Haiiroouke 答え マーテル暗殺の真実(テイルズシリーズと原発 9.9稿目)20191206 聖女マーテル 暗殺の真実[許されざる罪を犯したのは、始めに襲撃者。原因を作ったのは、誤情報を流した、本物の襲撃ターゲット] カチナ=那智、スピリチュア。エル=楓、マーテル。 [侵攻国の国外遠征を中止させる目的で。 →別動隊や第三国が、守りが手薄な →侵攻国本国首都を襲撃。 →結果として、本国首都救出のために、遠征旅団を呼び戻すよう強制を するのは、戦の常道。]

Haiiroouke 答え20191206(テイルズシリーズと原発 9.9稿目)
 
聖女マーテル 暗殺の真実
カチナ=那智、スピリチュア。
エル=楓、マーテル。
 
結論
[真の暗殺ターゲット=真の襲撃ターゲット、スピリチュア。
警備依頼を出された訪問先が、敵軍のスパイだらけだった。何をやっても、狙われている自分達の方が危険だ。
起死回生→まずわざと盗聴されているルートで、進軍計画の誤情報を出し、見当違いな場所に別動隊を派兵した、敵陣司令部を手薄にする。
そして敵軍伝令兵に偽装して、別動隊派兵先からの緊急伝令を偽装して、敵指令官を急襲した。
(フラノールからイズールドへ、ノストロビアが攻め手に出ている、隙を衝いた空き巣で、フラノールを急襲する襲撃者グループ。)
ハイライト(過去ラジアータストーリー→未来ラタトスクの騎士)・
司令部に潜入する際には、工夫した。
重症を負った、敵伝令兵に変装した。スピリチュアと敵兵に攻撃を受けて、ボロボロのまま追い回されたように、幻術を用いていた。
入り口警備兵の視界内で、力尽きた演技をした。
→要塞内には、敵警備兵に担がれて、医療班の元まで辿り着いた。そこからは、なりすましを繰り返す、ソーシャルハッキングを幻術でこなした。
(ダーククロニクルの、変身魔法)
(テイルズオブゼスティリアで、仮病のロゼを担いで囮になる、スレイ)]
 
総括
[侵攻国の国外遠征を中止させる目的で。
→別動隊や第三国が、守りが手薄な
→侵攻国本国首都を襲撃。
→結果として、本国首都救出のために、遠征旅団を呼び戻すよう強制を
するのは、戦の常道。]
 
[ソーディアン・アトワイト]→[アナトミア]
ヴァルキリーアナトミア
[ソーディアン・シャルティエ]
[死と破壊の天使スピリチュア]とは、
[カロル、パティ、ジュディス、リタ
(ユニオンに亡命、レンズ研究者ポジション)]
で構成された、傭兵小集団である。
少なくとも、当時の敵軍ー大国側にとっては、大天使スピリチュアは、ベルベット・クラウ一味と同格の脅威であった。
シルヴァラント側で、
[治安回復と社会福祉に貢献した、初代聖人]、
とはテセアラが知ったことではなかった。
 
テセアラ軍は幾度もギルド・スピリチュアに局地戦で負けたが、ある時、本気で討伐することにした。
(裏側では、)
ある街に連中が訪問する以前から、その街の内部対立グループそれぞれに、敵軍の別々の派閥が、癒着していた。
(表向きは、)
一方でその街は、スピリチュア一派に対し警護依頼も出していた。
 
スピリチュアの訪問時に、敵軍は罠を張ることにした。
スピリチュアに対して、人質の公開処刑を口実にした、要塞での待ち伏せを画策した。
スピリチュア一行の一部が、街中のスパイに気付いた。
あるいは、敵軍の一派閥と街の主張が癒着している情報を、密告者から受けとる事件があった。
[恐らくは密告者も、敵軍の内部対立中の別派閥に、繋がりがあり。そこから情報を得ていた。]
癒着している取引先内部でも、大国内の派閥対立が伝染し、大国の代理戦争、戦場になってしまっていた(咎を背負うもの)。
それは、
[大国の軍部野党グループによる、大国の評議会の植民地ーしのぎとしまの、乗っ取りを目的にした、意地汚い嫌がらせだった。]
敵軍の内部対立中の別派閥による、自派閥の傀儡政権擁立計画だった。その街は、利権がある金蔓だった。
スピリチュア一行とは別に、
[首長による請負人・偽スピリチュアと結託しての、街の公共財の個人不正売却]―
[罠―汚職スキャンダルを仕組んで]、首長の座から引きずり下ろす、大義捏造を目論んでいた。
大国の実質植民地を現場にした、内部グループの利権代理戦争。
きっかけはそんなものだったがー。
 
