「Q&A とある科学の超電磁砲・木山春生の生徒達が昏睡したままの理由20200124+音使いのオリジナル技術妄想 → 結論・ 木山や幻生以外からの、プロジェクトチーム内にいた外部スパイからの、多重請けの結果。 敵対者の反撃で、実験事故で昏睡したまま目が醒め無くなったのではないか。」

インテリビレッジの座敷童 「狐憑き」最強説。
「Q&A とある科学の超電磁砲・木山春生の生徒達が昏睡したままの理由20200124+音使いのオリジナル技術妄想
結論・
木山や幻生以外からの、プロジェクトチーム内にいた外部スパイからの、多重請けの結果。
敵対者の反撃で、実験事故で昏睡したまま目が醒め無くなったのではないか。」
戦力ではなく、精神干渉力→偽装魅力、で頂点に立つ、妖孤だっき。
そのものは無理でも、「人を誑かす」属性は→成り済まし詐欺用としては、犯罪結社にはありがたい属性だった。
ペット繁殖業者の中で、頂点を目指したと言える。ある意味で、資産家向けの愛人斡旋ビジネス。
 
 
才子華人も、究極の美を造り上げた後は、その傑作を女帝と仰ぐことをゴールにしている、というが。
ビジネス用の謳い文句だったのだろう。
才子華人そのものが、今で言う「アイドルプロモーター」業者の、無形文化財ブランドだったと言える。
 
 
故に、才子華人を騙る海賊版・偽ブランド業者も多かった。
インテリビレッジ作中の、才子華人及び偽・祝、オレオレ詐欺グループと、常在戦場と、ハチテレビの油取りパッケージグループも、その派生だった。
無形文化財の闇組織ですらなかったため、魔界医師メフィストの、美の追求者のようなフランケンシュタイン方式で、優れたパーツを持つ個人の一部、を繋ぎ合わせて。一人のモデルをコアに継ぎ接ぎした、
完成品を形成する方式を採用した。
実際には、偽ブランド集団だったために、合成映像録画詐欺グループになってしまったのだが。
意外と、タロットガールズ22の姉村楓を、偽・祝のコアにしたのかもしれない。
と言うより、そのハチテレビ子会社事務所その物を、才子華人の潜入スパイグループが、出先機関として装置にしていた、と見る。
表向きは「取締役の板橋からの仕事とレッスンだ」、と偽って。
裏では、仕事の多重請けをさせていた。
請負人の役者、姉村楓は板橋社長の事務所一本が仲継ぎだと信じていたが。(善意の第三者)
実際は、
表・板橋社長の事務所、
小判鮫・才子華人スパイのスタッフ、臼田学と明石蜜(松海の偽名)
の二重請けだった。
↓ 
一巻の一件で、
舞台:「百鬼夜行本拠地くの字の全翼機楓(自称・太平洋上周回中)」→お台場ビルの一室(スタジオ)
役者:「偽・祝のコア」→姉村楓
を元に。
シナリオライターである才子華人は。
自称・百鬼夜行鎖国派代表
として、「座敷童の予言と見取り図」を軸に、陣内忍と相対して、遠隔呪詛合戦をしていた。
ギリギリで、成り済ましオレオレ詐欺パッケージを、現場実行犯・臼田学一人に押し付けて、見取り図の呪詛の被害者として尻尾切りで対処。
結果的には、素人の反撃からの、被害を最小限に留めた。
善意の第三者→偽・祝のコアである姉村楓が呪詛の被害者になっていれば、色々と取り返しが付かなくなっていただろう。
案外。とある科学の超電磁砲・木山春生の生徒達も。
木山や幻生以外からの多重請けの結果、敵対者の反撃で、実験事故で昏睡したまま目が醒め無くなったのではないか。
それにしても、鎌池和馬シリーズでは、かなかな=宇野ノイル=南金山カノン
が、隠れ強者として、気に入られている。
 
その虫に似た、力の秘密・五郎丸橙子が、
・マイクロウェーブ式大気ポンプに関わる凄い奴だ、ということ。
浸父と同じことができる、アイジスパと同じ原理の
・超音波加湿器式バーニアと静電気式移動術
「超音波霧化分離」
・超音波加湿器式の「鳴神」雷雲アンプによる、同調発頸「アンプリノッカー」
→「マッハ・アクティブアーマー」「クラスター・シンセサイザー
・人工地震「ラップブリンガー」「ラップエコーズ」「ラップサウンド(ラップ現象)(ラップノイズ騒音)・ブロウ」(リモートノック)
・潜水艦ソナー技術のリレー通信方式
・+水棲生物トレーナー用のソナービーム技術「アクアリウムソナー」
・個々の物質固有振動に対応した、共振人工地震
・「超振動剣・バイブロブレード」音使いということでもあるが。
→振動の鏃「バイブロボルト」「ブラストボルト」「バイブロブリンガー」
→音の弾丸「チャージドハウリングインパクト(ライフル)バレット」(ミラーリング・マイクロウェーブ)
ソニックムーブによる、アクティブプロテクションかディレクション・アドプレッシャー「アクティブ防護システム」
→(指向性)ディレクテッド・ハウル「指向性エネルギー兵器」
→エアクッション・ウェイブ
・山彦の鳴子→鳥脅し
・ファイブオーバーOSで言えば。
「一位・ソリッドトロン(シンクロトロン)」
「二位・サテライトビーム」
「三位・シンセサイズアクチュエーター」
「三位・ミリ波パッシブ撮像装置(全身スキャナー)」
「四位・メーザーブリンガー」
「五位・ヒュプノシスディレクション
 
 
「boomとは
意味・読み方・使い方
boom
/ búːm / (米国英語)
ブーム
主な意味 アプリで見る
ブーンと鳴る音,(砲声・雷・波などの)とどろき,にわか景気,ブーム,急激な増加,(起重機の)張り出し棒,ブーム,(港口の)防材,流木止め(区域),マイクブーム