、軍開発部職員を操作しようとしていたのは。不手際だった。

軍開発部内部のポスト政争と、癒着や横流し隠蔽のための、スケープゴート仕立てだったのだろう。

だから、それ以後に青播磨島派遣が決まった。

エピソードラストの土師の口振りからして、

「実は青播磨島焼き討ちは、以前からスケジュールが組まれていたものだった」

→「つまり、三匹目である先生が訪れて一年経たない内に、三匹目一体を狙った虐殺が起きた

→三匹目発見が外部に露見したから、緊急で殲滅した、

という嘘は、時期的に不自然だった」、

という新事実が明らかになる。

 

ひぐらしのなく頃に、仕立てだ。

ようは、ドイツ~日本を含む、密輸中継地の証拠隠滅。

ヴァルキリープロファイル ルシオの死エピソードに当たった。

こうして、白樫初季と赤子一人、先生を残して島民は全滅した。らしい。

→ヴァルキリーアナトミア、カチナとセナ」

ムシウタ三巻のディスク流出に近いが、実際のミタケオウの中身が「ミミック+カノン」

のように、擬態タイプだった。

サモンナイトの設定を見ると、お金持ちなのは長く付き合う主君(一之黒や四つ葉、産油国地主)の方で、従者の方は寧ろ金欠症。

しかし虎の威を借る狐ということで、斡旋者として、キックバック・バックリベート込みで内外から接待を受けている。

ミタケオウの屋敷で日本製の家具等が無かったのは。

『・ミタケオウの資産は、

→どれも日本との付き合いを望む国外要人から、不正に贈与されたプレゼントだから。


→かなかなの成り済まし詐欺より、高いレベル。素の読心系能力者故、か。』


本来、日本の税法や職務規定にも引っ掛かりかねない。