はっきり言って「ゴキブリを一匹見たら、百匹いると思え」と、その街全員が信じられない、疑心暗鬼に陥った。
そこで、一行の
[カロルとパティ→ビエンフーとマギルゥ役]
が逆境で、起死回生の秘策を打った。
誰が内通者か分からないまでも、
わざと敵軍の内通者に見られるように、
[その街を見捨てて、その街に迫る敵軍から逃げて
→旅路を引き返して、待ち合わせ場所で、別行動中の仲間に合流する]
と会話した。
また実際に、待ち合わせ場所のスピリチュア知人?に対して、待機連絡を出した。
[電話や伝書鳩の、盗聴もされていた、と言うことか。]
どれだけ職務に忠実な内通者かは知らないが、敵軍本部に[誤情報→偽情報]を流した。
その情報を元に、ギルド・スピリチュア討伐用新装備を持って、討伐部隊が派遣された。
・カチナエピソードの弓隊と、
・聖寮→カノヌシ装備のタイタニア突入部隊、
テイルズオブエクシリアでアルヴィンに誤情報を流された、ガイアスのブースター部隊ややナハティガルのジン部隊、
テイルズオブエクシリア2 エリーゼエピソードの偽装密猟者、のようだ。
ラタトスクの騎士の、フラノール襲撃グループ。
[待ち合わせ場所に遅れている、と連絡があった知人]が狙われていた。
結果的に、その知人は待ち合わせ約束を→
初めからそのつもりで、すっぽかした。
だって、元を辿れば。
誤情報を流したのは、狙われていた知人本人だったのだから。
[テイルズオブエクシリア アルヴィン役]
そして。
わざわざ新装備まで用意して、見当違いな場所に突入した、襲撃者グループは。まんまと後手に回ったのだ。
つまり襲撃者グループと別グループとの、グループ間抗争に、無関係なグループと現地住民が巻き込まれた。それだけだった。
テイルズオブゼスティリアのカムラン瞳石は、襲撃者グループ側の思い込みだった。
実際は、回想のヘルダルフ達=テイルズオブエクシリアのアルヴィンが、
最後までイニシアティブを握っていた。
 
戦場のクルスニクの槍に一行が向かう前にした、アルヴィンの不審な伝言。
あれは、
・[伝言の盗聴]というヤマー予想
に対する、アルヴィンのギャンブルだった。
[ミラ一行がクルスニクの槍突入を前に、補給を受ける→応援の味方との合流。
そのために、待ち合わせ場所へ、一旦後退する。待ち合わせ場所現地では、その準備をしておいて欲しい。]
それが、アルヴィンの言伝である、偽情報。
更に言えば、そこにいたのはテイルズオブゼスティリアの風の牙裏切り者ルナール=テイルズオブエクシリアでは敵対している、アグリアと女スパイ。
ガイアスとジロンドと影武者マクスウェルの、三つ巴の時に。一番弱小グループだった影武者マクスウェル一派の起死回生の策。
策士アルヴィンは、ジロンドグループに対し、ガイアスグループの孤立別動隊・アグリアの潜伏情報を、
→それが[裏切り者が密告した]
影武者マクスウェルの潜伏情報だ、と偽って、ジロンドグループ討伐部隊を騙した。
ようは、アルヴィンがガイアスを騙して、見当違いな場所を山狩りさせたのと同じ。
そして、
アルヴィンとプレザが対立グループで闘っていた時。
[アルヴィンは密告により、
三者襲撃グループに、プレザのスパイグループを売った]。
 
プレザのスパイグループと襲撃者両方が別個の敵だったから、その時の自グループに忠実に行動した。漁夫の利狙いの、天下三分の計による、囮。
[それが、種族・人間の裏切りによる、密告。]
→「実際に密告したのは、本物の襲撃ターゲットであるスピリチュアのグループメンバー。つまり、エルフとハーフエルフが、誤情報を密告した。巻き添えになった囮からすれば、密告の真犯人は、種族・ハーフエルフ。
ようはハーフエルフ同士の共食いで、強い勝ち組が美味しい想いをした。」
つまり、交戦中のテセアラの息が掛かった襲撃者は、スピリチュアを砲撃部隊で、仕留めるつもりで。
別な敵?である、マーテル・クラトスグループを誤射してしまった。
それはそれで大将首だが、だから司法取引ということで。スピリチュアがテセアラに命乞いする→和解する、わけでもない。
と言うより、テセアラ側が国家の威信を賭けて、攻め手の討伐部隊を派遣している間に。
兵を別動隊に分けて、守りを手薄にしてしまった首都の軍本拠地に。居ない筈の大天使スピリチュアが出現。
司令官以下幕僚達と、従軍していた王族達を奇襲。司令部と軍備保管施設に壊滅的な打撃を与えた。
テセアラ側は、シルヴァラントに対する侵攻作戦を計画していた。
クルシスの内部・デザイアングループに手引きさせての、ラグナロク作戦を計画していた。
その国際情勢があってこそ→別大陸へ侵攻中の旅団を派遣した、侵攻国本国首都は、シルヴァラント側の別動隊による焼き討ち・奇襲に至った。
 
[侵攻国の国外遠征を中止させる目的で。
→別動隊や第三国が、守りが手薄な
侵攻国本国首都を襲撃。
→結果として、本国首都救出のために、遠征旅団を呼び戻すよう強制を
するのは、戦の常道。]
以後も、スピリチュアグループによる、テセアラ・襲撃者グループに対する攻撃は続いた。
テセアラは取り敢えず、クルシスのクラトスグループに対し、降伏した。
大天使スピリチュアは、策戦で見事にイニシアティブを取ったまま、有利な条約で終戦に持ち込んだ。
 


スターオーシャン2

解答→紋章師の村、の誘拐犯。誘拐事件を報告した通報者が、変身した、誘拐グループの首領だった。

https://www.google.com/amp/s/w.atwiki.jp/storyteller/pages/434.amp

https://w.atwiki.jp › pages
ウェブ検索結果
STAR OCEAN THE SECOND STORY - ストーリーを教えてもらうスレ暫定Wiki - アットウィキ
誰からも要望はないがSO2のストーリーを書くぞ。 主人公のクロードは父親ロニキスと共に探査のため惑星ミロキニアに降り立つ ↓ そこで正体不明の装置を ...

 

https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://w.atwiki.jp/storyteller/pages/312.amp&ved=2ahUKEwiNx-rBv6LmAhVRa94KHVBtBUYQFjAAegQIBxAC&usg=AOvVaw2dDPZhkCbjYqQUtFl_pKU6&cf=1

https://w.atwiki.jp › pages
ウェブ検索結果
ダーククロニクル - ストーリーを教えてもらうスレ暫定Wiki - アットウィキ
2019/10/30 · ユリスが幼いころに家を出て消息不明 父は何か知っているようだが教えてくれない ギルトーニ…グリフォン大帝の部下。モニカにとっては父の

 

https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=http://serifu17.blog.fc2.com/blog-category-12.html&ved=2ahUKEwir453YwaLmAhUaZt4KHT1XB90QFjAFegQIBhAH&usg=AOvVaw1xEszZKFW4hil3Gcs2AQKO

serifu17.blog.fc2.com › blog-catego...
テイルズ オブ ヴェスペリア 台詞集 - futtemo - FC2
ヴェスペリア台詞集【1】水道魔導器壊れる~ユーリ登場. ” この世界、テルカ・リュミレース大地と海が何処まで続くのか、知る人はいないなぜなら…… 世界にうごめく魔物たち ..

 

http://yuan.skr.jp/line-tos/index.html

ユアンさまセリフ集(GC/PS2版)
テイルズ オブ シンフォニア」でのセリフ。

 

 
改めて。
結論
[警備依頼を出された訪問先が、敵軍のスパイだらけだった。何をやっても、狙われている自分達の方が危険だ。
起死回生→まずわざと盗聴されているルートで、進軍計画の誤情報を出し、見当違いな場所に別動隊を派兵した、敵陣司令部を手薄にする。
そして敵軍伝令兵に偽装して、別動隊派兵先からの緊急伝令を偽装して、敵指令官を急襲した。
(フラノールからイズールドへ、ノストロビアが攻め手に出ている、隙を衝いた空き巣で、フラノールを急襲する襲撃者グループ。)

ハイライト(過去ラジアータストーリー→未来ラタトスクの騎士)・
司令部に潜入する際には、工夫した。
重症を負った、敵伝令兵に変装した。スピリチュアと敵兵に攻撃を受けて、ボロボロのまま追い回されたように、幻術を用いていた。
入り口警備兵の視界内で、力尽きた演技をした。
→要塞内には、敵警備兵に担がれて、医療班の元まで辿り着いた。そこからは、なりすましを繰り返す、ソーシャルハッキングを幻術でこなした。
(ダーククロニクルの、変身魔法)
(テイルズオブゼスティリアで、仮病のロゼを担いで囮になる、スレイ)]
 
総括
[侵攻国の国外遠征を中止させる目的で。
→別動隊や第三国が、守りが手薄な
→侵攻国本国首都を襲撃。
→結果として、本国首都救出のために、遠征旅団を呼び戻すよう強制を
するのは、戦の常道。]